鶴見川花火大会2017年の日程と穴場情報をまとめ!

スポンサードリンク

夏の暑さを感じるような日が

増えてきましたね。

梅雨も明ければ夏本番です。

今年の夏は猛暑との予想が

されているので、今から

構えちゃいますね。

日中は暑くてバテてしまいますが、

夜は日差しがない分少しだけ

暑さも和らぎます。

そんな夜に夏の風物詩でもある

花火をみるなんて最高では

ありませんか?

これからのシーズン花火大会を

開催する地域も増えてくるかと

思います。

そんな花火大会の中でも今回は、

鶴見川花火大会について

まとめさせていただきました。

是非参考にしてみてくださいね。

鶴見川花火大会の日程と開催時間・場所について

スポンサードリンク

鶴見川花火大会の今年の開催日程は、

8月19日(土)となっています。

開催時間は、

19:00〜19:45

なっていて、小雨程度の

天候だったら開催される

とのことです。

ただ、それ以上に天候が

荒れてしまうと翌日の

20日(日)に延期される

予定になっているので、

気をつけてくださいね。

打ち上げられる場所ですが

横浜市鶴見区の横浜市北部

第一水再生センターになっていて、

駅で言うと鶴見駅から徒歩で

15分くらいの場所となっています。

北部第一水再生センター

花火以外にもコンサートや

クルーズ・ボート体験もできるので、

夜の花火だけでなく朝から

晩まで楽しめる花火大会と

なっています。

穴場情報2選

鶴見川花火大会では、

有料席の用意があります。

協賛席で2名様席の先着

150口となりますが、

1口5000円となっています。

ただ、上記のように先着になるので

売り切れ次第終了となるので、

注意が必要です。

有料席以外にも穴場スポットが

あったりもするので、

今回は鶴見川花火大会の穴場

スポットについてまとめてみました。

○佃野公園前の河原

花火が打ち上げられるすぐ

近くの場所になっています。

なので、すぐそばで花火の

迫力を感じることができるんです。

花火の迫力を感じたい方には

おすすめの穴場スポットに

なっています。

○イトーヨーカドー鶴見店

普段は駐車場の場所も、

花火大会当日は鑑賞場所として

開放されます。

打ち上げ会場からは少し

離れていますが、屋上からみる

花火は最高です。

また、屋上では屋台も

出店されるので、小さなお子さんも

飽きずに楽しむことが

できるのもいいですよね。

ただ、駐車場を開放している分

イトーヨーカドーの駐車台数

少なくなるので、できるだけ

徒歩などで向かうようにするか、

どうしても車を利用したい場合には

早めに向かうように

するといいでしょう。

以上がおすすめの穴場スポット

2選になります。

イトーヨーカドーの屋上に

屋台が出店されるのには、

驚いてしまいました。

それほどに盛り上がる

花火大会なんですね。

是非、足を運んでみてください。

交通情報・駐車場・アクセス・混雑具合

電車をご利用の場合は、

JR鶴見駅から徒歩で

約15分くらいで会場に

向かうことができます。

また、京浜急行京急鶴見駅

同様に徒歩で約15分くらいに

なります。

車をご利用の場合ですが、

駐車場が用意されていないので

ご自身で駐車場所を探す

必要があります。

そして、会場周辺では

開催日当日に交通規制がかかるので、

大変混雑が予想されます。

なので、スムーズに会場へ

向かいたい方は前もって早めに

会場周辺に向かうようにした

方がいいでしょう。

ココに注目!花火のみどころ

鶴見川花火大会の打ち上げ数は、

1700発です。

なんといっても最後の

フィナーレ部分の連続

打ち上げられる花火は感動ものです。

花火の美しさと迫力を感じる

ことができます。

今は音楽とのコラボレーション

している花火もありますが、

昔からの伝統の花火そのものを

感じられる花火大会に

なっているので、ザ・花火

という感じで素晴らしいです。

参考映像は下記になっていますので、

是非みてみてくださいね。

まとめ

どうでしたでしょうか。

花火大会というと夜だけ

というイメージがありましたが、

日中から様々なイベントを

楽しむことができるなんて

いいなぁと思いました。

花火大会は特別な行事ですし、

特別な行事だからこそクルーズや

ボート体験をするのも

いい思い出になりますよね。

私の祖父と祖母が横浜市在住なので、

今年の夏は厳しいですが、

来年の夏は鶴見川花火大会に

足を運んでみたいなぁと思います。

是非、みなさんも足を運んで

みてくださいね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする