神棚の正月飾りはいつまで飾るの?地域によって違うって本当?

スポンサードリンク

年末になると神棚があるお宅では

正月飾りを行いますね。

神様をお迎えするためには重要な正月飾り。

年が明けて、無事に神様を

お迎えすることができたけれど、

そのあとはどうすればいいの?

今回はそんな疑問にお答えすべく、

正月飾りを外す時期から処分方法まで

一挙ご紹介します。

正月飾りを飾る期間は関東と関西で全く違う!関東なら1月7日まで!

スポンサードリンク

正月飾りを飾る時期は

松の内の期間といわれていますが、

実は地域によって松の内の期間に差があります。

関東では…12月13日~1月7日まで

関西では…12月13日~1月15日まで

約1週間の差がありますね。

関東の12月13日~1月7日が

一般的な松の内の期間とされていますが、

自分の住んでいる地域の

松の内の期間をはっきり知りたい場合は、

お近くの神社に問い合わせると

教えてくれますよ。

また、神棚の正月飾りや、

門松、しめ縄はこの期間中のみ飾りますが、

鏡餅を下げるのは松の内が終わった後ではなく、

鏡開きの日となります。

鏡開きの日も地域によって違い、

一般的には1月11日ですが、

一部の地域では1月15日となっています。

鏡餅はこの鏡開きの日に下げられ、

お雑煮やお汁粉にして食べられます。

歳神様を迎えるために

必要な正月飾りですが、

どうして地域によって

外す時期に差があるのでしょうか。

その理由は大昔の鏡開き

由来していると言われています。

もともと、鏡開きは

1月20日に行われていました。

しかし、徳川家光が

慶安4年の4月20日に

亡くなったことをうけ、

徳川幕府が家光の月命日にあたる

20日に鏡開きとなることを避けたのです。

そのため鏡開きを11日

松の内も7日に変更されました。

この変更が関西には

きちんと伝わらなかったため、

関西では15日までを松の内をし、

鏡開きも同じ日に行うようになったのです。

大昔は関東と関西の移動も簡単にはできず、

電話といった便利なものもなかったので、

すぐに重要事項が伝わらなかったとしても

仕方がないことに思えますね。

正月飾りの処分方法は!?どんど焼きで神様に感謝しながら!

正月飾りを外したあとは

どのように処分すればいいのでしょう。

正月飾りにはおすすめの処分方法があります。

・一番おススメは、どんど焼き

 

正月飾りに使ったものを

地域で回収したりして、

まとめて火で燃やす方法です。

一般的には1月15日に行うことが多いので、

松の内が終わって正月飾りを外してから、

15日までの間は大切に保管しておきましょう。

どんど焼きを行うことで、

その年1年の健康が保証される

ともいわれていますので、

正月飾りを処分するときは

どんど焼きを一番おすすめします。

・どんど焼きに参加できなければ、近くの神社で引き取ってもらう

 

 

都合が合わず、どんど焼きに

持っていけなかった場合は、

近くの神社に外した正月飾りを

持っていきましょう。

そうすると、お清めしたあとに

正月飾りを焚き上げてくれます。

ただし、処分を行っていない神社もあるので、

事前に持っていきたい神社に

問い合わせておきましょう。

・実は自宅で処分しても構わない

 

 

できれば、どんど焼きや

神社での処分が好ましいですが、

忙しい方は自由に時間が

とれなかったりしますよね。

その場合は自宅で一般ごみとして

処分しても構いません。

ですが、正月飾りは

神聖なものですので、

お清めしてから処分しましょう。

自宅での処分方法…

  • 新聞紙など、大きめの紙を敷く。
  • 紙の上に外した正月飾りを並べる。
  • お清めの塩を、左・右・中央の順に振りかける。
  • 敷いていた紙にくるみ、他のごみとは別に新しいごみ袋を用意してその中に入れて捨てる。

ごみの分別方法は

地域によって異なりますので、

それぞれの自治体に合わせた方法で

分別してくださいね。

どんど焼きがおすすめとはいっても

家庭により、事情は様々ですから、

自宅でも処分できるとなると助かりますね。

まとめ

今回は神棚の正月飾りを外す時期や、

処分方法について紹介しました。

知らなかったことを

知るきっかけにはなりましたか。

正月飾りは、年末に歳神様を迎えるため、

各家庭で行われます。

この正月飾りを適切に行っていないと、

歳神様が家によりついてくれないのです。

歳神様は、各家庭にあった

新しい1年のご利益を授けてくれる

いわれていますので、

しっかり正月飾りを行って

お迎えの準備を

済ませておきたいですね。

年が明けて松の内が終わると

正月飾りを外すことになりますが、

神聖なものだけに処分方法など、

少し心配になりますよね。

きちんとした方法で処分しなければ、

神様からお怒りを受けるのではないか…

そんな風に思ってしまう方も

中にはいらっしゃるかもしれません。

でも大丈夫です。

どんど焼きにもっていけば、

1年の健康も願ってくれ、

正月飾りもきちんと処分できます。

どんど焼きに行けなければ、近所の神社へ。

それも都合が合わなければ、

自宅でもお清めしたあと処分できるので安心です。

神様に感謝して処分しましょうね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする