暑中見舞いの例文 親戚の方へ出すならこんな感じ

スポンサードリンク

メールでのやりとりが

主流になっている現代。

夏の暑い時期に、

涼し気なイラスト入りの

暑中見舞いのハガキをいただいたりすると、

とてもうれしいですよね。

でも、自分が書いて出すとなると話は別。

親しい友人にメールを送るのとは、

勝手が異なりますよね。

親戚や、目上の方に

失礼のない暑中見舞いを出すには、

一体どんなことに気をつけて

書いたらよいのでしょう。

暑中見舞いの例文を調べてみました。

暑中見舞い、基本の形はこれ!

スポンサードリンク

まずは、暑中見舞いの文面の、

基本の流れを押さえましょう。

そんなにかしこまる必要も

ないかとは思いますが、

ある程度基本に従って

書くことをお勧めします。

受け取る側にとって、

あなたの印象がよくなると思いますよ。

<基本>

①見舞いの言葉

・暑中お見舞い申し上げます。

※やや大きめの文字で書きましょう。

②時候のあいさつ

(例)

・厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

・毎日暑い日が続きますね。

・ご家族の皆様には、

お元気でお過ごしのことと存じます。

・真夏日が続いておりますが、

お変わりなくお過ごしでしょうか。

・蝉の声が、日増しに

にぎやかになってきました。

皆様には、お変わりなく

お過ごしのことと存じます。

③自分の近況、お礼など

(例)

・おかげさまで、

私たち夫婦も元気に過ごしております。

・ご丁寧に暑中お見舞いをいただきまして、

恐れ入ります。

(暑中見舞いをいただいたお礼)

・このたびは、

ご丁寧なお心づかいをいただき、

本当にありがとうございました。

(お中元のお礼など)

④相手の健康を気遣う言葉、無事を祈る言葉

(例)

・時節柄くれぐれもご自愛のほど

お祈り申し上げます。

・今年の夏は、

例年よりも暑くなるそうです。

お体を大切にお過ごしください。

・暑さ厳しい折、

お体には十分お気をつけくださいませ。

・まだまだ暑さが続くかと思われますが、

皆さまどうかご自愛の上お過ごしください。

⑤日付

(例)

・平成〇〇年  盛夏

・平成〇〇年  〇月

いかがでしょう。

暑中見舞いは、

この基本の流れに沿って書くとよいですよ。

さらにワンランク上へ!気の利いた一言を添えてみよう

暑中見舞いは、相手の方へ

真心」をお届けするもの。

もちろん、基本の定型文を

並べただけでも大丈夫。

相手の方へ十分気持ちは

伝わると思いますよ。

でもせっかくだから、

気の利いた一言

ちょっと添えてみませんか。

相手の方に、もっと喜んで頂けるはずです。

例えば、相手の方に

お子さんがいらっしゃる場合は、

お子さんのことを

話題にあげるのはいかがでしょうか。

(例)

・〇〇さんは、夏休み中も

部活が忙しくて大変ですね。

・〇〇さんも、また一段と

背が伸びたのではないでしょうか。

また、お中元のお礼もかねている場合は

「このたびは、お心のこもったお中元の品を

お送り頂き、ありがとうございました。」

というお礼のひとことを書きますよね。

そのあとに、

「家族でおいしくいただきました。」

というように、何かつけ加えると、

より感謝の気持ちが伝わると思いますよ。

あまり気負わずに、

楽な気持ちで書いてみましょう。

暑中見舞いと残暑見舞いの違い

ちなみに、暑中見舞いのハガキは

いつ頃出せばよいのでしょう。

一般には、

小暑の7月8日頃から立秋の8月9日頃まで

とされています。

梅雨があけて、暑さが本格的になった頃に

出すことが多いでしょう。

その時期を過ぎると、

残暑見舞いになります。

ご注意くださいね。

残暑見舞いは、

8月中に送るのが

通例になっているようです。

まとめ 

関連記事 

長い夏休み。 子どもでも、先生や親戚の方から 暑中見舞いのハガキをもらったら うれしいですよね。 で...
暑中見舞い、どう書くか悩みますよね〜! 特にお世話になった恩師に向けて、とか、 親戚、とかいろいろありますよね・・。 ...

暑中見舞いは、

年賀状と比べて送ることも少なく

何を書いたらよいのか

分かりにくいですよね。

しかも、親戚の方・目上の方に送るとなると

さらに気を遣います。

そんな場合でも、

基本の形を押さえて書けば大丈夫。

ハガキを出す時期にも気をつけましょう。

少しでもこの記事が

お役に立てればうれしいです。

相手の方に、

あなたの真心が伝わりますように。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする