水ぶくれの治し方、靴擦れが原因のパターン

スポンサードリンク

新しい靴を購入してさっそくお出掛けしたら、

靴擦れが原因で痛い思いをしながら歩いた

経験はありませんか?

せっかく張り切って買ったのに

いい気分も台無しですよね。

せっかく買ったおしゃれな靴も、

もう履きたくなくなってしまいます。

しかし調べてみると

原因は靴だけではないことが分かりました。

ここでは靴擦れの原因と

早く治す方法について

詳しく紹介していきます。

痛い水ぶくれ、靴が原因?

スポンサードリンク

そもそも足の大きさ

人によって異なるので

靴が合わない事は当たり前ですよね?

実はさまざまな原因があるのです。

まずはどうして靴擦れになるのか

原因を見ていきましょう。

足の形と合っていない

足の形がもともと特徴的な人、

例えば骨が出っ張っていたりすると、

どんな靴を選んでも

靴擦れになってしまいます。

また左右の足の大きさが違う場合も、

片方の足だけ

靴擦れになってしまいます。

さらに、靴擦れが治らないうち

また同じ靴を履いていると

悪化してしまう事もあります。

歩き方が不自然

靴は本来正しい姿勢で歩くことを前提に

作られているので、姿勢が崩れていると

靴擦れになってしまいます。

靴底が

左右非対称に擦り減っている場合は、

正しい姿勢で歩けていない証拠です。

このように、

不自然な歩き方

足への負担となっているのです。

靴が原因に

自身の足に合っていない靴をはくことが

原因となってしまいます。

特に堅い素材のブーツや革靴などは

靴擦れが起きやすいです。

またハイヒールなどは

サイズがあっていないと

前に滑ってしまいます。

かかとの位置があっていない場合も

同様です。

水ぶくれを早く治す方法!

どうして靴擦れができてしまうのか、

これで原因を知ることができましたね。

そうすると歩くのも辛いので

少しでも早く治療したいと思いませんか?

それでは次に適切な治療方法について

詳しく調べたので症状別に紹介していきます。

皮がむけていない水ぶくれの場合

まだ破けていない状態であれば、

そのままにしておくことが大事です。

なぜかと言うと、

実は水ぶくれの中に入っている液体には、

皮膚を作る成分が入っているんです。

また、無理にはがすと

雑菌が入ってしまって

化膿してしまう恐れがあるので

気をつけましょう。

皮がむけてしまった場合

誤って破けてしまった場合は、

まず患部流水で洗浄して

きれいにします。

この時、

とくに消毒液を使う必要はありません。

余分な皮膚は、

清潔なハサミで切ってしまっても大丈夫です。

皮膚ができるまでの間は、

湿らせた状態を保つことが

ポイントになります。

ばんそうこうを貼る場合は、

傷用の軟こうなどを常につけるように

してください。

もしかさぶたを作らないタイプの

ばんそうこうがあれば便利です。

化膿してしまった場合

もし化膿してしまった場合は放置せず

必ず医師の診察を受けしましょう。

受診する時は

皮膚科形成外科になるので

覚えておいてください。

傷口から雑菌が入ってしまい

状態が悪くなることもあります。

ひどくなると患部だけでなく

足全体に広がる恐れがあるので、

適切な治療を行うことが大切です。

靴擦れの予防

一番大切なことは

自分の足にあったものを選ぶことです。

また、サイズは合っていたとしても、

履き始めの時は、部分的

強くあたってしまうこともあります。

その際には足に馴染むまで

ばんそうこうなどで

皮膚を保護しておくと、

靴擦れを未然に防ぐことができます。

まとめ

詳しく解説していきましたが

いかがでしたか?

やっぱり靴を選ぶときが大事なんだと

理解はしていても、

ついつい勢いで買ったり、

かわいいと思って

思わず買っちゃうことってありますよね。

その場合でも、

ちゃんと対処法が分かっていれば

痛い思いもなるべくしなくてすむので

安心できます。

失敗しないよう

普段から気をつけておくと良いですね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする