諏訪湖サマーナイトファイヤーフェステバル2017を優雅に見る裏技

スポンサードリンク

諏訪といったら、

諏訪湖祭湖上花火大会』!

が全国的に有名ですが…

ここで紹介させていただくのは

7月下旬から8月下旬まで毎日続く

プチ花火イベント

サマーナイトファイヤー

フェスティバル』(8/15除く

諏訪湖温泉旅館組合の方から

直接おききした、このイベントの

楽しみ方と、花火を見る絶景ポイント、

優雅に湖の上から花火をみるための、

裏技情報と絶対避けていただきたい

日程交通情報をまとめました。

長野県民の私がおすすめいたします!

(自称 必殺遊び人!

かなり頼りになるナビだと

おもいますよ!!)

是非、参考にしてみてくださいね。

もともとは湖畔ホテルや旅館への宿泊者サービス

スポンサードリンク

今年の『サマーナイト

ファイヤーフェスティバル』は、

7/23~8/27

(花火打ち上げ時間20:30~20:45

まで開催されます。

ホテルに宿泊したお客様に

サービスとして窓から見える

花火を楽しんでもらおうと

平成15年からはじまりました。

今年で14回目になります。

(年々、お客様は増える傾向に

あるようです)

本番!?の湖上花火大会は混雑が

凄くて避けたいわぁ~という

高齢の方や、

幼い子供を持つファミリーには

プチ花火大会付きの宿泊は、結構人気。

6月くらいまでならば、

お部屋のリザーブ

容易にできるようですが、

7月に入るとかなり難しくなってくる

ようなので、宿泊リザーブはお早めに!

どうせ泊まるなら、一番よく見える

宿泊施設がいいわぁ~という方は、

諏訪湖温泉旅館組合

TEL(0266-527-155)

へお問い合わせください。

余談・8/15諏訪観光はNGです

有名な諏訪湖の花火大会に

いくのだから、ついでに、

諏訪の観光もしたいねぇ~と

はじめて諏訪湖花火大会デビューを

検討中のみなさま。

花火大会との抱き合わせで

観光はかなり無謀です。

というより、無理です。

あきらめてください。

むしろ、8/15は花火大会以外は

諏訪湖へのおでかけは避けるべきです。

高速道路も上下線も

どえらい渋滞ぶりです。

諏訪のサービスエリアへは

入場規制がかかり入れません!!

諏訪の高速サービスエリアはこの日、

1日『消滅』します。

湖畔エリアの駐車場で花火大会を

みればいい!!とお考えの方。

エリアそのものが『1日消滅』です。

あきらめましょう。

観光の方も、もちろん休息できません。

ガソリン給油のみできる

とのことです)

信州人はこの日、

花火大会を目的とする以外、

諏訪には近づきません。(汗)

サマーナイトファイヤーフェステバルを利用しよう!

時間はわずか15分です。

あがる花火も800発程度です。

花火は確かにおまけ程度ですが、

その分諏訪湖畔を思い切り

楽しんでみてはいかがでしょうか?

もちろんお風呂も!!

お勧めは日帰り温泉施設の『片倉館』

長野県諏訪市にある昭和の初期に建設された大衆浴場です。他にはない昭和を思わせる風情ある天然温泉です。

重要文化財指定のレトロ感満載な

日帰り温泉入浴施設です。

そして、花火もこの片倉館の前付近が

一番迫力ある絶景ポイントだとか。

(諏訪湖温泉旅館組合の方に

お聞きしました。)

実を言うと、長野県に住んでいながら、

この『サマーナイト

ファイヤーフェステバル』、

知らなかったし、片倉館という

重要文化財指定のこんなに素敵な

日帰り温泉施設があるなんて

知らなかったです。

凄く損してた気分です!!

今年は、なんとしても、この2つ

制覇してこねば!!と、遊び人としては

俄然、燃えております(爆)

それにですね、なんとなんと

サマーナイトクルージングもできます。

クルージングですよ!!

なんてゴージャスなんでしょ。

花火を湖上から見る!!

何とも贅沢なひと時。

諏訪湖観光を楽しむ遊覧船のご案内。諏訪湖花火大会やわかさぎ(公魚)釣りについてもご紹介しています!

これ、2016年のものですが、

2017年もおそらくこれに準じて

運行されるはずですね。

(公式HPには

サマーナイトクルージングの

紹介がされておりますので…)

金額も大人1400円程度

とてもリーズナブルです。

子供700円

サマーナイト

ファイヤーフェステバルは、

花火の規模をカットして、

その分他を楽しみたい方にはまさしく

ぴったりのプチ花火イベントです。

まとめ

夏休みの、イベントの1つとして

諏訪湖の花火大会に参加されている方も

多いと思いますが、信州人はおそらく、

恒例で見に行く人は

少ないかもしれないですね。

人口約5万にの諏訪市に

約50万人が集結

その50万人のほとんどが

16万平方メートル程の諏訪湖半公園と

その周辺に集中するんですよ。

すさまじいです!

(一度行きましたが、

もう二度と行きたいと思いません!

私は…汗)

駐車場も朝のうちから満車

溢れた車が

駐車場を求めて徘徊するから、

国道その他も渋滞。

かなり、時間と気持ちに

ゆとりを持っていかないと

現地に着くまでに折れます。気持ち…

ましてや、

小さいお子様連れのファミリー、

親孝行しようと高齢の両親を

連れているファミリー。

大変です。

(かなりのチャレンジャーだと

思いますよ!)

楽しいはずの花火大会、

家族間でイライラしたくないですよね。

ですので、あえて、プチ花火大会

サマーナイト

ファイヤーフェステバル

+諏訪観光

新しい諏訪花火イベントの楽しみ方を

提案します!

※それでも、データーによると、

この期間は、1日あたり約3000人程

来場者があったそうです。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする