カウントダウンジャパン17/18ロッカーはどこ?駐車場と電車の混雑は?

スポンサードリンク

この記事では

カウントダウンジャパンの

お役立ち情報として

ロッカーの情報

オススメの持ち物、服装

オススメの駐車場

電車の混雑情報

について

まとめてあります!

最後までお楽しみください!

今年も年末が近づいてきましたね。

年末と言えば

あったかぁいコタツで年越しそば!

もいいですが、

年越しイベントでしょ!

日本最大の年越しイベントと言えば、

「カウントダウンジャパン」

毎年12月28~31日の4日間、

幕張メッセで開催される

超大型音楽フェスです。

昨年は

4日間で

179組ものアーティストが出演しました!

ものすごい数ですね!

例年、この4日間、

ぶっ通しで参加するツワモノまで

いるみたいですよ!

実際に

4日間通しのチケットも販売されています。

さすがに4日連チャンはないとしても、

せっかくの年末!!

一年の締めくくりは

派手に過ごしたい!

歌って踊って騒げるのは勿論、

様々なフェス飯も楽しめ、

出演アーティストの

グッズ販売もあります!

せっかくですもん、

丸ごと楽しんじゃいましょう!!

カウントダウンジャパンに

初めて参加する方は勿論、

リピーターの方も、

今年のフェスが

1番盛り上がる1日となるよう、

会場情報からお役立ち情報まで

お伝えしていきたいと思います!

カウントダウンジャパンロッカー情報

スポンサードリンク

まずは、これが1番肝心ですね!

荷物の預け場所の確保ができないことには、

お祭りだって楽しめませんからね!

それに、季節は真冬ですよ!

寒さ対策は必須ですから、

当然荷物も多くなってしまいます。

まず、ロッカーですが、

幕張メッセの施設内にいくつかあり、

大きさは

小(高さ29.5cm 奥行き42cm 幅34cm)

中(高さ51cm 奥行き42cm 幅34cm)

大(高さ78cm 奥行き48cm 幅34cm)

※大はスーツケースが収容可能

1日料金は

小・・・300円

中・・・場所により400円or 500円

大・・・700円

※夜中12時を過ぎると1日加算

となります。

しかし、当然ながら数に限りがあり、

こちらは毎年早くから満杯になって

しまいます。

ですので、多くの方が利用されるのが

カウントダウンジャパン専用の

クロークになるかと思います。

こちらは

1日1000円で、

70リットルのゴミ袋1つ分

を預けることができます。

クロークのほうが料金はかかりますが、

1日に何度も出し入れが可能ですので、

クロークを利用するほうが便利が良いです。

また、70リットルの袋は結構大きいですよ。

ボリュームのあるアウターでも、

2人分くらい余裕で入りますから、

友達やカップルで、一緒に利用するのも

良いですね。

カウントダウンジャパンおすすめの服装と持ち物

荷物の心配が解決すれば、

次に気になるのが、

一体、どんな格好でいけば良いの?

というところですよね。

カウントダウンジャパンは、

真冬と言えども、

屋内フェスですので、

暖房はきいています。

しかーし!

いくら空調がきいているとは言え、

ホール内で歌って踊って

熱気ムンムンの中なのか、

ホールの外でちょっと休憩をするのか、

フードコートに食事に行くのか、

喫煙コーナーに行くのか・・・etc

その時々で、気温は激しく上下します

割と寒かったりもします。

つまり、

幅広く対応できる服装と持ち物

準備しなければ、

せっかくのフェスを快適に過ごせないのです。

そこで、服装と持ち物について、

オススメと注意点を

挙げていきたいと思います。

服装

基本的に、薄手の長袖か、半袖の重ね着

OKだと思います。

時期的に、

9月頃の格好を意識すると良い

と言う参加者もいましたよ。

私は、

半袖に、長袖のシャツ(厚手)を腰に巻いて

参加しました!

少し寒くなれば、長袖シャツを着て

過ごしていました。

服装のことで

・・・コレだけは!ということが

あるのですが、

ヒートテックなど、

機能性ヌクヌクインナーは

必要ありません!

私はヒートテックで

大失敗をした経験があります。

真冬と言えども、

とにかく、中は暑いのです!

慎重にヒートテックで武装して行った私は、

暑くて暑くて・・・

薄手のたった1枚のインナーを

憎みました(笑)

後ほどトイレで脱ぎましたがね。

女子トイレは込んで並ぶんですよ!

その時間がロス!

歌って踊ってはしゃぎたい方ほど、

インナーは必要ないでしょう。

防寒対策は、

アウターでしっかりできます!

寒くなれば、

クロークに上着を取りに行けば

済むだけのことです。

アウター、マフラーなどは、預けて、

身軽な格好を意識してくださいね。

あと、女性の方は特に、

ヒールやブーツよりもスニーカー

がいいと思いますよ。

地面はコンクリートですから、

一日中立って歩いて踊って・・・

さすがに疲労がハンパないですからね。

あと、サンダルは足を踏まれたときに

超痛い!!ですから、

スニーカーが無難です。

バッグ

フェス内では、

ウエストポーチなど、両手が開くもの

断然おススメです。

リュックの方も多いですけども、

大盛り上がりの混み混みスペースで、

前にいる人がリュックだと、

ちょっと、

邪魔!なんですよね・・・

背の高い男の人だと余計にイラっと(汗)

周りに迷惑をかけないようにして、

みんなで楽しめることが大切です。

スリなどの被害もあるようですが、

私はウエストポーチの上から、

長袖のシャツを腰に巻いていたので、

パッと見、

ポーチがどこにあるか分からない

感じでした。

スリ対策も兼ねた格好になっていた

と思いますよ。

タオル

こちらも必須。

私は3枚持って行き、2枚をクロークへ。

1枚を持って中に入りました。

会場内は結構汗をかきます。

タオルは予備を考えていたほうが

いいと思いますよ。

ウエットティッシュ

これもあれば便利。

薄暗い会場内、割と汚かったりします。

フードコートで

食べる前に手を拭くのは勿論ですが、

食べ物を汚したり、

こぼしたりしても、

すぐに洗えなかったりしますからね。

持っておくと良いと思います。

飲み物

会場内でもたくさん売っていますが、

混んでいて並ぶのが嫌だったりする場合は、

最初の1本くらいは、

準備して入ると良いかと思います。

マスク

たくさんの人が出入りしている上、

フェス中は、タオルをブンブン回したり・・・

ホコリもめっちゃスゴイです。

マスクはかさばりませんし、

1枚は入れておきましょう。

携帯など小物

例年カウントダウンジャパンでの

落とし物の上位となっているのが、

携帯やアクセサリー、時計などの小物類。

せっかくのイベントで、

大切なスマホを落としちゃうなんて、

最悪ですよね。

持って会場に入る場合は、

キチンと管理しましょう。

カウントダウンジャパンおすすめ駐車場

幕張メッセ内に駐車場があり、

収容可能台数は5500台にも

なります。

まず、こちらが完全満車になってしまう・・・

ということはないと考えてよいでしょう。

しかし、当日は何万人もの人間が、

この幕張メッセに向かってきますので、

混雑は避けられません。

駐車するだけでも一苦労であることは

覚悟しなければなりません。

会場アクセスのことを考えれば、

幕張メッセの駐車場が1番オススメ

ではありますが、

駐車場の営業時間は

8:00~23:00

お時間に余裕のある方は、

駐車場の営業時間開始スグ

狙うのが良いかと思います。

なお、料金は

1日1000円です。

余裕を持って向かうことが難しい方に、

その他の周辺駐車場をご紹介します。

幕張新都心県営第一地下駐車場

会場からのアクセスも良い立地です。

土日祝料金は幕張メッセ駐車場よりも

少し高くはなりますが、

混雑を避けるためであれば

こちらもオススメです。

住所

千葉市美浜区中瀬2-2-3

収容台数

280台

営業時間

24時間営業

料金

20分/100円

平日最大1000円

土日祝最大1500円

幕張新都心県営第二地下駐車場

上記と同様の県営駐車場です。

価格設定も同じですので、

こちらもオススメです。

会場からも近く、

すぐに見つけられると思います。

アクセスも良いです。

住所

千葉市美浜区中瀬1-113

収容台数

459台

営業時間

24時間

料金

20分/100円

平日最大1000円

土日祝最大1500円

ワールドビジネスガーデン駐車場

こちらも、会場までのアクセスに

便利の良い立地。

収容台数が少ないため、

満車になってしまう可能性も

ありますが、

これを逆手にとれば、

帰りの出口渋滞の心配はなさそう

料金は少し高めとなりますが、

帰りの快適さを重視するならオススメ。

住所

千葉市美浜区中瀬2-6-1

収容台数

200台

営業時間

24時間

料金

30分/200円

平日最大1200円

土日祝最大2000円

イオンモール幕張新都心

会場まで少し距離はありますが、

私はコチラがオススメ。

収容台数も多く余裕がありますし、

入り口出口も多数ありますから、

渋滞緩和にもなります。

忘れ物があっても

イオンで揃えることができますし、

開園までの時間つぶしにも最適です。

住所

千葉市美浜区豊砂1-1

収容台数

7300台

営業時間

モールにより異なるが、

6:00~25:00の間

料金

6時間まで無料

それ以降20分/100円

1日最大1000円

その他、

他府県から参加を検討されている方には

こんなものもありますよ♪

アクセスツアー

〔バスプラン・宿泊付きプラン〕

横浜、大宮、水戸、静岡、浜松、

名古屋、岐阜、京都、大阪、仙台

などから、

会場行きのアクセスツアー、

宿泊プランなども

販売されています。

こちらの販売は、

宿泊付きプランが12月6日まで

バスツアーが12月19日まで

となっています。

詳しくはコチラからどうぞ!

COUNTDOWN JAPAN JTBツアーセンター

TEL:03-6698-2729(平日10:00~17:30)
http://www.jtbbwt.com/entertainmenttour/

カウントダウンジャパン電車の混雑状況

電車でのアクセスは、

海浜幕張駅が最寄りとなります。

駅から会場までは、

歩いて5分くらいですが、

当日は混雑状況もありますので、

その倍くらいの時間は

考えておきましょう。

何万人もの人間が同じ日の同じ時間に

集まるわけですので、

駅はまさに修羅場ですよ。

帰りの切符は、

行きの駅で往復切符を購入して行くのが

ベターです。

そして、これは必ずしていてください!

時刻表での事前確認

千葉は意外にも、電車の本数が

少ないのです。

真冬のふきっさらしのホームで

30分もガタガタ震えながら

ひたすら電車を待つ、

ということにもなりかねません!

電車の時間は調べておきましょう。

また、終電の確認もお忘れなく。

終演時間が午前2時を

超えるものもあります。

そうなれば、

朝までどこで暖をとるのか、

しっかり事前の下調べをしておきましょう。

最後に

以上、

カウントダウンジャパンについて

お役立ち情報を

まとめてみました!

真冬のイベントということで、

快適に過ごすためには、

事前の準備が必要です。

今回の記事が少しでもお役に立てれたら

幸いです。

様々なフェスに参加してきた私ですが、

カウントダウンジャパンは

一番のオススメ!

豪華キャストもさることながら、

美味しいフェス飯や、

フォトスポットなどが満載で、

とにかくお祭り気分が味わえます。

そして、休憩したければ、

リクライニングチェアも用意されていたり、

おもてなし感も味わえますよ。

是非最高の1日を過ごしてみてくださいね!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする