2017年花火特集盛岡花火の祭典の日程と穴場情報をまとめ!

スポンサードリンク

日本の夏といえば花火ですよね。

夏の夜空に輝く花火は本当にきれいで、

まさに日本の夏だなぁと感じます。

もはや、花火がないと

夏という感じがしないくらいです。

私の母親は花火は好きなんですが、

人混みが苦手なので

家の外からみているか、

テレビの中継で

花火を楽しんだりしています。

毎年、隅田川花火大会の中継は

欠かさずと言っていいほど

見ていましたね。

小さい頃は、

どうしてテレビでみてるんだろうと

不思議に思っていましたが、

最近はその理由が

なんとなくわかってきた気がします。

家でのんびりおつまみとお酒を飲みながら

花火全体をみるのも悪くないなぁと

思うようになってきました。

とはいえ、迫力感というのは

実際に足を運ばないと

感じることができません。

いつかは母親を有名な花火大会

連れて行ってあげたいなぁと

思っています。

そんな花火大会ですが、

今回は盛岡花火の祭典について

まとめさせていただきました。

是非今年の夏は、

盛岡花火の祭典を見に行きませんか?

読んでみてくださいね。

盛岡花火の祭典の日程と開催時間・場所について

スポンサードリンク

盛岡花火の祭典の日程ですが、

今年は8月11日(金)の

開催となっています。

時間は19:2520:30までと

なっています。

雨天の際ですが、小雨程度であれば

そのまま開催しますが、

悪天候になってしまった場合は

次の日の8月12日(土)に延期されます。

なお、打ち上げる場所は、

都南大橋下流北上川西側河畔となっていて、

JR岩手飯岡駅より

徒歩30分のところとなっています。

人気花火大会ランキング東北編で

第9位となっている盛岡花火の祭典。

是非、近くでみたいですね。

穴場情報4選

盛岡花火の祭典では、

有料席も用意してあります。

入場料金が1名400円

指定席1席につき1600円

イス席1席につき1600円

となっていて、

7月3日から発売予定となっています。

また、前売りですと

入場料金は100円高くなりますが、

席料金が少し安くなります。

ゆっくり座って観賞したい方には

おすすめとなっています。

中には人混みが苦手と言う方も

いらっしゃるかと思いますので、

今回は穴場情報を

お伝えしたいと思います。

○ふれあいランド岩手 駐車場

会場から近いので花火の迫力を

そのままに感じることができます。

また、車の中からでも

花火を楽しむことができるので、

便利なスポットです。

○開運橋

こちらも会場から近いところに位置します。

立ち止まって花火をみることができるので、

おすすめです。

○岩山展望台

目の前にきれいに打ち上がる花火を

見ることができ、写真映えもバッチリです。

展望台なので

花火と一緒に眺めも楽しめるのはいいですね。

○マリオス展望台

展望台なので

こちらも花火と一緒に眺めを楽しむことが

できます。

少しだけ会場から離れていますが、

駅から近いので便利な穴場スポットです。

以上4選となっています。

人混みが苦手な方は要チェックですね。

交通情報・駐車場・アクセス・混雑具合

電車の場合、JR岩手飯岡駅より

徒歩で30分

もしくはJR盛岡駅よりバスに乗り

日赤前で下車すると徒歩3分

なります。

ちなみにバス乗車時間は30分です。

また、JR岩手飯岡駅・

盛岡市中央卸売市場から

有料臨時シャトルバスが出ています。

車の場合は、東北道盛岡南ICから

国道4号を経由して10分ほどです。

駐車場は、盛岡中央卸売市場と

都南文化会館の駐車場を

利用することができます。

開催場所の周辺は交通規制がかかりますので、

早めに会場へ向かうことを

おすすめします。

ココに注目!花火のみどころ

打ち上げ数はなんと1万発

音楽に合わせて花火が打ち上がるので、

音楽と花火のコラボレーション

楽しむことができところが魅力です。

また、4部構成となっているのと

切れ間なく花火が打ち上がるので、

その迫力はすごいものとなっています。

若い方でも楽しめる花火大会ですね。

まとめ

どうでしたでしょうか。

私はまだ

岩手県に足を運んだことがないので、

今回の花火大会を機に

是非足を運んでみたいなぁと思いました。

開催日も週末なので、

行きやすいのも魅力的です。

音楽と融合することで、

今までの花火とはまた違った

美しさが出るのでいいですよね。

みなさんも是非足を運んでみてください。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする