カソーダでほくろが取れた!?今すぐ試したい超実践方法ご紹介!

スポンサードリンク

今カソーダを使ってほくろを

自分で除去するのが流行っています。

医療機関で除去するとなると

数万円必要となるところが、

カソーダを使うことで

低価格でできると人気なのです。

今回はそんな話題沸騰中の

カソーダの使い方をご紹介します。

カソーダでほくろ除去できるってほんと?使い方伝授します

ほくろが気になっている方は

多いと思います。

特に女性はそうですよね。

カソーダを使えば自分で

ほくろが除去できると人気です。

使い方は簡単。

とりたいほくろにカソーダを塗って

絆創膏などで保護して、

翌日洗い流す。

それを毎日続けるだけです。

ツイッターでも実体験を呟く方が急増中。

主に美意識の高い女性たちの間で

愛用されているのですね。

カソーダは強力なものなので、

使用するにあたって注意点があります。

・カソーダをホクロ以外の部分に塗り広げない

周囲の肌が荒れてしまう可能性があります。

・カソーダを使用している間は普段以上のケアが必要

カソーダを使用した部分は

肌が敏感になっているため、

保湿や日焼け対策をしっかり行ってください。

・肌に合わない場合は中止

肌が弱い人には合わない可能性があります。

異変を感じたらすぐに

使用を中断してください。

・顔への使用は推奨されていない

カソーダは顔への使用は

推奨されていません。

顔に使いたい方が

おそらくほとんどでしょうが、

顔に使用する場合は

先に肌の目立たない部分で

試してみるなど、注意が必要です。

間違った使い方をすると、

ほくろがとれるどころか、

余計に肌トラブルを抱え、

悩みが増えてしまうことにもなります。

正しい使い方を理解した上で使用しましょう。

話題のカソーダでほくろ取り!やり方詳細お教えします!

カソーダの使い方を詳しく説明しましょう。

使い方

1.洗顔して肌を清潔にした後、気になるほくろにカソーダを少量のせる。このとき、ほくろにピンポイントにのせるようにし、周囲の肌にはカソーダが広がらないように注意する。

2.カソーダを塗ったところを覆うようにガーゼや絆創膏で保護する。

3.一晩経ったら洗い流す。

これが基本的な使い方です。

朝晩の1日2回行い、

毎日続けてください。

そうすると、かさぶたができ、

それが自然に剥がれた時には

ほくろも一緒にとれてしまうということです。

効果には個人差があり、

中にはすぐに効果が出たという人もいれば、

1カ月以上かかったという人もいます。

即効性がないため

途中であきらめてやめてしまう人も

いるのですが、

効果を実感するためには

長い目で見てしばらく続けなくては

いけませんね。

ほくろを医療機関で除去してもらうとなると、

数万円かかってしまいます。

それが低価格のカソーダを

使うことによって、

自分で、しかも自宅でできるとなると、

人気が出るのも納得。

ただし、使用は自己責任であり、

人によっては

全く効果がなかったという人や、

逆に肌が荒れてしまった

という人もいるので、

すべてのメリット・デメリットを

理解した上で使用したいですね。

カソーダは主にネットで販売されていて、

値段は商品によって様々ですが、

800円~2000円程度で購入できます。

まとめ

カソーダはほくろを

自分でとることができる画期的な商品。

今までほくろに悩んできた人にとっては

朗報です。

ほくろ除去にかかる費用は高額で、

やりたくてもできなかった方もいますよね。

セルフケアのため、

正しい方法で使用しないと

肌が荒れてしまう恐れがある、

効果には個人差があるなど、

デメリットもありますが、

実際に使用して、

ほくろがとれたと喜んでいる人が

多いのは事実。

ほくろのほかはシミにも効果があるので、

美肌を目指してカソーダを

試している人が多いのです。

ツイッターで検索すると、

実体験を細かく記載してくれている人も

いるので、購入する前に参考にしてみてはどうでしょうか。

実際に使った人の声をきくと、安心して購入できますよね。

ネットで買えるので、手軽で便利。

値段も良心的です。

医療機関でほくろ除去が

数万円かかるのに対し、

カソーダは800円~買えるので助かりますね。

あなたもカソーダを使って

肌の悩みを解消しませんか。

気になる方はぜひ試してみてください。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする