江戸川区花火大会2017年の日程と穴場情報はこちら!

スポンサードリンク

梅雨もあければ夏の季節の到来ですね。

夏といえば、

プールや海・BBQ・キャンプなど

たくさんの外でのレジャーがあります。

夏だからこそ外での

レジャーが映えますよね。

そんな中でも欠かせないのが

お祭りや花火大会。

暑い日中ではなく、少し暑さが和らぐ

夕方に浴衣を着て夏の夜空に輝く

花火を楽しむのは日本人にとって、

至福のひとときでもあります。

特にお酒とおつまみに花火ときたら

最高ですよね。

そんな花火大会について今回

まとめさせていただきました。

ちなみに江戸川区花火大会

ついてまとめてみました。

是非参考にしてみてくださいね。

江戸川区花火大会の日程と開催時間・場所について

スポンサードリンク

江戸川区花火大会

今年の開催日程ですが

8月5日(土)となっています。

時間は、

19:15〜20:30となっていて、

雨が降ったり天候が荒れた場合は

次の日の8月6日(日)に延期する

予定となっています。

打ち上げられる場所は、

江戸川河川敷で都立篠崎公園先

となっています。

人気花火ランキング関東編でも

第3位となっている江戸川区花火大会。

是非1度は足を運びたいですね。

穴場情報3選

江戸川区花火大会には、

有料席用意がありません

よってご自身で場所を

探さなければいけません。

なので、ここで穴場スポットを

お伝えしたいと思います。

○ポニーランド付近

打ち上げ会場から離れたところに

なりますが、会場から離れている分

人の混雑なく花火をみることが

できるでしょう。

○市川市側河川敷

江戸川区側は人の混雑が

激しくなるので、

反対側の市川市側でゆっくりみることが

できるスポットです。

○江戸川河川敷総武線陸橋付近

高い建物がないので、

花火を遮るものもなく

花火全体を楽しむことができる

おすすめのスポットとなっています。

以上が穴場スポット情報になります。

やはり、大きな花火大会だからこそ

人混みもお多くなります。

苦手な方は離れたところからゆっくり

観賞するのがベストですね。

交通情報・駐車場・アクセス・混雑具合

電車をご利用の方は、

都営地下鉄篠崎駅より

徒歩15分ほどになります。

小岩駅江戸川駅からの場合は

徒歩25分ほどになり、

瑞江駅からの場合は

徒歩45分ほどとなります。

会場周辺には、

駐車場が設置されていないので、

車をご利用の場合は注意が必要です。

さらに、会場周辺は開催当日交通規制が

かかるので、混雑が予想されます。

スムーズに移動がしたい

ということであれば、

できる限り早めに行動することを

おすすめします。

ココに注目!花火のみどころ

打ち上げ数はなんと14000発

市川市との同時開催となる花火大会は、

想像以上に迫力があります。

横一列から止まることのないたくさんの

花火が打ち上げられる光景は、

感動以外に言葉が思いつかない

ほどです。

河川敷だからこそ、花火全体をしっかり

みることができますし、

花火の迫力をそばで

感じることができると思います。

同時開催ならではの迫力を是非

体感していただきたいです。

なお、参考の映像はYouTube2016年

江戸川区花火大会になります。

映像でも是非みていただけると

嬉しいです。

まとめ

どうでしたでしょうか。

花火をみると嫌なことも

吹き飛びますし、

気持ちも前向きになれたりと

リフレッシュにもなりますよね。

私自身も花火をみると悩みも吹き飛んで

前向きに頑張ろうって思えます。

大きな花火が夜空に輝く、

しかも連発になってくると輝きの中に

迫力をしっかり感じることが

できますよね。

なかなか隣の市と区同士で同時開催

というのもないので、

貴重な花火大会です。

ランキング3位に入るのもわかります。

是非今年の夏に1度足を運んでみては

いかがですか?

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする