酒田花火ショー2017年の日程と厳選穴場情報3選!

スポンサードリンク

夏の大きなイベントとして

花火大会があげられますよね。

夏の夜空に輝く大きな花火は

日本人にとっても夏の風物詩

なのではないでしょうか。

最近の夏は猛暑続きですが、

花火をみると厳しい暑さも

一瞬忘れてしまいますよね。

今回はそんな夏の風物詩でもある

花火についてまとめさせて

いただきました。

中でも酒田花火ショーについて

調べましたので、

是非参考にしていただけると

嬉しいです。

酒田花火ショーの日程と開催時間・場所について

スポンサードリンク

酒田花火ショーの日程ですが、

今年は8月5日(土)に開催される

予定となっております。

開催時間は、

19:30〜21:00です。

雨天の場合ですが、

小雨程度の雨でしたら開催される

予定となっています。

ただ、荒天時は次の日の

8月6日(日)に延期になる予定です。

打ち上げられる場所は、

最上川河川公園となっていて、

JR酒田駅からタクシーで

10分ほどの場所となっています。

穴場情報3選

酒田花火ショーは、

有料席を設けております。

マス席最大4名様:8000円

ペアシート2名様:5000円

ペアイス席2名様:5000円

となっています。

ただし、当日券はないので

事前に券を購入することを

忘れないように気をつけてください。

次は、有料席ではなく穴場スポットでの

観賞場所をお伝えします。

○飯盛山地区

土門拳記念館の辺りの場所

になっています。

広い敷地になっているので、

人混みが苦手な人にはおすすめの

スポットとなっています。

○海向寺

少し高い場所に海向寺はあります。

なので、みやすい高さで花火を

楽しむことができるので、

おすすめですよ。

○東北公益文化大学

ちょうど東北公益文化大学の丘の上に

位置する場所が穴場スポットです。

丘の上になっているので、

こちらもちょうどいい高さで花火を

楽しむことができる

ベストスポットとなっています。

以上が穴場スポット3選となります。

私は、人混みが苦手なので

酒田花火ショーに足を運ぶときは、

飯盛山地区から花火を

楽しみたいなぁと思っています。

是非あなたもベストスポットを

見つけてみてはいかがでしょうか。

交通情報・駐車場・アクセス・混雑具合

電車をご利用の方は、

JR酒田駅からタクシーに乗車し

約10分で会場へ行くことができます。

また、JR酒田駅からは開催日当日

有料臨時直行のバスが出る予定と

なっているので、

そちらも利用してみてください。

車をご利用の方は、山形道酒田ICから

約10分で会場へ行くことができます。

なお、駐車場ですが、無料駐車場を

完備しておりますので、

安心してください。

会場周辺は開催時間にかけて混みやすく

なってくると思うので、

少し早めに到着できるように

出発するなど対策をしておくと

いいでしょう。

ココに注目!花火のみどころ

酒田花火ショーは12000発

夜空に打ち上げられます。

なんと80年を超える歴史をもっている

酒田花火ショー。

みどころはやはり最後のフィナーレの

部分になります。

音楽に合わせて打ち上げられるのも

幻想的ですが、最後のフィナーレ部分は

横一列に並べられた打ち上げ台から

一斉に夜空へ花火が打ち上がるので

とてもきれいで迫力があります。

なかなか横一列から

一斉に打ち上げられる花火はないので、

この酒田花火ショーならでは

花火だなぁと思います。

参考にさせていただいた映像は、

YouTubeの

2000mワイドスターマイン

2013年酒田花火ショー第4部

グランドフィナーレ「希望」

になります。

是非1度映像でも見てみてくださいね。

まとめ

どうでしたでしょうか。

今まで音楽に合わせて打ち上げられる

花火はありましたが、

横一列から一斉に夜空へ

打ち上げられる花火は

はじめてだったので、

衝撃感動で鳥肌が立ちました。

私自身お祭りにはよく行ったりは

するのですが、花火大会は今までで

2回ほどしか行ったことがなく、

花火の音を聞いて

あ、花火大会やってるんだと

思うくらいです。

家からも場所によっては

花火が見えるので、

遠くから花火を楽しんだりしています。

ただ、1回くらいは有名な花火大会に

行って近くで花火を楽しみたいなぁと

思っていてどこがいいか

探しているところです。

実際に近くでみてみたいなぁと

感じたので、落ち着いたら是非

足を運んでみたい花火大会です。

年齢問わず感動を感じることができる

酒田花火ショーに是非

注目してみてください。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする