新年会の司会を頼まれた!挨拶の正しい順番を教えて!

スポンサードリンク

年の始めといえば新年会。

友人同士の気軽な集まりから、

会社のイベントとして参加する

フォーマルなものまで

参加する理由も様々です。

どんなシーンでも苦労するのが

幹事という役目ですね。

日程調整、出席確認…

返事が遅かったり、

なかなか会場がおさえられなかったりと

胃が痛くなる思いもたびたびあります。

中でも気が重くなるのが

挨拶の依頼ではないでしょうか。

普段なかなか話すことがない

上の役職の人と直接話す、

というシチュエーションだけで

相当気をつかいますよね。

ここで気になるのが、

どんな人にどのようなことを頼むか。

マナーと照らして失礼がないように、

今一度しっかりと確認をしておきましょう。

はじめは役職が一番目、乾杯は三番目、締めは二番目に上の人に!

スポンサードリンク

新年会の進行順と合わせて、

どのシーンでどういった人が

挨拶をするのかみていきましょう。

  1. 開会宣言

まず司会が新年会のスタートを宣言します。

ここで司会の紹介も合わせて行うとスムーズです。

複数の部署が集まると、

見知らぬ人が司会をやっている…

と思われることもよくあります。

宣言と合わせて、簡潔にまとめましょう。

  1. 年頭の挨拶または訓示

はじめの挨拶は、

参加者の中で役職が最も上の人が行います。

社長がいるならば社長に、

部署単位での集まりであれば部長、という具合です。

一番上の役職が複数人いる場合は、

年長者または勤続年数が長い方

お願いするケースが多いです。

会社によっては役職内の力関係など

複雑な要素が絡むことがあるので、

迷った場合は上司の方に

相談するのが良いでしょう。

来賓の方がいる場合は、

続けて来賓の挨拶に移ります。

簡単に人物紹介を行った後に

挨拶をいただきましょう。

  1. 乾杯の音頭

乾杯の音頭は、

参加者の中で役職が三番目に上の方が行います。

こちらも複数人いる場合は

年齢や社内の力関係を考慮して

お願いする方を判断するとよいでしょう。

もし「寸志」として

心づけを目上の方からいただいていた場合、

乾杯の音頭に入る前に紹介をしてください。

その際には寸志ではなく

「ご厚志」と呼び方が変わることに

注意してください。

複数人いる場合は、

役職が上の人から順番に紹介してください。

  1. 食事・歓談

司会より、食事と歓談を

楽しんでほしい旨のアナウンスを行います。

余興がある場合は、

後ほど余興があるという話も加えるとよいでしょう。

  1. 表彰、余興など

余興や表彰がある場合、進行をします。

参加者は少々アルコールが入った状態も多いので、

少し大きな声ではっきりと話すと確実です。

会社ごとにどういった流れになるか異なるので、

例年どのようにやっているかを

参加経験のある人に相談してもよいでしょう。

  1. 締めの一言、手締めなど

参加者の中で役職が二番目に上の方が行います。

こちらも複数人いる場合は

年齢や社内の力関係を考慮して

お願いする方を判断するとよいでしょう。

最後に三本締めなど

手締めを行うケースもあるので、

事前にどういった締めをすればよいかも

合わせてお願いをしておくとよいでしょう。

  1. 閉会宣言

最後に司会が、お開きの宣言をします。

二次会など、今後の予定がある場合は

合わせてアナウンスを行います。

ここで記したのは一般的な流れなので、

会社によっては「はじめの挨拶は新人」など

別のルールがある可能性に注意してください。

知らずに失敗した!とならないよう、

前年の幹事や同僚、上司の方に

確認をおこなうのが確実です。

準備も含めて、一人で悩まないよう

周りの人と連携して進めるようにしてください。

依頼のしかたは?断られたときの対処はどうしたらいい?

当日いきなり挨拶を振られても、

何を話せばいいか困ってしまいます。

挨拶を依頼する方には、

事前にその旨を伝えて

お願いをしておくのがマナーです。

可能であれば面と向かって

お願いをするのが最も丁寧ですが、

相手の都合もあり

なかなか難しい場合もあります。

そういった場合はメールでお願いをしましょう。

挨拶のタイミングと、

どれくらいの長さで話せばよいかの目安を

合わせて記載するとさらに丁寧です。

また、挨拶をお願いしたものの

断られるケースもあります。

そのような場合は無理にお願いをせず、

その方の意向を聞いてみてください。

若手にしてほしい、面白くて盛り上がるやつに、

などの方針があれば、

それを踏まえたうえで

上司の方に相談して決めるとよいでしょう。

まとめ

一般的に挨拶の順番は、

「はじめは役職が一番目、

乾杯は三番目、

締めは二番目に上の人」

と覚えてください。

会社の独自ルールや代役を立てる場合など、

上記の流れに合わない場合は

周囲と相談して

臨機応変に対応することが肝心です。

独断で行うと誤った判断をする場合があります。

いつもの仕事と同じように

「ホウ・レン・ソウ」

大切にすれば大丈夫です。

飲み会の席での幹事役、

意外とその評判が社内の評価に

つながることが多いですよね。

あいつに頼んだらしっかりやってくれる、

とポジティブなイメージを

つけるチャンスですよ!

社内のイベントだからこそ、

多少失敗したところで

笑い話になる程度です。

自信をもってイベントに

臨んでくださいね!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする