初日の出2018の穴場発見!長野の露天風呂でご来光を拝むのはいかが?

スポンサードリンク

この記事では、初日の出を拝むのに

長野の温泉穴場スポットを

紹介しています!

毎年、大晦日は家族と飲んだくれて、

夜更かしして、初日の出どころではなく、

気が付けば、お日様は沈む寸前という、

初日の出ではなく、初夕日なる状態の私…汗

もう、人生も折り返し地点過ぎましたので、

そろそろ、日本の伝統に目覚めないと

まずいと思い、来年は真面目に

ご来光を拝もう!!と考えました。

そして、超真面目に考えたのが、

『そうだ、露天風呂でご来光を拝もう!』

いや、何年か前それやった。

よかったからまた…

今年は今からじゃ難しいかもしれませんね。

いや!!キャンセル待ちという手もあります。

信州は日本を代表する『温泉王国』です。

日帰り温泉もあれば、温泉旅館も沢山あります。

しかも標高が高いから、

ご来光を拝むのもうってつけです!

雲海の中のご来光が神秘的なお宿 「やきもちや」

スポンサードリンク

ここのお宿は以前大晦日に利用した事ある

お勧めのご来光スポットです。

標高の高い所にある古民家を利用した宿で、

夜は、いろりで郷土料理をお腹いっぱい

堪能でき、しかも年越しのお蕎麦も

しっかり特別メニューで振舞われます。

翌日、部屋から見えた

雲海の中に浮かんだご来光

がなんとも言えず

神秘的で美しかったことか。

正確にいえば、雲海があまりにも綺麗で

ご来光のことをすっかり忘れて

見とれてしまったのですけど…

大晦日でも、宿泊料金が

リーズナブルで良心的なので

毎年、年越しは『やきもちや』という

リピーターさんが多いというのもうなずけます。

予約はいつからでもOKなので、

今年の年越し分はすでにキャンセル待ち。

来年2018年もすでに半分ほど

埋まってきているという事なので、

雲海の中に浮かぶ神秘的なご来光を

拝みたい方にはお勧めの宿です。

ご来光をはずしても、

雲海の中に浮かぶ新年の日の出を

見たいという方『やきもちや』の

公式HPアドレスはこちらです。

どんなお宿かご参考までにご覧ください!

⇒http://yakimochiya.jp/

『やきもちや』アクセス

長野県長野市中条日下野 5286

結構、人里はなれた山の中になります。

高速道路 長野ICから車で50分
JR北陸新幹線長野駅からタクシーで50分

★宿泊専用のお客様には

予約時に『長野駅⇔やきもちや』の

送迎バスサービスがあります。

但し、プランの内容によっては

送迎の対象外になるものもあるようなので、

詳細は『やきもちや』まで

お問い合わせください。

穴場ご来光スポット!ご褒美つきでいかが?

『やきもちや』のように

神秘的なご来光!とまではいきませんが、

のどかな田園風景の中で
ほっこり気分でご来光を拝むなら、

東御市の明神館なんていかがでしょう。

こちらも、標高の高い所にあるので、

烏帽子岳・湯ノ丸山・三方ヶ峰の浅間連山で

囲まれた信州ならではの、ご来光が拝めます。

特に『アートヴレッジ・明神館』

宿泊、日帰りとも人気の高い天然温泉施設です。

数年前に施設を新しく

リニューアルしたことで、

最近では、露天風呂から

ご来光を拝めるお宿として知る人ぞしる!!

穴場的なご来光スポットになりつつあります。

なんといっていっても、

最近、東御市では

地元のワインや地ビール熱も急上昇中です。

お風呂と一緒に地元ならではの

お酒に舌鼓しながら、

新年のご来光も拝めるとなれば、

これからますます、人気がでる

ご来光スポットになる事間違いなしです。

人気スポットになってしまう前に是非、

ご来光を拝みに行ってみてはいかがでしょうか?

『アートヴレッジ・明神館』アクセス

長野県東御市八重原1806の1

高速道路 東部湯の丸ICから車で15分
JR北陸新幹線上田下車しなの鉄道経由

田中駅からタクシー15分

巡回バス、送迎バスは記載がないため

詳細は不明です。
お問い合わせください。

どんなお宿か参考までにご覧ください

長野県の天然温泉旅館なら東京から約2時間の東御市にある信州八重原温泉「明神館」。天然温泉の露天風呂付き部屋が新しくオープンしました。善光寺、真田幸村で有名な上田城観光、東御のワインを楽しんだり、軽井沢アウトレットにも好アクセスです。さらに日帰り温泉も楽しめます。長野県東御市八重原1806番地1 TEL:0268-67-...

こちらも年内の宿泊は

キャンセル待ちだそうですが、

3か月前から予約は開始されるようですので、

来年は是非、

穴場のご褒美付きのご来光スポット

『アートヴレッジ・明神館』で、

ほっこりご褒美つきのご来光を

拝んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする