どこにあるの?娘を喜ばせる、サンリオタウンの場所とは?

スポンサードリンク

ディズニーリゾートや

ユニバーサルスタジオなど、

小さいお子さんから大人まで楽しめる

テーマパーク

その中でも女の子に人気の場所が

サンリオピューロランドですよね。

小さい頃やもしくは女の子がいるご家庭は、

もう行ったことがあるかもしれません。

私は、サンリオピューロランドに

今まで行ったことがないです。

どちらかというと、

幼少期はサンリオみたいな

女の子がすきなものより

戦隊ヒーロー系がすきで

男の子がすきなものを好んでいたので、

サンリオピューロランドに行くなら

ヒーローショーに行きたい!

という子どもでした。

ディズニーリゾートや

ユニバーサルスタジオなどは

大人になっても行けますが、

サンリオピューロランドは

なかなか足を運ぶことができず、

今に至っています。

結婚をし、子どもができたら行けるかなと

思っていたのですが、

男の子なので行く機会はなさそうです…。

ただ、小さい頃、

テレビでサンリオの番組が

朝の時間帯でやっていて、

こんな場所があるんだなぁと

画面越しで観ていた記憶があります。

そんなかわいいものがたくさんな

サンリオピューロランドですが、

サンリオタウンというのができるのは

ご存知でしょうか。

特に、女の子がいるご家庭は

娘さんに喜んでいただけること

間違いないと思います。

今回は、

サンリオタウンについてまとめたので、

特にパパさんは必見です!

是非、今後の参考にしてみてください。

サンリオタウンの場所は?

スポンサードリンク

サンリオタウン、

実は新しくできる新エリアなんです。

そもそもサンリオピューロランドは、

東京都の多摩市にある

サンリオキャラクターに会える

屋内型テーマパークです。

なんと行っても屋内なので、

雨の日も濡れることを

気にせず遊べるのはいいですよね。

このサンリオピューロランド、

大幅リニューアルをするんです。

その規模、全体営業面積の約5分の1です。

すごいですよね。

その中で7月20日(土)

新エリアとしてサンリオタウンが

オープンするかたちとなっています。

サンリオピューロランド内の

1階と2階の一角

サンリオタウンができるそうです。

このエリアは、

サンリオキャラクターの世界に

触れ合える場所

というコンセプトになっていて、

キャラクターと触れ合う・語り合う、

遊ぶスポットとして、

ハローキティ、マイメロディ、

リトルツインスターズを中心に

4つのアトラクション

1つのレストランを展開します。

キャラクターの

個性を生かしたコーナーもあり、

とても楽しめる内容となっています。

さらに、レストランと

グッズ売り場も拡大していて、

レストランでは

キャラクターメニューを提供したり、

各アトラクションに付随する

グッズ売り場には、

アクセサリーや

ステーショナリーを中心とした

オリジナルグッズの販売もするそう。

遊んでも楽しい、食べても楽しい、

買っても楽しい…

楽しいづくしのサンリオタウン!

是非今年の夏の思い出として、

足を運んでみてはいかがでしょうか?

サンリオタウンのアクセス方法は?

このサンリオタウン、

アクセス方法はご存知でしょうか?

私は正直、足を運んだことがないので

どういったら行けるのか全くわかりません…

初心者でもわかりやすく行ける

アクセス方をお伝えします。

サンリオピューロランドは、

東京都多摩市にあります。

まず、電車でご利用の方は、

京王線・小田急線・多摩モノレールから

多摩センターで降りていただき、

サンリオピューロランドまで

大人の足で大体5分くらいで着きます。

でのご利用の方で、

千葉・茨城・東北方面からお越しになる場合、

中央自動車道を、町田・川崎・横浜方面からお越しになる場合、

東名高速を、相模原方面からお越しになる場合は、

圏央道を通って、

サンリオピューロランドに

行くかたちとなります。

また、駐車場は全部で3箇所ありますが、

土日や祝日など混雑が予想される場合には、

早い時間帯で満車になる可能性も

ありますので注意が必要です。

ちなみに駐車料金は1時間240円で、

15時間券が利用可能となっています。

まとめ

どうでしたでしょうか。

今回足を運んだことのない

サンリオピューロランドについて

まとめさせていただきましたが、

正直、今は行ってみたい気持ちで

いっぱいになっています。

新エリアのサンリオタウンができたら、

落ち着いた頃に行ってみたいと思います。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする