ふくやま夢花火2017年の日程と穴場情報等をまとめてみた!

スポンサードリンク

もうじき夏の風物詩、

花火の季節が到来しますね。

夏の定番でもある花火を

浴衣を着ながら観賞するのは、

最高の贅沢ですよね。

もう花火大会の予定を立てている方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

まだ立てていない方も

安心してください。

今回はおすすめの花火大会について

まとめさせていただきました。

是非参考にしてみてくださいね。

ふくやま夢花火の日程と開催時間・場所について

スポンサードリンク

ふくやま夢花火の今年の日程は、

8月5日(土)になっています。

開催時間は、19:30〜20:30

となっていて、小雨程度であれば

開催されます。

荒天時の場合には、次の日にあたる

8月6日(日)に延期される予定に

なっています。

打ち上げ場所ですが、

冨久山河川敷多目的広場になっていて、

JR郡山駅からバスで

15分ほどの場所で打ち上げられます。

土曜日開催なので、土日休みの方に

とっては行きやすいですね。

穴場情報3選

ふくやま夢花火では、

有料席を用意しています。

サポーター協賛席という席になり、

1テーブル4名様3000円

なっています。

また、2脚までとなっていますが

追加のイス1脚につき500円

なります。

いい席でゆっくりと花火を

観賞したい方にはおすすめの席

となっています。

ただ、ゆっくりみれるとはいえ

花火会場は人でいっぱいになります。

人混みが苦手だという人も中には

いらっしゃるかと思います。

そんな方のために、穴場スポットを

まとめさせていただきました。

是非参考にしてみてください!

○阿武隈川

阿武隈川の堤防でのんびり

花火をみるのもいいかと思います。

堤防なので前をさえぎるものも

ないですし、

花火全体を楽しむことができます。

また、会場近くでもあるので花火の

迫力を近くで感じることができます。

○國祖神社

阿武隈川をはさんだところにある

神社です。

少し会場からは離れていますが、

こちらもゆっくり花火を観賞できる

スポットとなっています。

○東台公園

こちらも阿武隈川を

はさんだところにある公園です。

少し離れてはいますが、

離れているからこそ人混みも

落ち着いてゆっくりと観賞

できますよね。

以上、穴場スポット3か所になります。

やはり、人混みを避けるためには

少し離れたところから観賞するのが

ベストかと思います。

このほか以外にもきっと

穴場スポットはあるはずです。

ぜひ、見つけてみてくださいね。

交通情報・駐車場・アクセス・混雑具合

電車をご利用の場合には、

JR郡山駅より舞木経由三春行

バスに乗り水穴で降り、

そこから徒歩5分になります

なお、バスの乗車時間は

15分ほどになります。

お車をご利用の場合には、

磐越道郡山東ICから

10分ほどになります

会場周辺には、無料の駐車場を

完備しているのでそちらを

ご利用ください。

開催時間近くになると、会場周辺の

道路が混雑する場合もあるので、

できる限り早めに会場に着くように

行くといいでしょう。

ココに注目!花火のみどころ

ふくやま夢花火のみどころは、

やはり音楽と花火の

コラボレーションでしょう。

最新の

音楽とのコラボレーションによって

若い方にも、花火を身近に感じることが

できると思います。

花火がエンターテイメントに

感じることができるでしょう。

音楽に合わせて夜空に輝く花火を

みることができるのは最高ですね。

なお、参考にさせていただいた映像は、

YouTube

ふくやま夢花火「福島」花火大会

2011となっています。

まとめ

どうでしたでしょうか。

日本でも伝統のある花火ですが、

日本ではじめて花火があげられたのは

天正17年の7月と記録されていて、

伊達政宗が1番はじめに花火を

観賞したと言われています。

そこから日本の花火文化は

スタートしてると思うと、

花火の歴史は長いですよね。

最近の花火大会は、音楽との

コラボレーションがあるので

若い方でも花火を最後まで

楽しむことができる内容に

なっていていいなぁと感じます。

新たな夏のエンターテイメントとして

楽しむことができますよね。

どんどん進化していく花火。

是非、今年の花火は

ふくやま夢花火に足を

運んでみませんか?

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする