足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会2017年の日程と穴場情報をまとめ!

スポンサードリンク

もうすぐ花火の季節が到来してきますね。

日本の夏といえば花火ですよね。

花火を見ながら

屋台で売っている食べ物を食べたり、

お酒を飲んだり最高です。

また、花火に浴衣は映えるので

浴衣を着ながら

花火を楽しむのもいいですよね。

私は、実家から近くの花火大会の花火が

見られるので、

お酒を片手にベランダで見ていました。

ある意味穴場スポットで

落ち着いて花火を満喫できるので、

花火の季節は実家に感謝を

しています。

花火大会の開催時期など

発表がされている中で、

今回は足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会

についてまとめさせていただきました。

花火大会の予定をまだたてていない方、

まだ間に合いますよ!

是非、参考にしていただいて

足を運んでみてくださいね。

足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会の日程と開催時間・場所について

スポンサードリンク

ではさっそく開催時間など

詳しい日程をみていきましょう。

足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会の

開催日ですが、

今年の日程は8月15日(火)と

なっております。

開催時間は、

19:1520:00までと

なっております。

小雨程度であれば開催されますが、

それ以上に悪天候になってしまった場合は

次の日の8月16日(水)に延期となります。

場所ですが、

JR池田駅から十勝バスに乗り60分

足寄で降りて徒歩5分の場所と

なっていて、

利別川河川敷両国橋下流で行われます。

JR池田駅

穴場情報2選

足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会では

有料席の用意がありません。

なので自力で花火を見られる場所を

探さなければいけません。

ただ、

足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会は

利別川の河川敷から打ち上げられるので、

河川敷にいれば見られるかと思います。

しいて穴場情報と言えるのは、

旭町公園でしょうか。

利別川の河川敷から

1番近い公園となっています。

旭町公園

ゆっくり・まったり花火を見たい方は、

少し離れたところから観賞するのもいいかと

思います。

少し離れたところから見ると、

花火が欠けることなく

花火全体を見ることができるので

いいですよね。

あとは、里見ヶ丘運動公園です。

駐車場もありますので、

車でお越しの方は便利かと思います。

里見ヶ丘運動公園

今年の花火はゆっくりまったり

観賞してみてはいかがでしょうか。

交通情報・駐車場・アクセス・混雑具合

昨年は約22000人が来場したという

足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会。

電車をご利用の場合は、

JR池田駅から十勝バス陸別行

乗り換えます。

足寄で下車をしていただいて

そこから徒歩5分となっています。

ちなみに、バスの乗車時間は

60分となっています。

車をご利用の場合は、

道東道足寄ICから10分となっています。

なお、駐車場ですが

里見ヶ丘運動公園

役場庁舎無料で駐車場を

利用することができます。

それ以外にも、

第1から第6まで駐車場が会場の周辺に

完備されています。

しかし、

交通規制もあるので混雑が予想されます。

特に、

駐車場へ向かう国道241号が混むでしょう。

混雑回避をしたいのであれば、

早めに会場へ向かうことをおすすめします。

ココに注目!花火のみどころ

打ち上げ数はなんと8000発

ななめに打ち上げられていたり、

今までの花火ではなく

最新の花火を体感することができる

花火大会になっています。

デジタルリンク機能を使用しているので、

花火大会がエンターテイメント化

しています。

老若男女問わず楽しめる花火大会ですね。

特に、

連発して花火が打ち上げられるところは

感動ものです。

是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

どうでしたでしょうか。

北の大地北海道ということもあって、

花火を盛大に感じることができますね。

平日の開催になりますが、

仕事を終えてからでも見たくなってしまう

花火大会だなぁと感じました。

また広い敷地面積なので、

近くで見てもいいですし

遠くからでも十分に楽しむことが

できるのも魅力的ですね。

さらに、花火大会だけではなく

盆踊りもついているので、

お祭りと花火両方を一気に楽しむことが

できるのでここも魅力的です。

今年の夏北海道旅行へ行かれる方、

もしくはまだ予定をたてていない方、

是非足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会

足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする