自分の髪の毛が誰かの力になる!?寄付出来る美容院はどこにある?

スポンサードリンク

髪は女の命」と言いますよね^ ^

筆者も女性ですので、以前はだいぶ髪を

伸ばしたことがありました。

(出産を機にショートの便利さに

慣れてしまい、今ではすっかり

ショート派ですが…^^;)

随分と長い間、伸ばしてきた髪を

近々バッサリ切ろう!!とお考えの方、

この機会にせっかく伸ばしてきた髪を

役立ててもらう事は出来ないか、

とお考えの方がいらっしゃいましたら

是非★こちらの記事を

読んでみて下さい(*^^*)

髪を寄付する事の出来る美容院や、

寄付の方法などをご紹介していきます♪

まず、髪の毛を寄付したあとの

使い道ですが、主に医療用のウイッグ

変身します。

以下でご案内する髪の毛の寄付を

募っている団体では、医療用の

フルオーダーウイッグを制作後、

必要とする方へ無償で提供を

行なっているNPO法人です。

私達の髪の毛を寄付し、

次に役立ててもらえるならば是非

一度は髪の毛の寄付を

してみたいですよね(*^^*)

では早速髪の毛の寄付が出来る美容院から

探してみましょう〜♪

髪の毛を寄付できる美容院は?

スポンサードリンク

1番手っ取り早いのは、

髪の毛を寄付する事の出来る美容院

髪を切ってもらい、そのまま寄付する。

という流れですね^ ^

特定非営利活動法人

ジャパンヘアドネーション&チャリティー

という団体が髪の毛の寄付を

募っています^ ^

髪を寄付する事を

ヘアドネーション」といい、

髪の毛を寄付する事に

賛同している美容院を

ドネーションサロン」と

呼ばれています。

こちらの団体のホームページには

検索機能で全国のドネーションサロンを

検索する事が出来ます★

ちなみに筆者が検索した時点では

全国に1441件も該当しました。

このように全国各地に

ドネーションサロンは存在しており、

普段あなたの通っているお店も

実はドネーションサロンだった!

なんて事もあるかもしれませんね♪

お近くの美容院が

ドネーションサロンなのか

検索してみたい方は

是非こちらの団体の

ホームページをご覧ください★↓

Japan Hair Donation & Charity(通称:JHD&C,ジャーダック)は、寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに完全無償提供している日本で唯一のNPO法人です。

髪の毛を寄付するにはどうすればいい?

ではドネーションサロンが見つかったら

実際に来店し、髪の毛を寄付するまでの

工程をご案内していきますね^ ^

お店によって、方法にバラつきが

あると思いますが、だいたいの

流れを理解していきましょう♪

主に私達(お客さん)がすることは

書類を少し書くだけ

あとは普段通りのカットやカラーなどの

施術を行い、寄付した髪の毛は

後ほど美容院の方が

発送までしてくれますヽ(´▽`)/

■ヘアドネーションの工程

・髪の毛の計測

31センチ以上、

寄付する髪の毛があること

ここで美容師さんと一緒に

仕上がりのイメージの相談をしながら

カットする長さを決めていきましょう★

・ブロッキング

髪を切ったときにバラバラにならないように

ブロッキングと呼ばれる

髪の毛を結んで留めていく作業を行います。

・ヘアカット

いざ!バッサリいっちゃいましょーーーー!

あとは神のみぞ知る、ならぬ

「美容師さんのみぞ知る」って

感じですね(*´―`*)

以上がヘアドネーションの工程となります。

この後は普段通り、

美容師さんとお話しでもしながら綺麗に

仕上げカットをしてもらいましょう♪

お客さんが帰った後に

美容師さんが寄付する髪の毛を梱包、

発送すれば全工程は終了となります

お疲れ様でした(*^^*)

まとめ

いかがでしたか^ ^?

美容院でのだいたいの工程を掴めてから

来店すれば、初めての

ヘアドネーションでも

「次は何されるんだろう…(ドキドキ)」

とならずに済みますよね♪

ヘアドネーションサロンでの

寄付方法であれば、概ね美容師さんに

お任せで大丈夫ですし、

面倒な発送作業まで

行なってくれるのですから

髪の毛の寄付でご検討中の方は

是非一度、美容院の検索から

始めてみてはいかがでしょうか★?

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする