クリスマスカードでメッセージを送りたい!高齢者への2つの例文

スポンサードリンク

誕生日などのお祝い事や季節の変わり目

などにも利用されるメッセージカード

プレゼントだけ渡すよりも、

一言でもメッセージがあると温かみがあり

嬉しい気持ちになりますよね。

私もよくメッセージカードは

よく利用しています。

家族や友人にも渡したりしますが、

おじいちゃん・おばあちゃんなどにも

よく渡したりしています。

ただ、家族や友人と違ってどんな内容で

書けばいいのかいつも悩んでしまい、

なかなかうまく書けず

いつも時間がかかってしまいます。

特に目上の高齢者の方へメッセージカードを

渡すとなると、どんな内容にすればいいのか

悩んでしまいますよね。

失礼にならない、かつ温かみのある

メッセージ

なかなか難しいです。

今回は、そんな高齢者の方へ

メッセージカードを渡すとき、どんな内容で

書いたらいいか、またどんな言葉が

タブーになるのかをまとめてみました。

誕生日だとありきたりになってしまうので、

クリスマスに渡す設定で

まとめてみましたので、

是非参考にしてみてくださいね。

クリスマスカードのメッセージはこう書こう!高齢者も喜ぶ?!

スポンサードリンク

誕生日などに渡すメッセージカードは、

多少書きやすかったりもしますが、

意外と書きにくいのがクリスマスなどの

季節ごとの行事のときです。

さらに、家族や友人とは違い

失礼にならないような内容を考えなければ

いけないので、難しいと感じる方も

いらっしゃるかと思います。

なのでそんな方のために、どんな内容で

書けばいいのか2つ例文を紹介したいと

思います。

是非、使ってみてくださいね。

では、早速みていきましょう。

○メリークリスマス●●さん

いつも笑顔が素敵な●●さん!

その笑顔にいつも癒されています

素敵なクリスマスをお過ごしくださいね!

○メリークリスマス●●さん

いつも楽しそうにお孫さんのおはなしを

されている●●さん!

楽しくおはなしされている姿を見ると、

私まで元気がもらえます

素敵なクリスマスをお過ごしくださいね!

以上が2つの例文になります。

大切なのは、当たり障りのない内容

書くことですね。

そして、日頃からその人をみていて

感じることを伝えてあげると、

温かみが増して相手にも

伝わりやすいかと思います。

例えば上記でもあったとおり、

いつも笑顔がたえないなぁ

という人であれば、ひと言添えてあげると

いつもみてくれてるんだなぁと感じますし、

お孫さんの話をよくする人であれば、

今後のコミュニケーションにも

繋がるかと思うので

是非、ひと言添えてみてください。

その人のことをメッセージに書いてあげると

気持ちもこもりますし、相手も嬉しいなと

感じると思います。

是非、参考にしてみてくださいね。

クリスマスカードのメッセージに高齢者へ長生きという言葉はタブー。

上記では、メッセージカードの例文を

紹介させていただきましたが、

一方でこの言葉はあまり使わない方が

いいもの、いわゆるタブーなものも

あります。

その言葉はどういったものでしょうか。

それは、長生きという言葉です。

身内からのメッセージカードであれば、

長生きという言葉を使用しても

問題ないかと思いますが、

身内じゃない人から長生きしてくださいと

メッセージをひと言添えられても、

気持ちとしてあまりいい気分はしません

ましてや、誕生日ならまだしも

クリスマスカードに添えるとなると

長生きという言葉は使用しない方が

いいと思います。

もし添えるのであれば、

今後も体調に気をつけてお過ごしください

などの内容にしておいた方がいいでしょう。

できる限り、今後も相手と

コミュニケーションが繋がるひと言に

するように心がけるようにして、

失礼にあたらないメッセージにしましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

私は以前、高齢者の方と接する仕事を

していてメッセージカードを

よく書く機会がありました。

その際に気をつけたことが

上記の内容になります。

その人に合わせた内容で

メッセージを書くことで、相手にも

気持ちが伝わりやすいし

今後のコミュニケーションをとるときの

題材になったり、その人との距離感も

グッと縮められました。

また、その人に合わせた

メッセージだからこそ、相手の記憶にも

残っていたりするので、

是非メッセージを書く際は気持ちを込めて

書くようにしてくださいね。

口頭での言葉の次に

相手に伝わりやすいのは、文字です。

相手のことを思ってメッセージカードを

書いてみましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする