どんな髪でも良いの?私のパーマも平気!?髪の毛寄付の条件とは何?

スポンサードリンク

いきなりですが「ヘアドネーション」という

言葉を聞いたことはありますか?

ヘアドネーションとは、

髪の毛を寄付することをいい、

寄付された髪の毛は

医療用のウイッグになります★

今回はヘアドネーションをするにあたって、

どんな条件があるのか、

また、わざわざ美容院に行かなくても、

ご家庭でカットした髪の毛を

自分で寄付する方法

ご紹介していきます^ ^

髪の毛の寄付について、

気になっている方は是非

チェックしてみてくださいね♪

髪の毛の寄付の条件とは?

スポンサードリンク

では初めに

ヘアドネーションを行うにあたって、

いくつかの条件を満たしていることが

前提となります。

■気になる条件とは…

 

  • 寄付出来る髪の毛の長さは

31センチ以上から。

(31センチ以上からは

上限はないようです^ ^)

  • 髪の毛は完全に乾いた状態で。

(髪の毛が完全に乾いていないと、

郵送途中でカビが生えてしまう

ことがあります。

また、濡れたままの髪の毛は

キューティクルが剥がれてしまったり、

痛みの原因になりますので注意しましょう★)

  • 髪の毛の切り口は輪ゴムで

しっかりまとめる。

切り口の揃っていない毛束や

輪ゴムでまとめきれていないと

 

せっかく送っても医療用のウイッグに

ならない場合もありますので

丁寧に束ねましょう。)

ちなみに髪の毛は引っ張って

切れてしまうほどの傷みがなければ

パーマやカラー、ブリーチ、

白髪やくせ毛があっても

OKだそうです(^-^)

性別や国籍も関係ナシ(*^^*)!

髪の毛を寄付するための方法とは?

条件のチェックが終わったら

早速カットしていきましょう(*^^*)

髪の毛をあらかじめ束ねてから切ります。

美容院でも行なっているやり方ですが、

ブロッキング(髪がバラバラに

ならないように何箇所かに分けて

まとめる方法)をすると

よりセルフでもカットが

上手く行くと思います★

初心者の方でもブロッキングが

上手くできるように分かりやすく

写真付きで解説してあるサイトが

ありましたので、

こちらも参考にしてみてくださいね♪↓)

「ブロッキング」とは、髪をいくつかの毛束に分けて留めておく作業のこと。スタイリングの基本となる「ブロッキング」をマスターして、アレンジ上手になりましょう。自宅で「ブロッキング」をスタイリングする際のコツ・ポイントを紹介します。

カットが終わったら、

NPO法人であるジャーダック(JHDAC)という

団体が髪の毛の寄付を募っていますので、

そちらまで郵送しましょう★

まずは「ヘアドナーシート」という物を

記入します。

ジャーダックでは

こちらのヘアドナーシートも一緒に

送付して欲しいとのことで、

手書きでも構わないそうです^ ^

ヘアドナーシートの書き方や

髪の毛の送り先住所はジャーダックの

公式ホームページに記載があります♪

ジャーダックの公式ホームページは

こちらから

ご確認をお願い致します(*^^*)↓

Japan Hair Donation & Charity(通称:JHD&C,ジャーダック)は、寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに完全無償提供している日本で唯一のNPO法人です。

番外編

ちなみに「髪の毛の寄付に興味があって

この記事を読んでいたのに

私の髪の毛はまだ寄付出来る長さに

満たなかった…」

なんて方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

大丈夫です(*^^*)!

筆者もぜーんぜん長さ足りません!!^^;

しかし、こちらの団体では

募金での寄付も募っているのです。

是非これからも医療用ウイッグを

必要とする方々へ1日でも早く、

ウイッグを手元に届けられるよう

髪の毛の長さや性別、国籍問わず

皆で協力していきたいものですね♪

まとめ

いかがでしたか^ ^?

以上で、髪の毛の寄付を個人でも行える

という事が分かりましたね★

ジャーダックのホームページを見ると、

50センチ以上の髪の毛は

常に不足しているそうです。

最低限の条件を満たしていれば、

あとの手間はそれほど掛かる

ものではないと思いますので、

この記事を読んでヘアドネーションに

ついて興味をお持ちの方の

背中を押す事が出来たらいいなぁ^ ^

と思います。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする