全国花火競技大会2017年の日程と穴場情報をまとめ!

スポンサードリンク

もうじき花火の季節がやってきますね。

夏の夜空に打ち上げられる花火を

みると、夏の暑さも忘れちゃいます。

浴衣を着て屋台で売っているおつまみと

お酒を飲みながらの花火なんて

最高ですよね。

そんな日本の夏には欠かせない

花火ですが、今回は全国花火競技大会

ついてまとめさせていただきました。

是非、読んでいただけると嬉しいです。

全国花火競技大会の日程と開催時間・場所について

スポンサードリンク

全国花火競技大会の開催日程ですが、

今年は8月26日(土)になっています。

開催時間はふたつにわかれていて、

17:30〜18:15

18:50〜21:30になっています。

打ち上げ場所は、雄物川右岸河川敷

になり大曲花火大橋下流のところに

なります。

JR大曲駅から徒歩30分のところが

会場となります。

なお、雨天の際も開催されますが、

荒天時は延期になる予定と

なっています。

延期日はまだ決まっていないので、

お問い合わせをしてみてください。

ふたつにわかれていますが、

17:30〜21:30と長い時間花火を

楽しむことができるなんて夢のよう

ですよね。

是非、足を運んでみてはいかが

でしょうか。

穴場情報3選

全国花火競技大会では、有料席

設けています。

桟敷席A6名様席:23000円

桟敷席C5名様席:15000円

イス1名様席3000円

となっています。

有料席の応募期間ですが、

6月9日〜6月12日までと

なっており、直接販売日は

7月2日になります。

有料席をご利用の場合には、期限に

注意してくださいね。

ただ、お金を支払ってみるのは…

という方も中にはきっといるはずです。

そんな方々のために、穴場スポット

を紹介したいと思います。

○姫神公園

高台にある公園となっているので、

花火全体をみることができますし、

風景も同様に楽しむことができるので

おすすめです。

○大曲花火ファミリーキャンプ場

こちらも高台に位置しているので、

花火全体を楽しむことができます。

会場から少し離れたところには

なりますが、花火をみるのには

文句なしです。

○河川敷キャンプエリア

こちらは、会場の場所の上流の

ところにあります。

会場から近いので、花火の迫力を

そのままに感じることができる

場所となっています。

以上がおすすめの穴場スポットと

なっています。

是非、参考にしてみてください。

交通情報・駐車場・アクセス・混雑具合

電車の場合は、JR大曲駅から徒歩で

約30分になります。

車の場合は、秋田道大曲ICから

約10分になります。

駐車場は、有料と無料どちらも

あるかたちではありますが、

会場周辺では交通規制が

かかりますので、車でお越しの場合は

早めに会場へ向かった方が

よさそうです。

ココに注目!花火のみどころ

打ち上げ数はなんと18000発

二部構成となっているところが

何と言っても魅力的ですよね。

オーケストラ調の音楽に合わせて

花火が打ち上げられる様子は

迫力さもあり、また繊細さもあって

美しいです。

花火のワイルドさもありますが、

優雅な花火を味わうことができるのも

全国花火競技大会ならではだと

思います。

1度は近くでみたい花火ですね。

なお、今回参考にさせていただいた

映像は、YouTubeの2016[夏]

第90回大曲の花火大会提供花火

「歓喜」となっています。

まとめ

どうでしたでしょうか。

私は人混みが苦手なので花火大会も

得意ではないのですが、花火をみると

人混みなんて気にならないくらい

感動しますし、癒されます。

1度友達と荒川の花火大会に

次の日がテストがあるにも関わらず、

行ったことがあります。

人混みはその当時も苦手だったので、

少しイライラしたりもしたんですが、

花火みた瞬間そんな気持ちも

吹き飛びました。

それと同時に花火は日本の風物詩だなぁ

と感じたのを覚えています。

最新の曲に合わせて打ち上げられる

花火はみたことがありますが、

オーケストラ調の曲に合わせて

打ち上げられる花火は今回

はじめてみました。

花火が一段と輝いてみえてすごく

癒されます。

開催も土曜日なので、土日休みの方に

とってはすごく満喫できる

花火大会ですね。

今度、是非行ってみたいと思います。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする