2017年川越祭りの日程から穴場情報、観光スポットをまとめてみました!

スポンサードリンク

こんにちは(*^^*)!今回は

埼玉県は川越市で行われる

秋のお祭り、「川越祭り」

ご紹介します♪

今回初めて足を運ばれる方にも

お祭りの楽しみ方が分かるように

それぞれのカテゴリー毎に

まとめましたのでぜひ!最後まで

ご覧ください^ ^

川越祭りの日程や開催時間・場所は?

スポンサードリンク

2017年の開催予定日:

10月14日(土)・15日(日)

2日間です★

開催場所:

埼玉県川越市内各所です!

*アクセス方法は、

次でご紹介しますね♪

開催時間:

まだ公式ホームページには

UPされていませんでしたが

例年ですと、

1日目:

《昼の部》14:00〜15:00

《夜の部》18:00〜21:00

2日目:

《昼の部》13:00〜15:00

《夜の部》18;30〜21:00

と、なっています。

2日間とも開催時間に

ややばらつきがありますので

お祭りに向かう前にもう一度

公式ホームページなどでの

ご確認を宜しくお願い致します^^

アクセス方法は?周辺の交通情報、混雑状況など!

《電車の場合》

【大宮方面からお越しの場合】

JR川越線で約20分

川越駅で下車

【池袋方面からお越しの場合】

東武東上線急行で約30分

川越駅で下車

【新宿方面からお越しの場合】

JR埼京線(新宿駅)快速で

約50分、川越駅で下車。

西武新宿線(西新宿駅)特急で

約45分、本川越駅で下車。

《混雑状況》

川越祭りは荒れていなければ

雨天でも決行されます。

2016年には2日間で

98万人もの人出で賑わいました!

その為、混雑は

避けられません(><)

その中でも1番の混雑が

予想されるのが夜に行われる

「曳っかわせ」の時間帯が

最も多くの人で賑わいます。

曳っかわせが行われる

前後1時間ほどは大変

混雑します。

また、お祭り当日は川越市内に

交通規制がかかってしまい

ますので都心部ということもあり、

公共交通機関でのご来場を

おすすめ致します★

川越祭りはココに注目!お祭りのみどころ!

川越祭りでは昼と夜で

それぞれみどころが変わります★

動画付きでご紹介して

いきますね〜(*^^*)

《まずは昼の部!》

昼のみどころは山車です★

人形や彫刻であったり、

幕の刺繍模様など、それぞれ

個性のある山車を間近で

楽しむことが出来ます(*^^*)

また、山車の出ない場所にも

「居囃子」と呼ばれる囃子連が

道路に仮設ステージを設け、

お囃子で観客を楽しませて

くれます♪

THE!お祭り!

という感じですね♪

★居囃子の様子はこちらから

ご覧いただけます↓

《昼とはまた違う山車の

表情も必見!夜の部★》

夜の部最大のみどころは

お祭りのクライマックスに楽しむ

ことのできる「曳っかわせ」です!

曳っかわせとは、他町の

山車同士が出会うと、お互いに

囃子台を向かいあわせ、

競い合うことです^ ^

競い合うと言っても、

勝ち負けなどはなく、お互いの

お囃子が入り乱れ、「曳き方衆」

と呼ばれる山車の担ぎ手

熱い想いが提灯の揺れと

なって表れ、見る者を

魅了します(*^^*)

★曳っかわせの様子はこちらから

ご覧いただけます↓

曳っかわせを見るならココ!穴場情報!

大変混雑の予想される

曳っかわせですが、せっかく

来たのだから堪能したい

ですよね^ ^

そこでオススメなのが

こちらの2つのエリアです!

◆本川越駅前 交差点

こちらでは鑑賞エリアが広い為、

比較的山車を見やすい場所と

なっています^ ^

◆仲町交差点から札の

辻交差点までの沿道

他の場所では電線があるので、

山車の人形は止まっている時

以外出ないのですが、

この場所なら電線がないことから

人形を出したまま曳行が

行われます^ ^

じっくり堪能したい方には

オススメです★

間近で座ってゆっくり楽しみたい方には♪有料観覧席情報

川越祭りでは、有料観覧席

用意があります。

場所:川越市役所南側駐車場

時間:12:30開場

13:00〜15:00まで

値段:1席 1,000円

なんとこちらの有料観覧席には

解説員の方が山車や曳っかわせの

解説をしてくれるので、

初めて川越祭りに来た方には

有料でも座る価値アリな席と

なっていますね♪

チケットは1席1,000円

お求め安いのも魅力的です(*^^*)

有料観覧席のお求めはこちらから

どうぞ♪↓

お祭りだけじゃない!周辺もおすすめ!観光情報★

◆川越まつり会館

こちらでは川越祭りが

行われていない時でも

川越祭りの臨場感を

味わうことが出来ます^ ^

定期的に入れ替わる山車が

2台展示されているので、じっくりと

心ゆくまで鑑賞することができます。

また、日曜日や休日には

13;30〜と14:30〜の2回

約20分のお囃子の実演を

聴くことができます♪

川越まつり会館の詳細はこちらから

ご確認いただけます^ ^↓

◆菓子屋横丁

こちらはその名の通り、

駄菓子屋やお菓子屋さんが

22軒も立ち並ぶ商店街が

あります。

昭和初期には70軒以上

お店があったとされていますが、

その後の戦争や生活環境の

変化により、お店の数は激減した

そうです。

そんな古くから市民に

愛されている菓子屋横丁で

懐かしい子供時代を

思い出しながら買い物を

楽しんでみてはいかが

でしょうか(*^^*)?

菓子屋横丁の詳細はこちらから

ご覧いただけます^ ^↓

◆赤ちゃんの駅

こちらは観光スポットでは

ないですが、川越祭り開催

期間中には赤ちゃんの駅」

という授乳やオムツ替えの

出来る施設が多く用意

されています♪

お祭りというと、ある程度

大きくなった子どもでないと

なかなか授乳やオムツ替えの

心配があり、お母さん達は

ソワソワしてしまうものですが、

この様な配慮があると

赤ちゃん連れでも安心して

お祭りに足を運ぶことが

出来ますね(*^^*)

2017年川越祭りの

赤ちゃんの駅はこちらから

ご覧ください★↓

まとめ

いかがでしたか^ ^?

川越祭りの山車行事

ユネスコ無形文化遺産に

登録されています。

毎年多くの人が足を運ぶ

お祭りですので、山車や

曳っかわせは是非この目に

焼き付けておきたいですね(*^^*)

また、周辺の観光スポット

魅力的ですのでお祭りだけでなく、

川越市全体を楽しみに

行きましょう♪

最後までご覧いただき、

ありがとうございました^ ^

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする