夏フェス攻略法!押さえておこう飲み物のチョイス!

スポンサードリンク

夏の野外ライブは猛暑との戦いです。

最近、話題になる熱中症対策は必須です!

しかしながら、持込に際しては、

制限があるところがあります。

缶・ビンはごみになることもあり、

どこの会場もNGです。

ペットボトルも入り口で没収

されてしまうところもありますので、

参加するライブの規則がどうなっているか、

必ず、チェックしましょう。

喉が渇く前に水分補給は

まめに必要になりますので、

現地購入のみでの対応はお財布にも

厳しいですよね。

何らかの形での持ち込みは

許可されていると思うので、

夏フェスを熱中症で

台無しにしないためにも

飲み物はしっかり確保しましょう。

「どんなドリンクがGOOD?

スポンサードリンク

ライブ観戦中に

マメに水分補給するのは、

喉の渇きを潤す以上に

熱中症対策が目的。

ただ、水分をがぶ飲みしているばいい

というものでもありません。

熱中症対策に対応できるドリンクを

チョイスしましょう。

まぁ~間に好みで飲むならいいのですが、

飲みすぎに注意したい

NGドリンクは、

コーヒーなどカフェインの入った物。

緑茶などの濃いお茶。お酒(アルコール類)。

少々お高めではあるようですが、

アルコール類は、飲みすぎ防止のためにも

程ほどにたしなむ程度にしておいた方が

よいかと思います。

酔っ払って、気分が悪くなっても、

周囲に絡んでもトラブルのもと

になりかねませんしね。

それでは、どんなドリンクが

いいんでしょうね。

熱中症には、スポーツドリンク

知られたところですが、

意外と、スポーツドリンクって、

糖分が多いですよね。

糖分が摂取過剰になってしまいますね。

スポーツ飲料とは違うのですが、

熱中症に効果的なのが

CMでも有名な経口保水液です。

薬局などで、OS-1という商品名

で売られています。

熱中症をはじめ、

下痢や嘔吐などで起こる

脱水状態の時に電解質

(ナトリウム・カリウム・マグネシウム)

等を多く含み、

しかもすばやく体内に吸収されるという

ドリンクです。

もともと、

病人向けに作られたものであるので、

1日摂取量も決められています。

熱中症の症状が出た時の役には立つので、

常飲は出来ませんが、

万が一の備えに用意してくのは

いいのではないでしょうか。

また、

キャンプ用品売り場に売ってるような

ナルゲン」ボトルに

手作りのイオン水

作ってもっていく

なんてどうでしょうか。

"ナルゲン 水筒"をお探しなら価格.comへ。全国のネットショップの価格情報や、人気のランキング、クチコミなど豊富な情報を掲載しています。たくさんの商品の中からあなたが探している"ナルゲン 水筒"を比較・検討できます。

水 500ml

砂糖 大さじ弱(きび砂糖・はちみつなどがいい)

塩 小さじ1/4

(精製されたものではなく、ミネラルたっぷりの自然塩)

レモン汁 大さじ1

これを混ぜるだけで出来上がりです。

余談っですが、ポカリスエットは、

この倍量のお砂糖が入っています。

そして、以外と思われるかもしれませんが、

最近の研究で「麦茶」は熱中症に効果的

という研究結果がでています。

ミネラル入り麦茶」というネーミングの麦茶を聞いたことありませんか?

麦茶とミネラルウォータを呑み比べた時、

体温の変化も、麦茶は1.7℃、

ミネラルウォーターは

0.6度の上昇となったとの事。

麦茶の成分に秘密があるようです。

糖分の心配もなく、

熱中症に効果のあり!といえば、

夏フェスに利用しない手はないですね。

『夏フェスドリンクベスト5

それでは、夏フェスドリンクベスト5です。

① 麦茶 これを、ボトルに入れて凍らせて持っていきます。

1本の1/3程度麦茶を入れて

凍らせましょう。

もう1つは凍らせないで、

持っていきます

意外とボトルの凍った氷は長持ち

するので、もう1本の凍ってない麦茶を

あけて飲むと冷え冷えで飲めます。

また、ボトル持込の人限定で、

無料で給水サービスが

受けられるところがあるようです。

② パウチ系のポカリスエットスポーツドリンク

こちらをガチガチに凍らせたものを、

自分で用意するのもいいですし、

途中コンビニで用意してもOK。

タオルにまいて首に押し当てると

体温を下げるのにも一役買います。

手作りのイオン飲料

④万が一熱中症になった時用の 経口保水液

ミネラル水かもしくは炭酸水

まとめ

熱中症予防に最適な水温は、

8℃~15℃なので、

保冷パックや保冷性のある

ドリンクホルダーを使ってできるだけ、

適温で水分補給はしたいものです。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする