成人式!メイクを赤系で決めたいあなたへ!バッチリ決まる方法は?

スポンサードリンク

成人式というのは

子どもから大人へと変わる

第一歩でもあり、

人生の中でも大切な

行事になりますよね。

新しい門出でもある成人式、

女性は特に着物やメイク・髪型など

こだわる方が多いと思います。

私自身も成人式にそなえて

メイクはどういったものにするのか、

髪型はメイクに合わせて

どんな風に仕上げるか

たくさん悩みました。

着物なんて滅多に着る機会もないですし、

余計に気合が入りますよね。

今回はそんな成人式でのメイクについて

スポットを当ててみました。

着物に合うメイクは

どういったものがいいのか

まとめてみたので、

是非参考にしてみてくださいね。

振袖の色が薄めの場合は赤系が更に映える

スポンサードリンク

着物に合うメイクなんて

普段着る機会がなかなかないので、

わからない方が多いのではないでしょうか。

着物を着るときのメイクは

しっかりメイクをすること

大切になってくるので、

まずはここをしっかり抑えておきましょう。

特に薄めの色合いの振袖や

淡い色合いの振袖の場合は、

しっかりメイクをすることを

オススメします。

しっかりメイクの中でも

映える色として、

赤系がいいでしょう。

赤色のシャドウや

リップを入れることによって、

顔がぼやけないですし

振袖の色合いが薄いからこそ

メイクを赤系でしめてあげれば、

振袖の色も明るく華やかになるので

すごく綺麗な仕上がりになるかと思います。

普段の洋服でも全部の色をぼかすよりも、

メリハリをつけてあげた方が

かえってその洋服の輝きを

出すことができて

全体的におしゃれになりますよね?

それと同じです。

特に赤系は古風な印象を

与える色でもあるので、

まさに振袖にはぴったりの色合いです。

私自身、着物が薄めの色で

前撮りと成人式当日とでメイクが違いました。

前撮りはどちらかというと

振袖には合わせた薄く淡い色で、

成人式当日は赤系の色に

仕上げて頂きました。

私も家族も

成人式当日の赤系のメイクの方が好評で、

振袖に映えて上品に仕上がったと

言ってくれた記憶があります。

メイクの色合いでこんなにも

印象が違うんだなぁと感じたのと、

着物の印象も変わってくることに

驚かされました。

なので、振袖の色が薄めの場合には

赤系のメイクでしめてあげてください。

華やかにそして綺麗な印象を

与えることができるのでオススメですよ。

振袖がピンク系の場合は振袖の色に合わせたメイクを!

上記では振袖の色が薄めの場合には、

赤系のメイクがオススメと

お伝えさせていただきました。

しかし1つ注意点として、

ピンク系の振袖の場合

赤系のメイクではなく、

振袖に合わせたメイクを

することをオススメします。

というのも、

ピンクと赤は同系色になりますし、

また同じ同系色でも

濃さがハッキリわかれるので

その場合はどちらかに

合わせた方がいいからです。

例えるなら、

ピンクはかわいい系で赤はきれい系で、

下はかわいい系なのに上はきれい系だと

なんかアンバランスになってしまいますよね。

だからバランスをとるためにも、

ピンク系の場合には

振袖と合わせた方がいいのです。

私の友達にも

ピンク系の振袖を着てきている人が

たくさんいました。

メイクを見てみると

やはり振袖の色合いに合わせた

仕上がりになっていたのを、

今でも覚えています。

中には濃いメイクにしている人もいましたが、

振袖と合わせた方が

メイクも振袖も一体感があって

きれいだなぁと感じました。

なので、ピンク系の振袖を着る場合は、

赤系などハッキリする色合いの

メイクをするのではなく、

振袖と合わせたメイクをするようにしましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

振袖だからこそ、

どんなメイクを合わせたらいいのか

悩みますよね。

メイクの色合いひとつで

顔の印象が変わってきますし、

振袖の美しさを消さないような

メイクに仕上げなければいけないので、

すごく難しいです。

ひとつひとつどの色合いがこれで、

と覚えるのも大変なので、

薄い色合いは赤系のハッキリした色、

ピンク系の場合は同系色に仕上げると

覚えておくといいかと思います。

一生に一度の成人式を大切な思い出にしてくださいね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする