予測できるか?長島スパーランドのプール、混雑状況

スポンサードリンク

夏といえばプール!!

暑い中プールで泳ぐのは

気持ちがいいですよね。

夏だとやっぱり少しでも

涼みたいですよね〜。

夏休みに家族で行けば思い出にも

なりますもんね!

長島スパーランドの料金について説明。

ジャンボ海水プール入場券

(遊園地入場、プール利用)

3500円 小学生2700円

2歳以上1500円

ワイドパスポート

(遊園地入場、のりもの乗り放題、

プール利用)

6400円 小学生4800円

2歳以上2800円

ジャンボ海水プールチケットのみ購入

(遊園地入場済の方)

2800円 小学生2100円

2歳以上1200円 です。

長島スパーランドの混雑、

すごいですよね・・・。

できればせっかくのプールなんですから

ゆっくりまったり気持ちよく泳ぎたいです。

家族で行くなら、

なおさら予測して行きたいものですよね。

夏休み期間、どこを狙えばいいのか、

どの時間帯がいいのか!

調べてみました!

プールをとことん楽しみたい!狙うなら、この日程!

スポンサードリンク

夏休みは、日程関係なく

どの日も混んでしまいます・・・。

計画なく行くと駐車場につくまでも、

2時間以上かかることもあるとか。

夏休みに行くのであれば、

朝8時に着くつもりで出発するのがベスト!

さらに意気込みたい方は

朝6時に着くといいでしょう!!

夏じゃなければ、1月〜3月は連休以外は

問題なく楽しめます。

9月は夏休みほどではないですが

あなどれない、といったところでしょうか

10月〜11月はようやく

混雑は落ち着きます。

連休以外は余裕で楽しめますよ。

12月は1〜3月、10〜11月と

同じようです。

やはり、夏休みは侮れないですね!!

行ったからにはとことん滑りたい!!狙うならこの時間!

スライダー、やっぱり行ったからには

滑りたいですよね〜!

でも待ち時間がもったいない・・・と

みんな思いますよね。

そこで、最初に販売窓口で

スライダー専用リストバンドを購入します。

各スライダー”優先専用通路”があるので

そこから入場するのがいいですね!

そして新作のスライダーは人気があって

混んでしまうので、

以前からあるスライダーから攻めていくのが

効率よくスライダーを滑れます。

スライダーの紹介もしてみようと思います。

・ブーメランツイスト

新しくできたスライダーですね。

6人乗りのボートで左右に滑り、急上昇、

急降下していくスリルがすごいです!

・ビッグワンスライダー

4人乗りのボートに乗り、高さ25mから

ラフティグ!

全長250mなのですごい迫力が

ありますよ!

・トルネードスライダー

6種類の12レーンもあります。

複雑に絡み合って曲がりくねった

構造をしています。

前方もわかりづらくて

なにがなんだか!!!となるはずです。

6種類あるので是非制覇してみてくださいね。

などなどあります。

スライダーも朝一から制覇すると、

待ち時間が少なく楽しめることでしょう。

長島スパーランド、最後に。楽しみ方!

夏休みだと、混んでしまうのは

当然ですよね。

混んでるのがわかれば、対策をして

いきましょう!

上記に書いた通り、朝8時に着くようには

行く、もっと早ければ朝6時。

スライダー系は入場してすぐに制覇、

以前からあるものから滑っていく!

流水プールも混んでしまうので、

流水プールも最初の方に遊ぶこと!

流水プールが混んできたら、

食事したり、休憩しましょう。

そして

ほかのアトラクションプールで遊ぶと

いいと思います。

最後にのんびりできるプールに行って

ゆったりと楽しむと、きっと効率よく

全制覇できることでしょう。

スイムショップなどもあり、

水着、ビーチサンダル、浮き輪など

水泳用品が販売してます。

つい忘れちゃった〜って方にも

安心ですね!

そして水遊び用オムツも売っているので

お母さんは安心ですね!

他にもいろいろなものが充実している

長島スパーランド!

計画を練りたて行けば楽しめますので、

是非夏の思い出にしましょう!!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする