隅田川花火大会2017年の穴場5選&場所取りマニュアル

スポンサードリンク

「た〜まや〜♪」

お酒片手につまみを食べながら、花火鑑賞…

くゥゥ〜、考えただけでも

ワクワクしてきますよね。

夏の代名詞といえば、花火大会

大学のサークル仲間とワイワイ鑑賞!

…なんて方も多いのではないでしょうか?

そんな時、大抵場所取りを命じられるのは

1年生の役目…。

人気の花火大会というだけあって、

場所取りも命懸け!

(←ってそれは言い過ぎか^^;)

ちゃんと場所を確保出来るか心配で

気が気でないそこのアナタっ!

ここでは、隅田川花火大会穴場

場所取りにスポットを当てて、

ご紹介していきます。

せっかくの花火大会なのですから、

しっかり穴場を抑えて

ここはいっちょ、みんなからの株を

上げちゃいましょう!

それでは早速〜

場所取り担当も一安心!隅田川花火大会の見どころ・穴場5選

スポンサードリンク

今年(平成29年)の隅田川花火大会は、

《平成29年7月29日(土)》

《午後7時05分から午後8時30分》

の開催予定です(`・ω・´)

隅田川花火大会の公式HPはこちら→

江戸時代に八代将軍徳川吉宗が打ち上げた「両国川開きの花火」を起源とする日本最古の花火大会。夏の夜空を彩る花火の競演による感動を100万人近い人々と一緒に分かち合いましょう。

隅田川花火大会といえば

二つの会場で開催されるので、

見どころ・穴場も会場別で分けてみました★

■第一会場(浅草エリア)

  • 銅像堀公園の周辺

公園周辺の遊歩道から、鑑賞が可能。

花火大会当日は入園禁止なので要注意。

  • 汐入公園内土手

ゴミゴミしたところから離れるので、

臨場感よりも

まったりと鑑賞したい方にオススメ。

  • 白髭橋

花火大会打ち上げ中は橋の上で

立ち止まって見ることは出来ないので

ながら見にはなってしまいますが、

スカイツリーとのコラボ

見応えバッチリ!

インスタ映えバッチリ!

  • 隅田公園

眺め重視の方はこちらがオススメ♪

ただし、人気の観覧場所なので

場所取り争奪戦は心してくるべし。

  • 水戸街道(国道6号)

地元の方の穴場スポットとも

いわれています^ ^

第一会場に居ながらにして、

第二会場の花火も鑑賞することが

出来るおトク感のある場所です★

■第二会場(両国エリア)

①駒形どぜう前

間近で花火が打ち上がるので、

迫力重視の方はこちらがオススメです。

場所取りも

夕方からの交通規制直後からOKなので、

場所取りにありがちな

前日から泊まり込みでの体力を

使うこともないですね♪

②東駒形三丁目交差点近辺

建物の隙間からよく見える位置を

探すのがポイントです★

打ち上げ場所からは離れてしまうので、

ゆっくり観たい方へ。

③駒形橋

第一会場と第二会場の間にある橋なので、

両方楽しみたい欲張りさんへ

オススメ(*゚∀゚*)

こちらも立ち止まっての鑑賞は出来ないので、

ゆっくり鑑賞には不向きです。

④清澄通り

周りに高い建物がない為、

花火が見えやすいスポットです★

ただし、たくさんの屋台が軒を

連ねているため混雑します(*_*)

みんなで一緒に観覧OK!場所取りマニュアル

・まずは花火大会の概要を頭に入れて

大規模な花火大会だからこそ、

知識は入れておきたいもの。

公式HPウィキペディアなどにも

概要が載っています♪

ちょっとした話のネタにもなるかも^ ^

・事前に花火の打ち上げ場所を下調べすべし

「良い場所を、良い場所を…」と

ついつい花火の見応えばかりに

気を取られてしまい、

いざ打ち上げが開始されると、

「ち、近すぎる…。首がイタイ。」

なんてことにもなりかねませんので

事前打ち上げ場所も確認しておくと

より花火が楽しめますよ。

・近くのトイレもチェック

野外でのイベントで

忘れちゃいけないポイントは

「トイレの場所」

良い場所が確保出来てもトイレが遠いと

いざという時、困ってしまいますね^^;

【場所取りに必要な物】

・ブルーシート

(人数に合ったサイズのものを)

・帽子

(場所取り担当の方は必須)

・折り畳み椅子

(長時間の場所取りは足にも堪える)

・ゴミ袋

(会場にゴミ箱が設置されている箇所は

あまりないので)

・懐中電灯

(これで暗い所での場所取りも安心)

・虫除けスプレー

(案外見落としがち。

公園付近では必須アイテム)

・うちわ

(じっとしていては

無風になることもあるので)

・タオル

(暑い時はもちろん、寒い時の防寒にも)

・ウエットティッシュ

(食べ物で汚れた手をサッと拭けます)

まとめ

いかがでしたか?

良い思い出作りには、

何事も下調べが必要です。

下調べが済んだら、いざ実行!

となるわけですが、季節は夏。

場所取りという大役を

任されているあなたも

花火大会前に熱中症にかかって

しまっては元も子もないです(*_*)

こまめに水分補給をし、

熱中症には十分注意をしながら

ひとりで場所取りをしないことも

大切ですね。

また、マナーを守って

必要な人数分のみのスペース確保を

心掛けるようにしましょう。

それでは、あなたが良い観覧場所を

見つけられますように!^ ^

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする