かつうら若潮まつり花火大会2017年の日程とアクセスをまとめ!

スポンサードリンク

もうすぐで夏がやってきますね。

今年の夏の予定はもう立てましたか?

それともこれから計画する予定ですか?

夏こそ外でのレジャー

満喫したいという方も多いかと

思います。

気温は高いですが、天気も良く

外でするレジャーが映えるのが

夏ですよね。

私は夏が大好きで、この時期になると

今年はどんな予定を立てようか

考えたりするのが楽しくて

仕方がありません。

そんな外でのレジャーの中でも、

日本人こそこれだと言うのが

花火大会ですよね。

今回はそんな花火大会の中でも、

かつうら若潮まつり花火大会について

まとめてさせていただきました。

是非チェックしてみてください。

かつうら若潮まつり花火大会の日程と開催時間・場所について

スポンサードリンク

かつうら若潮まつり花火大会

今年の開催日程ですが、

8月12日(土)となっています。

開催時間は、19:15〜

予定しております。

なお、雨天時の際の延期に

ついてですが、13日(日)か

14日(月)のどちらかの日程を

予定していますので、

雨天時の際は注意してください。

打ち上げられる場所は、

勝浦市の勝浦漁港周辺となっていて、

駅で言うと勝浦駅より徒歩で

約5分ほどの場所になっています。

勝浦漁港でみられる花火の迫力さは

すごいものです。

是非、足を運んでみてください。

穴場情報2選

かつうら若潮まつり花火大会では、

有料席の用意がありません

なので、ご自身で観賞場所を

確保していただく必要があります。

そこで今回は、穴場スポットに

ついてまとめさせていただきました。

○遠見岬神社

会場から少しだけ距離がある

場所になります。

ただ、少し距離がある分

ゆっくりと花火を観賞することが

できます。

なので、まったりと落ち着いて

花火をみたい方にはおすすめの

場所になっています。

○浜勝浦区民館

会場からわりと近い場所に

なっています。

花火の迫力をそのままに

感じることができ、なおかつ穴場でも

あるのでおすすめスポットに

なっています。

以上が穴場スポットの2箇所に

なります。

かつうら若潮まつり花火大会自体が

どちらかと言うと、穴場な

花火大会でもあるので

どの場所からみても花火の迫力さは

体感できるかと思います。

是非、実際に足を運んで

ご自身のお気に入り穴場スポットを

みつけてみてはいかがでしょうか。

交通情報・駐車場・アクセス・混雑具合

電車をご利用の場合は、

JR勝浦駅の南口より徒歩約5分

会場へ向かうことができます。

車をご利用の場合ですが、

駐車場は基本的に設置されていません

ただ、周辺に駐車場は若干数

用意されるそうですが、かなり

台数が少ないです

また、開催当日は会場周辺で

交通規制もかかるので、混雑が

予想されます。

なので、できる限りは電車や

徒歩での手段で会場へ向かうことを

おすすめします。

また、混雑しますので混雑を

避けたい場合には、早めに会場入り

した方がいいでしょう。

ココに注目!花火のみどころ

かつうら若潮まつり花火大会の

打ち上げ数は、2000発と

なっています。

みどころとしては、何と言っても

その迫力さではないでしょうか。

漁港での打ち上げになるので、

花火を遮るものもなくそのままの

花火の迫力を体感することができます。

また、音楽に合わせて打ち上げられる

花火は美しさもありなんとも

幻想的です。

是非、かつうら若潮まつり

花火大会で花火の迫力さと

美しさを体感してみては

いかがでしょうか。

なお、今回参考にさせていただいた

映像は下記になります。

是非こちらもチェックして

みてください。

かつうら若潮まつり花火大会で毎年恒例で行われる「音楽花火」の様子をいち早く公開しました。 (We announced the appearance of "music fireworks" which is held annually at Katsuura fireworks display.) 今回使用したカ...

まとめ

どうでしたでしょうか。

やはり漁港なだけあって

花火を遮ぎるものもなく、

夜空と海面だけという絶好の場所での

花火の打ち上げは本当に幻想的で

美しいですよね。

また、クラッシックに合わせて

打ち上げられる花火は実際に

自分の目でみたら、すごく

感動するんだろうなぁと思いました。

漁港でできるのも、海があるから

できるんですよね。

私の住んでいるところは、

海がないので是非足を運んでみたい

花火大会です。

是非、みなさんも足を運んで

みてください。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする