知らなきゃ損!お得なえきねっと、予約いつから?

スポンサードリンク

旅行の時などによくお世話になる

「えきねっと」ですが、

詳しく知っていますか?

えきねっとを利用するには、

会員登録(無料)」が必要になります。

えきねっと会員向けの

割引切符もあるそうですよ。

えきねっとのお得な切符について、

簡単な説明をしながら

紹介していきたいと思います。

えきねっとで予約できる切符とは?

スポンサードリンク

全国のJRの列車の指定席自由席

スマートフォンやパソコンから

予約することができます。

JR東日本の新幹線だけではなくて、

JR東海やJR西日本などの

新幹線の列車予約もできます。

えきねっとでは、主に

えきねっとトクだ値」、

お先にトクだ値」、

通常のきっぷ」、

といった種類の切符を

購入することができます。

切符はインターネットで

予約・決済することで、

駅で受け取りができます。

受け取れる駅はJR東日本の各駅と、

JR西日本の北陸新幹線各駅となります。

・えきねっとトクだ値

 

「えきねっとトクだ値」は、

えきねっと会員だけのお得

ネット限定割引がある切符になります。

東北、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線の

主要区間限定でのネット予約が可能で、

利用日当日でも購入することはできますが、

列車・席数は限定で人気列車は

早めに売り切れることも多いようです。

 

・お先にトクだ値

 

「お先にトクだ値」は、

えきねっと会員限定の早割型

ネット限定割引がある切符になります。

東北、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線の

主要区間限定でのネット予約になります。

・通常のきっぷ

えきねっとで予約・購入し、

窓口で受け取る普通の切符になります。

駅の窓口などで発売されている切符と

同じ価格、内容の切符です。

事前にチェック!えきねっとの予約受け付けは何日前から?

えきねっとは基本、

緑の窓口で予約受け付けを開始する

1か月前よりも更に前、

1か月と1週間前

予約希望を出すことにより、

緑の窓口よりも先に

「予約を希望していますよ」という

予約の予約みたいな感じで

切符の予約を行うことができます。

しかし、予約確定ではないため

切符が予約できなかったりする場合も

あるそうです。

この予約が難しい場合とは、

ゴールデンウィークやお盆、夏休みなど、

長い連休の時などは、

予約希望が殺到するためと言われています。

実際に、予約希望を出してから、

予約が確定するのは、1か月前になります。

そのため、

予約希望は3つまで出すことができ、

この仕組みを知らない人は

1か月前の朝から予約を取ろうとしても、

既に売り切れ状態になっていることが

多いようです。

えきねっとで予約して発券するとポイントが付いてくる!

えきねっと会員が、

パソコンやスマートフォンから、

えきねっとでJRの指定席券を

予約申し込みをして購入した場合、

購入した状況や切符の受取方によって

ポイントは前後しますが

必ずポイントがもらえます。

例えば、えきねっとで予約していた券を

指定席券売機で発券したときには、

指定席券1枚に付き30ポイントがもらえて、

窓口での発券のときは、

20ポイントがもらえます。

貯まったポイントは、

Suicaポイントや商品券などに

交換することができます。

えきねっとの1ポイントが

2.5Suicaポイントになります。

400ポイントで1000円分の

びゅう商品券」や「Suicaカード」などに

交換することもできます。

Suicaカードに交換ではなく、

えきねっとポイントから

Suicaカードや

ビューサンクスポイントなどにも

変えることができるそうですよ。

えきねっとポイント1=Suica2.5円分、

と考えればいいと思います。

まとめ

えきねっとを使って

格安で旅行の計画を

立てることができるので、

家族での旅行などを

計画しているお父さんなどには

もってこいです。

えきねっとの予約できる切符にも

種類があります。

種類によっては、

お得感が変わることもあるので

えきねっとで予約するときに

きちんとみてくださいね。

窓口で買うより、

えきねっとで買うことでポイントが貯まり、

貯まったポイントを

交換することもできるので、

切符同様お得になるえきねっとで

切符を予約してみませんか?

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする