こんなときは要注意!子供の熱、上がったり下がったり

スポンサードリンク

子供が発熱したとき、

熱が上がったり下がったりを繰り返して

心配になることがありますよね。

熱が下がったと思って

も突然ぶり返すのは子供の場合

よくあることです。

でも、辛そうな姿を見ていると

大丈夫なのか不安になってきます。

今回はそんな時に慌てないよう

原因受診の目安などを紹介していきます。

子供の発熱、その原因とは?

スポンサードリンク

人の体温は、健康な場合であっても

1日中一定の温度を保っているわけでは

ないのです。

特に1~2歳のお子さんの場合は、

1日に0.5℃前後も変動するので、

朝と夕方では上がったり下がったり

しているように感じることがあります。

また、1~2歳では免疫力が低いので、

普通の風邪を引いた場合に

熱が一旦下がったとしても、

また上がってしまうことは

しばしばあります。

一般的な風邪の場合、

熱が上がったり下がったりを

3日ほど繰り返して完治しますが、

熱が数日経っても

一向に下がらないというときには、

重大な病気が原因になっていることも

考えられます。

そんな時は無理をさせずに、

早めに病院で受診するようにしましょう。

疑われる病気

発熱後に熱が一度下がってから

再び上がることを

二峰性発熱(にほうせいはつねつ)」と

呼ばれ、

ウイルス性の病気に多く見られる症状です。

子供の熱が上がったり下がったりする場合、

子供がかかりやすい病気として

次のものが疑われます。

・インフルエンザ

・RSウイルス

・麻疹(はしか)

・ウイルス性肺炎

 

・マイコプラズマ肺炎

・手足口病

・ヘルパンギーナ

・デング熱

上がったり下がったりを繰り返す熱、受診のタイミング

普通の風邪など

特に心配のない病気の場合は、

たとえ熱があっても、

子供は元気に動き回るものです。

食欲もあり機嫌が良ければ心配ないですが、

次のような場合は

受診再受診の必要があるので、

注意深く経過を観察しましょう。

期間

3日を過ぎても

熱が上がったり下がったりを

繰り返している場合や、

一旦下がりきったはずなのに

再び38℃以上の高熱が出ている場合には、

何らかのウイルスに感染している

可能性があります。

そういった症状が出ている場合は

早めに病院を受診しましょう。

咳も長引く

発熱のほかに、が長引いているときには、

肺や気管支などで炎症を起こしている

可能性があります。

ウイルス性肺炎の場合は

たんを伴わない激しいせきなのに対して、

マイコプラズマ肺炎の場合は、

はじめは空咳が続きますが、

進行するとたんがからんだような

乾いた咳に変わります。

せきがひどくなると

夜も眠れなくなってしまうので、

早めにかかりつけの病院や

呼吸器内科の診察を受ける必要があります。

耳を痛がる・耳だれが出る

風邪のウイルスや

インフルエンザウイルスなどの

ウイルス感染の場合、

ウイルスが耳の穴の奥にある

中耳に入り込むことで「中耳炎」を

発症することがあります。

中耳炎は、発熱耳の痛みのほかに、

耳だれ耳が聞こえにくくなるという

症状に特徴があり、

悪化すると鼓膜切開の手術が必要に

なってしまいます。

風邪などの症状が改善して

熱が下がった後に再び発熱した場合は、

かかりつけの病院

または耳鼻科に相談してみましょう。

頭痛が強いとき

発熱とともに頭痛を感じているときも

要注意です。

吐き気があれば髄膜炎を発症している

可能性もあるので心配な症状になります。

子供には

症状を正確に伝える力がまだないため、

意識はあるか

けいれんは起こしていないか

ぐったりしていないか

といった点も含めて

症状がすぐれない場合は、

かかりつけの病院へ相談してみましょう。

まとめ

子供は大人に比べ

かなり多くの病気にかかりやすいので、

気をつけて見てあげることが大事ですね。

今回のように原因対処法を知っておくと

様子がおかしいと思った時に

慌てなくてすむので

参考にしてみてください。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする