舌ピアスは自分で穴開けできる?開け方を教えて!

スポンサードリンク

舌にピアスを開けてみたい!

そんなときに思うのは

「自分で開けることができるのか?」

という疑問ではないでしょうか。

耳にピアスを開けるのはピアッサー

などを使えば簡単には開けることが

出来ますが、舌の場合にはどう

なんでしょうか?

耳にピアスの場合はピアッサー

じゃなくて、安全ピンなどでも開ける人

がいるのですが舌の場合にも安全ピンで

開けることは可能なのか?

それともやめておいた方がいいのか、

わからないことが多いと思います!

そこで今回は、舌にピアスの穴を

自分で開けるにはどうしたらいいのか

などピアスの穴を開けるところから

開け終わった後までの、知らなきゃ

怖いかも!?なことをご紹介するので

きちんと理解した上で舌にピアスの

穴を開けてくださいね!

自分で開けるには細心の注意を!安全ピンでは絶対開けないで!

スポンサードリンク

自分で開けるときには、

舌の裏の中央にある筋と、舌の左右に

ある静脈に間違って穴を開けてしまうと

舌が裂けてしまったり大出血を

起こしてしまったりするので、

とても危険なので穴を開ける位置には

十分注意が必要になります。

舌には人それぞれ厚さが違いますが、

耳とは全くといってもいいくらい

の厚さの違いがあります。

そのため安全ピンで舌にピアスの穴を

開けようとすると、まっすぐに穴

が開かずに斜めになってしまうことが

多いそうです、そして衛生面で

一番悪いと言われているので絶対に

安全ピンで開けないでくださいね!

舌ピアスは舌ピアス専用のピアッサー

だけじゃなくて、ニードル等で開ける

ことができます。

舌ピアス専用のピアッサーは、

痛みが少なく簡単に開けることが出来る

のですがピアスの穴が荒くなることが

あるそうです。

ニードルはピアッサーと比べると、

綺麗に穴が開くのでピアスの穴が

荒いということはありません。

ちゅうちょさえしなければ、

まっすぐに穴が開けられます!

自分で開けるには舌ピアス専用の

ピアッサーかニードルを使ってきちんと

消毒などを行ってから開けるように

しましょう!

消毒は穴を開けるのに使うもの

全て行ってくださいね。

穴を開ける場所もきちんと

理解した上で行わないと、大量出血

などの恐れがあるため本当に気を

付けて穴を開けるようにしてください!

開け方を間違えると腫瘍ができることも…生半可な覚悟で開けないこと!

まっすぐに穴が開かずに斜めに

穴が開いてしまったりすると・・・

はじめは小さなポコっとした

痛みのないできもの」ができます!

気にせずに放っておくと

気付いたときにはピアスホールを

被うようなドーナツ型になってしまい、

このころには触ると痛みがあります

このときくらいには、自分でできる

抗生物質が入っている軟膏で処置

していかないとどんどん悪化

してしまい、ピアスホールの周りが白く

変色してザラザラしてくると言われて

いるんですよ!

また穴が斜めなど関係なく、

自分では気付かず無意識でピアスを舌で

転がしたりしていると、ピアスが

当たったことによって口の中に腫瘍

ができるような場合もあるんです。

腫瘍は1ヶ月ほど経つと腫れが

引いてくるそうで慣れるようですが、

無意識にピアスを転がすため何度も

口の中に腫瘍が出来てしまうようです。

そのため、おしゃれで開けたはずが

見映えが悪くなってしまいます。

中途半端な気持ちで舌ピアスは

開けないようにしましょうね!

まとめ

舌ピアスは、自分で開けることは

出来ますが耳にピアスの場合などに

比べるとかなりハードルが

高いようです。

舌の裏には舌を動かす筋や舌の

左右にある静脈により開ける場所を

間違えると一大事です。

そしてなにより、舌は厚さがあるので

まっすぐに穴が開かずに斜めに

なってしまうことが多いそうなので、

注意が必要になってきます。

安全ピンで開けてしまうと衛生面

不安がとてもありバイ菌が入る恐れ

が非常に高いです。

安全ピンでは絶対にピアスの穴を

開けないでください!

もし、斜めに穴が開いてしまったり

すると・・・その後ピアスホール周辺

などに腫瘍が出来てしまうことが

あるので十分注意しておきましょう。

まっすぐに穴が開けられた場合でも、

ピアスを無意識に転がしてしまう

と口の中に腫瘍が出来る可能性が

あるので覚えておいてくださいね!

舌ピアスはおしゃれに見えますが、

その後のことも考えて細心の注意を

はらって最終決断をしてくださいね!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする