着火剤の使い方完全解説!これであなたもBBQの達人に

スポンサードリンク

知識がない人からすると、着火剤を

どううまく使えば素早く火を

起こせるか・・・。

考えると思います。

簡単にできる

着火剤使い方について

知っておきましょう。

そうすればBBQがより楽しめますよ!

最初は炭を少なめに。空気の通り道を作って酸素を取り込もう

スポンサードリンク

着火剤にも上手い使い方があるので

紹介していきたいと思います。

そして動画もあるので最初にいくつか

動画も紹介したいと思います。

着火剤(固形)「ベスター」を使った、炭の火起こし方です。初心者の方にも簡単に出来て、安くて便利です。

着火剤(固形)を使った炭の

火の起こし方です。

初心者にオススメの動画です。

初めてのバーベキュー。炭を使って火をおこしたいけどどうやればいいの? ここでは安全で効率的な正しい炭火の着火方法を覚えておきましょう。

この動画は安全で効率的なものを

紹介しています。

久しぶりにキャンプでバーベキューしてきました。I did a barbecue by camping after a long absence. naonaonanoni

これも基本的な着火剤を使った

火起こしの仕方の動画です。

上記3つは参考になると思うので

ぜひ参考にしてみてください。

そして次に火を起こす方法を

紹介します。

1、まず最初に着火剤を一番

下に置きます。

その周りを立て掛けて真上にも

炭を置きます。

着火のための炭なので量は

少なめで大丈夫です。

注:酸素がないと火が起きないので、

適度に空気の通り道を作って

おきましょう。

2、着火剤に火をつける。

ライターなどで着火剤に

火をつけましょう。

隙間が大きいところには

炭をのせましょう。

次に炭に火が回るまで待ちます。

炭をつついたり動かしてしまうと

着火に時間がかかってしまうこと

があるので注意しましょう。

ここまでが火を起こす方法です。

次は風の送り方などを紹介したいと

思います。

火を起こす方法はわかってもらえた

でしょうか?

動画も3つほど載せたり、

書いてみましたがきちんとやれば

スムーズに行くと思います。

やはり効率よく着火くらいは

行いたいですよね。

そのほかでもわからないことが

あれば動画も色々とあるので、

自分にあったものを探すのも

いいでしょう。

火をつけたら風を送りましょう!間違っても紙類は燃やさずに!

ということで先ほどの続き、

風の送り方から紹介します。

1、風を送って火を大きくします。

完全に火がつき始めたのを確認したら、

うちわなどで風を送り火を

大きくしましょう。

火の粉燃えかすなどが

周囲に飛び散るので、紙類は絶対に

燃やさない方が安全です。

2、炭を追加して火を広げましょう。

ある程度炭に火が回ったら

一旦炭を崩して平らにしてあげて

他の炭をその上にのせましょう

もう一度うちわなどで風を送って

火を広げましょう。

3、炭からの炎が落ち着いて

炭が白くなったら調理開始!

炭が赤い炎を発してる時は食材を

焼かないようにしましょう。

落ち着いてきた時に焼くと食材が

焦げずに中までよく火が通ります。

このように順序を考えてやれば

炭起こしもすぐに終わると思います。

このような着火剤によっての

火おこしの仕方が細かく説明されている

サイトもあるので書いたものと合わせて

ぜひ参考にしてみてください。

他には、

等たくさんあります。

着火剤の使い方、火起こしの仕方、BBQについて最後に。

着火剤の使い方や火おこしの仕方で、

効率よく食べられたり、

美味しく食材を食べることができます。

そうするとBBQもより一層楽しめる

ことでしょう。

ぜひ上記に書いたものを参考に

してもらえると嬉しいです。

夏をエンジョイしましょう!

正しい着火剤使い方その1!ジェルタイプはこう使いよう!

今、着火剤って色々な種類が

ありますよね。

実際どれを買おうか迷ってしまうと

思います。

そんな中でもジェルタイプというもの

があるらしいです!

ジェルタイプ?それで火がつくの?

と思う方もいらっしゃると思います。

ということで今日はジェルタイプの

着火剤について色々とご紹介して

いきたいと思います。

まず炭や新聞紙に直接ジェルを塗ってから火を起こそう!塗る際は火気に注意!

やはり、危険なことは付きないのは

残念ですね。

できれば100パーセント安全なものが

欲しいような気もします。

ですが気をつければ問題なしとのこと

なので、ジェルタイプについてお話し

していこうと思います。

まず、着火剤とは木炭や薪に火を

おこしやすくするために使う燃料です。

形状はパック入りでそのまま使う

ことができたり、チューブ入りで

絞り出すタイプや、固形タイプなど

色々あります。

一番人気はゼリー状の着火剤

だそうです。

そして何が危険かというと、

炭に一度火をつけても、

「火力が弱いなー」

「早く調理したい!」

との理由で実際は燃えるのに勘違いして

継ぎ足してしまうことです。

着火剤の成分の中には、揮発性や

燃焼性が高いものが多いです。

継ぎ足し中に炎が大きくなったり

してきているものなでの燃え移る

危険性が伴います。

そして継ぎ足して炎が悪化して

しまった場合着火剤が飛び散って

火傷をすることもあります。

最後に一番危険なのは、

「火が見えにくい」ということです。

せっかちにならずきちんと火の様子を

見ましょう。

今までは危険なことについて

書きましたが、次は注意する点を

書きたいと思います。

・まず子供に使わせないことが前提

・継ぎ足しは絶対に行わないこと

・着火剤の蓋の開けっ放しはしない

・点火した場合は距離を取り、

バケツなどを用意しましょう。

・火傷してしまった場合は冷水で

幹部を良く冷やしましょう。

着火剤を使うのは楽だと思いますが、

危険も伴うことを決して忘れずに、

せっかくのBBQなどを楽しみましょう。

着火を確認したらトングで炭を重ねよう!ある程度のところで空気を送ろう!

着火をきちんとできたら炭に

ついてですね!

ここまできたらワクワクしてくる

と思います。

そして空気の送り方にもやり方が

あるそうなので色々と書いていきたいと

思います。

皆さんは着火後はどうしてますか?

なんとなくでやってませんか?

せっかくですから、美味しく食べる

ためにもきちんとやりましょう!!

火の起こし方から詳しく説明して

いきたいと思います。

ジェルについては先ほど

説明した通りです。

火をつけたら、パックにも

引火しましょう。

そしてここでクズ炭は一握りほど

パックの上にかけます。

長めの炭をパックの上に立てて

組むように並べます。

炭の種類によっても違いますが、

一番最初の15分くらい並べた炭が

乾燥するため全体から炎が

上がっていきます。

そしてそのまま放置します。

炎が上がらなかったり、急いでる時は

うちわをあおいであげましょう。

炭がほんのり赤くなったり炎が

出なくなったら種火の完成です。

炭の表面に白い炭が出てきたら

BBQ OKのサインです。

どうでしょうか?

少しまとめて見ましたが、やってみると

簡単だと思いますよ!

文字にするとわかりづらいかも

しれませんが、案外やってみると

うまくいくと思います。

ジェルタイプの着火剤について、最後に

ジェルタイプのものは便利で

いいですね。

使い切りのものもありますし、

ゴミにならずに済むと思います。

様々な種類の着火剤がありますが、

危険な使い方さえしなければ問題なく

使えるでしょう。

どの着火剤でも、結局火の起こし方は

そこまで変わらないと思うので、

自分にあったものを使うと

いいでしょう。

それでは、楽しいBBQライフを

送ってください!

正しい着火剤の使い方その2!ゲルタイプはこう使おう!

着火剤の使い方は本当に

たくさんありますね!

着火剤自体色々なものがありますから、

違うのもわかるんですが、

いちいち覚えるの

めんどくさいかも・・・。

と思ったとしても自分にあう着火剤を

見つければそんなにめんどくさいこと

ではありません。

今回はゲルタイプについて書いていこう

と思います。

そんな私もゲルタイプについては初耳

なんですが、一体どういったもの

なんでしょうか?

火を起こす前に先に炭にゲル着火剤を塗ろう!炭の構造も知っておこう!

まず、ゲルタイプというものは

着火剤に塗るものなんですね!

そして炭に塗るということは炭の

構造も知らなければいけないとのこと。

HPでは更に沢山の資料動画をカテゴリー別にご覧頂けます ■無料■ 電気式点火マッチにて、点火するテストです。 窒息消火にて、確実に消火しています。 ■チャンネル登録をお願いします■ 特殊効果 酸京クラウドYoutube

動画にするとこのような形で

ゲルタイプのものが使われるそうです。

動画では、

・電気式点火マッチに似て

点火するテスト

・窒息消失にて、確実に消化

着火はし辛いそうです。

色々見て見ましたが、

ゲルタイプのものは

主流ではないそうです。

やはり、ジェルタイプが一番主流として

扱われてるみたいです。

それでは炭の構造について書きたいと

思います。

・炭を積み上げる

炉の真ん中に炭を積み上げる。

この時に、空気の通り道を作るように

してあげましょう。

・火をつける

新聞紙などを棒状に丸めましょう。

炭の下に挟み込んでから、炭で

囲んだない部分に火をつけるように

しましょう。

炭自身が火力ある空気を下から

取り入れて上昇気流を生みます。

・送風機で風を送り対流を早める

送風機を使って炭内部の空気の対流を

早め中に火力が回るように

してあげます。

炭の切れ端の方から内部に空気を

送り込むようにすると一層早く

炭全体に火が行き渡ります。

炭は縦方向に穴が空いているので

それを利用してあげましょう。

・火がついたら炭をたす

最初の炭が起こせたら、さらに

炭で囲んでいきましょう。

加える際も空気の対流が起こりやすい

ように空間を開けて加えて

いきましょう。

どうでしょうか?ゲルタイプのものは

少ないですが、炭についてでもいい

情報ですよね。

ゲル状の着火剤は危険?使い方をしっかり覚えて安全にBBQを楽しもう!

何を使うでも危険はつきものですね。

ゲル状だから大丈夫!なんてことは

ありませんから、きちんと覚えて

おきたいですよね。

何か起きてからでは遅いですから、

色々紹介していきたいと思います。

ゲルタイプというのは別名

メタノールアルコールです。

メチルアルコールというのは、

学校などで使われるアルコールランプの

燃料や殺菌などによく使われます。

気軽に使われるものですが、発火性が

強いので人体に入ってしまった場合、

神経などに影響を及ぼし、めまいを

起こしてしまったり、大量に吸入して

しまうと、失明してしまうことも

あるので扱いには最大限に

注意しなければなりません。

ただし、着火剤は正しく使えば

大丈夫なので、注意して使うように

しましょう。

そしてBBQに使った場合などは

一度でつかいきったり、

放置しないで火の近くに置かないなど

注意しましょう。

便利なものかもしれませんが、

注意すべきことがたくさんあるので、

用法用量を守って処理もきちんと

しなければ大変危険なので気を

つけましょう。

もし何かが起きてしまっては楽しい

思い出も残念なことになって

しまいますからね。

ゲル状の着火剤についてまとめ

つい便利で使ってしまうジェルタイプや

ゲルタイプ。

便利ではありますが、危険があることは

絶対に忘れてはいけません。

自分の身を守るためにも、周りに

害を与えないためにも

注意して使うようにしましょう。

ゲルタイプはそこまで普及されて

いないみたいですが、

便利なものなのでこれからどんどん

増えていくでしょう。

危険ということは頭に入れて使うように

しましょう。

楽しいBBQを送るためにも危険なことは

やめましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする