ナイフなどの先端が怖い!先端恐怖症の原因とその克服法は?

スポンサードリンク

みなさんは先端恐怖症という言葉を

聞いたことはありますか?

みなさんの周りにいらっしゃったり、

もしくはご自身が悩んでいたり

しませんでしょうか。

私自身、この先端恐怖症を知ったのは

学生時代のときです。

それまではその言葉自体聞いたことはなく、

はじめて聞いたときは

そういうものがあるのだと

びっくりしました。

仲が良かったグループの中に

先端恐怖症の子がいて、その子自身は

指をさされたりするのがだめと

言っていました。

どれくらい怖いのかは

正直分からないですが、

誰しも苦手なものや

怖いものはあると思います。

それ以上にきっと怖いのかなと思うと、

考えられないですよね。

そもそも、

どういった症状が出るかご存知ですか?

先端恐怖症の方は尖ったものを目にすると、

イライラしたり動悸が激しくなったり、

めまいや嘔吐がでてしまったり、

場合によって

発熱やパニック障害を起こす場合もあります。

ただ、自分が先端恐怖症なのかって

わからないですよね?

簡単なチェック方法として、

先端が尖っているものを想像するだけで

恐怖を感じる・

先端が尖っているものに

触れると不安になる・

先端が尖っているものに対して

恐怖心があることを自覚している・

先端が尖っているものを

無意識に避けている・

先端恐怖症により

日常生活がうまく送れないなど、

心当たりが多いともしかしたら

先端恐怖症の可能性がでてきます。

では、

この先端恐怖症の原因とはなんでしょうか。

今回は、先端恐怖症の原因と

その克服法についてまとめたので

是非読んでいただければと思います。

そして、先端恐怖症について

勉強していきましょう。

過去のトラウマが原因?まずは症状をチェック!

スポンサードリンク

先ほど前半で先端恐怖症なのか

チェック項目を書かせていただきました。

①先端が尖っているものを

想像するだけで恐怖を感じる

②先端が尖っているものに触れると

不安になる

③先端が尖っているものに対して

恐怖心があることを自覚している

④先端が尖っているものを

無意識に避けている

⑤先端恐怖症により

日常生活をうまく送れない

上記のチェック項目に当てはまるものは

ありましたでしょうか?

このチェックが多ければ多いほど、

先端恐怖症の可能性が高く

ひとつでも当てはまると

可能性があると言えます。

先端恐怖症の多くが、

今まで先端が尖ったもので怪我をしたり、

大切な人が

先端が尖ったもので怪我をしたりしたことが

原因で、トラウマとなり先端恐怖症に

なってしまいます。

頭の中で

先が尖ったものは危険で恐ろしいものだ。」

と思ってしまうのでしょう。

さらに、

症状自体が日頃のストレスや疲労などが

たまってしまうと

症状が重くなったりする場合もあります。

これは、

先端恐怖症がうつ病やストレスなどの

部分的な症状が出ることが考えられ、

精神的な部分で症状が出る場合は

根本的な原因を克服しない限り

改善が厳しいということです。

また、原因がわからず発症する

可能性もあるので、こういう場合は

原因を知るよりも

治療をした方がいいでしょう。

では、この先端恐怖症克服法

どんなものがあるのでしょうか。

次の記事では克服法治療法

まとめさせていただいたので、

是非チェックしてください。

先端恐怖症は病院で克服できます!その治療法とは?

では治療法をみていきましょう。

カウンセリングを受けて

治療していくことで

克服できる場合もあります。

①尖っているものに対しての

異常な認知を修正する

つまり考え方を治すということです。

②実際に尖っているものに慣れていく

こちらは行動を治すというものになります。

このふたつを意識して

治療をしていくことで、

克服できるようになってくるでしょう。

またこのふたつを意識していかないと

克服には繋がっていきません。

なので、

少しずつでいいので

自分のペースで克服できるように

していきましょう。

そうしないと、

治すことがストレスになってしまい、

結果として

克服できなくなってしまう

場合もあるからです。

当然、治療中は悪くなってしまったり

治療がうまく進まないことも

あるかもしれません。

ですが、考え方や行動を治すことは

そう簡単ではないので、

焦らず治療を進めていくのが

ベストだと思います。

症状によっては補助的に薬を飲んで、

不安な恐怖心を抑える場合もあります。

ですが、すぐ飲んで

症状が良くなることではありません。

服用して、

早くて1週間

大体2週間から4週間で効果が出てくるので、

長期的に不安を抑えたい場合に適している

ものになっていきます。

なので、薬を服用してもしなくても

長期的にみてあげることが

1番大事ですね。

まとめ

どうでしたでしょうか。

先端恐怖症を理解することは

できましたか?

どの病気もそうですが、

焦らず自分のペースでゆっくり

治すことが

ストレスも溜まらず

身体にとっては

いいということですね。

焦らずゆっくり治していきましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする