頑張る人ほどなりやすい?!気になる顔のほてりとかゆみ

スポンサードリンク

自律神経のバランスが崩れていると

顔のほてりを引き起こしますが、

人によっては

皮膚にかゆみが出ることもあるって

知っていますか?

かゆみは副交感神経が働く

夕方以降のタイミングに

出やすい症状になります。

もしその症状が出るのであれば

それは自律神経が乱れているサインです。

どうしてそうゆう症状が出るのか、

その原因や対策を紹介していきます。

顔のほてりとかゆみ、その原因とは?

スポンサードリンク

そもそもどんな原因があるのでしょうか。

大きく3つの要因に分けて

説明していきます。

体質や性格

生まれつき身体が弱い疲れやすい

低血圧である、極端に寝起きが悪い

乗り物酔いをしやすいなど

体質的なものが要因となります。

そして、ささいなことでも気になりやすい、

いろいろ考えてしまう、

落ち込むことが多い、

自分に対してのまわりの人の目や

評価が気になる、

気持ちの切り替えができず

いつまでもひきずってしまう、

など性格的なもの要因となります。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンの変化のリズムが

自律神経の働きに

大きく影響を及ぼしています。

ホルモンのバランス

不安定になっていると、

それにつられて

自律神経のバランスも

不安定になってしまうのです。

ストレス

やっかいなのはストレスで、

交感神経が優位になっている状態です。

その反面、副交感神経は

十分にはたらけなくなっています。

現代は長距離通勤、仕事のプレッシャー、

人間関係、経済的不安、不規則な食生活、

睡眠不足など、たくさんのストレスに

かこまれて生活している人がほとんどです。

その結果、体の回復が追いつかず

顔のほてりやかゆみの症状が

現れてしまいます。

気になるほてりとかゆみ、どこでも簡単にできる対策とは?

現代の社会ではどうしてもストレスが多く、

環境に合わせて生活スタイルを

整えることが重要になっています。

しかし個人によってさまざまな原因で

生じるものなので、

自身の生活習慣を見直すことで

改善していきたいですね。

それではどういったことに

気をつければ良いのでしょうか。

その対策について見ていきましょう。

食生活の改善

玄米きのこ類海藻ごぼうなどの

食物繊維が多い食べ物は、

腸の中をゆっくりと進みます。

そして腸の中を食べ物が進む時は、

副交感神経になります。

その時間が長ければ長いほど、

副交感神経が優位になる時間が

長くなるので、

積極的に摂取することをおすすめします。

そして味噌、納豆、漬け物、キムチ、

ヨーグルトなどの発酵食品

自律神経を整える働きがあります。

あわせて腸内環境も整えてくれるので、

免疫力アップにも役立ちます。

普段の食生活を見直し

改善していきたいですね。

入浴すること

シャワーですませている人は

今すぐお風呂に入る習慣

改善しましょう。

夜にぬるめのお湯(38度~40度くらい)に、

ゆっくり長めに浸かるのがおすすめです。

リラックスできる入浴法で、

効果が期待できます。

この後の睡眠の質を高めてくれる

効果もあります。

軽い運動

激しい運動をする必要はなく、

ストレッチやウォーキング等の

軽い運動をすることが効果的です。

いつもエレベーターにのっているのを

階段にしてみたり、

休憩時間に少し肩を回してみたりなど

少し体を動かすことを

意識してみると良いですね。

まとめ

顔のほてり

かゆみの症状があらわれるのは

日常のストレスがうまく解消できずに

溜まっていたり、

生活習慣が乱れていたり、

ホルモンバランスの影響であったりと

さまざまな要因があります。

今まで気をつけていなかったために

起こってしまうものだと

理解ができれば

後は少しずつ自身の環境

整えるようにすればおのずと

改善することができます。

やはり日常のちょっとしたことに

意識をもって改善していくことが

大事ですね。

今回調べたことがお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする