虫取り網を忘れた!こんなときのための作り方ガイド

スポンサードリンク

夏といえばキャンプ!

家族でキャンプをされるご家庭も

多いのではないでしょうか^ ^?

好奇心旺盛な

お子さんを持つお父さんは、

お子さんと一緒に

虫取りをする機会も

あることかと思います。

キャンプというだけで、

着替えや食事の用意、

テントや救急セット、

その他沢山の持ち物が

ありますよねε=┌(; ̄◇ ̄)┘

準備に気を取られるあまり、

ついうっかり

子どもの虫取り網を忘れた!!

なんて経験もあるのではないでしょうか?

そこで

これからご紹介するのは、

店で買って来なくても

虫取り網の構造を理解し、

手作り出来る様に

必要な物や

作り方のご説明をしていきます。

是非★興味のある方は

参考にしてみて下さいね(o^^o)

虫取り網の構造と材料

スポンサードリンク

では、まず初めに

虫取り網の構造から

理解していきましょう♪

構造はいたってシンプルで、

柄・網の枠(フレーム)・網の

3つのパーツから作られています(^_^*)

「柄」の部分は、

長さを伸ばしたり

縮めたり出来る伸縮性のある物から、

柄自体は伸びないが、

用途や使う人の体格によって

柄の長さを選ぶことの出来る物の

2パターンあります。

材質は木製から金属製までさまざまで、

重さも材質によって異なります。

お子さんが使うものは

なるべく疲れない様、

柄の重さ握りやすさ

太さなどにも配慮が必要です。

「網の枠(フレーム)」部分は、

子ども用大人用

大きさに違いがあります。

材質は、

D型アルミパイプという物を使っており、

強度が高く、軽いのが特徴です。

「網」の部分は、

魚を捕まえる時に使う魚網よりも

網の目が細かく、

素材も柔らかい物が多いです。

こちらも網の枠同様、

子どもと大人用で

大きさに違いがあります。

材質は、柔らかいチュール地で

出来ている物が多く、

捕虫時に昆虫の羽根を痛めにくいように

柔らかい素材を使用しています^ ^

網の枠と網の境い目には

ナイロン素材を縫いつけてあるものが

多く販売されており、

より破れにくいように

補強してあります^ ^

分かりやすく説明しよう!虫取り網の作り方

それでは、虫取り網の構造や

使っている素材を踏まえ、

今度は自分で

オリジナルの虫取り網を作ってみましょう♪

■用意するもの

・身の回りにある棒

・針金ハンガー

・要らなくなったレースカーテン

・針金

・ビニールテープ

・裁縫道具

■作り方

①針金ハンガーを解体し、

一本の針金に戻したら

虫取り網の枠を作る。

*その際、

ただ丸の枠を作るだけでなく、

柄を取り付ける部分を残しておく。

②用意しておいた棒は

針金ハンガーの柄を

取り付ける部分と一緒にし、

針金で固定。

さらにその上から

ビニールテープで補強する。

③あとは、レースのカーテンを

枠に縫いつけて

マチの部分も縫ってあげれば、

簡単に自作虫取り網の完成です(o^^o)♪

参考にした外部サイトがあります^ ^

写真付きで

分かり易く解説してありますので

是非ご覧下さい★↓

虫捕りのハイシーズンがやってまいりました。 皆様、童心に帰り、手作りの虫捕り網で野山で虫捕りはいかがでしょうか? 用意するもの ・棒(長さはお好...

他にも「うちわの枠」と

「ファスナーの壊れた洗濯ネット」で

ハンディタイプの虫取り網を

作っている方もいらっしゃいました★

こちらがそのサイトです(o^^o)↓

筆者も主婦目線ですが、

100円ショップなどでも

手軽に買える洗濯ネットは

大変重宝するのですが、

毎日のお洗濯で

チャックがすぐに

壊れてしまうんですよね…(ㆀ˘・з・˘)

今までは洗濯ネットが壊れたら

捨てていたのですが、

虫取り網にリメイク出来るなら

これからは

使えそうなサイズのネットは

壊れても取って置こうかな★

と思いました♪

しかし、

出先で針金ハンガー

持ち歩いていたり、

チャックの壊れた洗濯ネットを

常備しておくことは

なかなか状況としてもないですよね^^;

であればここはひとつ、

お父さんの株を上げる為に

あえて虫取り網を買っておかず、

手作り虫取り網の材料を車に積んでおき、

いざお子さんにせがまれた時に

ササッと作ってあげるのも

お子さんの目には

かっこいいパパに映ること間違いなし!

と筆者は思います( ^ω^ )★

まとめ

関連記事 

子どもの頃、 誰もが一度は使って 外で遊んだ覚えのある虫取り網。 そんな私たちも大人になり、 今度は自分の子...

虫取り網は各パーツごとに

お店で揃える事も可能ですが、

それぞれを購入するには

費用がかなりかかります。。

最近では100円ショップなどにも

取り扱いのある虫取り網ですが、

せっかくのキャンプで

魚を釣ったり、

火をおこして料理を作ったりする

野外でのものづくり活動は

普段の何倍も

子どもの脳裏に強く焼きつく

想い出になりますよね^ ^

そんな時は既製品ではなく、

虫取り網の作る工程から

お子さんと一緒にものづくりを楽しみ、

より親子の絆を深めてみては

いかがでしょうか?♪

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする