クリスマスリース今年は手作り!紙皿で可愛くできちゃう!?

スポンサードリンク

クリスマスの飾りつけとして人気のリース

今年は手作りしてみませんか?

紙皿を使えば簡単に作れるので、

お子様と一緒に楽しくクリスマスの

準備ができますよ♪

気になる作り方を紹介します!

クリスマスリースを簡単制作!基本の作り方

スポンサードリンク

クリスマスリースの作り方

用意するものは

・紙皿

・毛糸(タコ糸でも〇)

・折り紙やりぼん

(飾りつけに使いたいものを自由に)

・カッターやハサミ

・穴をあける道具(パンチやキリなど)

ほぼ100均でそろうものなので、

好きな飾りつけをたくさん作れますね!

手順

1・紙皿の中の部分だけをくりぬいて

外枠を残します。

2・上部にひもが通る二か所あけます。

3・2であけた穴にひもを通して

壁に掛けられるようにします。

4・飾り付け用に用意したリボン等

飾り付けます

完成!

とっても簡単ですね!

ハサミを使う工程や穴をあけるところは

お母さん・お父さんがやってあげれば、

危なくもなくお子様にも

作ることができますね。

折り紙でサンタさんを折ったり、

お花の形を作って張り付けたりしても

可愛いですよね!

文章ではわかりにくいと思うので

こちらの動画も参考にしてみてください。

紙皿で簡単にできるクリスマスリースの作り方をご紹介します。アレンジ自在ですのでクリスマス工作を楽しんでください。 ▼リースに付けてある折り紙の折り方はこちら リボン(立体)⇒ サンタクロース⇒

手作りリースを可愛くアレンジ!色んな飾りつけ

基本の作り方の応用として

アレンジの仕方を紹介します。

・記念に置いておきたい!写真入りリース

リースをフォトフレーム代わりにして

くりぬいた部分に裏側から写真を

張り付けます。

毎年作ればお子様の成長記録にもなるし

アルバムとして残していけますね。

・二連にして可愛い!ダブルリース

作ったリース同士をリボンで結び、

上下にふたつ並べたもの。

家族でそれぞれ作ったものを

つなげてみてもいいかもしれません。

・真ん中にトナカイやベルをぶら下げて

可愛く見せる

くりぬいた部分に

トナカイやベルなどの飾りを

ぶら下げてあげます。

壁に飾ったときにその飾りも

ゆらゆら揺られてとっても

かわいくなります。

アレンジ方法は自由自在ですね!

他の方のページに可愛いアレンジ方法

写真付きでたくさん載っていました。

参考にしてみてください。

まとめ

クリスマスって毎年ワクワクしますよね!

クリスマスは1日だけだけど、

それに向けて準備するのがすごく楽しい。

ツリーを用意してたくさん飾りをつけたり、

おうちをライトアップさせてみたり。

たくさん準備することはありますが、

今年のクリスマスは家族みんなで

リースを手作りしませんか。

今回紹介した紙皿で作ったリースなら

100均でそろうものやおうちにあるものが

使えるので材料費も安く済み、

難しい工程はないので

お子様でも作ることができます。

基本の作り方さえ知っていれば

アレンジの方法はたくさんありますよ。

自然の中で見つかるものも

飾り付けに使えます。

例えば、まつぼっくりやどんぐりとか。

 

寒い冬だから外に出るのが

嫌になっちゃうけど、

リースづくりの材料を求めて、

お子様と一緒にお散歩へ

出かけてみてはいかが。

家族それぞれのアイデアを出し合って

楽しく作れるのがリース作りのいいところ。

それに時間もかからず作れるから、

普段忙しいお父さんでも

夕食後のひとときにお子様と一緒に

すぐできます。

家族で過ごすクリスマスって幸せ。

今年も皆で楽しいクリスマスに

してくださいね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする