うちの赤ちゃんは大丈夫?泣かないでよく寝る理由はあるの?

スポンサードリンク

無事に出産も終え、里帰りしていた方も

生後2ヶ月くらいになると

自宅へ戻られている方も多いのでは

ないでしょうか^ ^?

「うちの子は本当によく眠る。

起きたと思って、オムツ替えや

授乳が終わると、

あら…また寝ちゃった^^;

こんなによく眠る子できっといい事

なんだろうけど、なんだか心配!」

と日頃お考えのお母さん^ ^

今回はよく眠る赤ちゃんに、

焦点をあててご説明していきますね♪

赤ちゃんが泣かないのは泣く理由がないから?安心しているからよく寝るのかも?

スポンサードリンク

赤ちゃんも大人と同じ様に性格は

様々ですので、一概に

「こうだからよく眠るんだ!」と

断言は出来かねますが、考えられる

理由をいくつか挙げてみました★

・お腹がいっぱい

満腹と睡眠の関係は深く、大人も

お腹いっぱいになると

眠たくなってきますよね^^;

赤ちゃんは産まれて間もなければ、

間もないほど、まだ

体内時計が整っていません。

人間の体内時計は食事間隔と、

食事の量に影響を受けると

いわれていますので、

食事のタイミング

睡眠の質と深く関わってきます。

お腹が満腹になり、眠る。

また空腹になるとお母さんから

美味しい母乳やミルクを

もらう事が出来るので

お腹いっぱいになり、また眠くなり

また眠るのです。

・適正な睡眠時間だから

とてもよく眠る子で心配…とお思いに

なっているかもしれませんが

実は案外、月齢に応じた睡眠時間。

という可能性もあります^ ^

初めてのお子さんともなれば、

上の子と比べることが出来ませんので

どれくらいの睡眠時間が適正なのか

判断しづらいですよね^^;

一般的に

■生後0〜1ヶ月

16〜18時間近く。

睡眠時間の長い子で20時間以上は眠る。

■生後1〜3ヶ月

生後2ヶ月過ぎくらいから段々と

睡眠時間は短くなる

平均睡眠時間は16時間ほど。

といわれています(*^^*)

しかし、これはあくまで目安であって、

個人差はありますので

ご参考程度に♪

産まれて間もない赤ちゃんは人間的より

野生的な本能で生活している。

と筆者は聞いた事があるのですが、

よく眠る赤ちゃんであれば、

授乳間隔授乳量もお子さんに

合っている・赤ちゃんの眠る環境も

温度や湿度が適正で快適な睡眠空間を

お母さんが作ってあげれている。

と前向きに捉えて良いと思います^ ^

では、次にご紹介するのは親の都合に

よって泣かない赤ちゃんに

なってしまった場合について、

ご説明していきます。

サイレント・ベビーって?赤ちゃんにしっかり寄り添って対応してあげることが大事

あなたは「サイレントベビー

という言葉を聞いたことはありますか?

赤ちゃんの状態としては、

泣かないだけでなく、笑わなかったり

無表情であったりする

赤ちゃんの事です。

よく眠るだけで、あやせば笑うし

表情も変わる場合には

サイレントベビーには

当てはまりませんが、

例えば、どんなに泣いても

お母さんが抱っこせず、長時間

放置されていたり、親子間の

コミュニケーションが少ない事で

どんなに小さくても赤ちゃんも

人間でありますから、

「どんなに泣いても

構ってもらえないんだ…」

と感じ、泣く事を諦めてしまうことや、

テレビやスマホなどの一方通行な

映像を長時間見せていることで

無表情になったりすることで

サイレントベビーに

なってしまうのです。

これは生まれ持った性格ではなく、

親の都合により形成された

ものなので、以上の項目に

当てはまることをしているお母さんは

すぐに状態の改善をすべきだ

といえます。

もしも、

我が子がすでにサイレントベビーの

状態になっていた場合、対処法として

赤ちゃんをひたすら抱っこし続ける

抱っこ療法」であったり、テレビや

スマホをお休みして赤ちゃんと

遊んであげたり、

充分なコミュニケーション

積極的に取り入れましょう♪

まとめ

主婦は家事もあります。

掃除もあります。

買い物だってあります。

(筆者も現在進行形で

子育てしていますので、

毎日大変なお気持ち

良く分かります…(T ^ T))

筆者も育児に家事に一杯一杯だった頃、

母親に言われたのが

「いい加減が良い加減だよ。」

という一言でした。

こんな一言でも、その頃の私には

一番響いた言葉です。

それからは家事も今日出来なかった事は

ストレスに思わず、明日しよう。

家事も優先順位を付けて、

赤ちゃんが寝ている時に

出来そうな事は後回しにしよう

と自分の中で緩やかな

考えを持つ事が出来る様に

なりました^ ^

その分、子どもと過ごす時間を大切に

すればきっとサイレントベビーには

ならないと思いますし、また、

もうすでにサイレントベビーの傾向に

あるお子さんのお母さんも今一度、

肩の力を少〜し抜いて、

お子さんを抱っこして優しく背中や

お尻の辺りをトントンしてあげたり、

絵本を読み聞かせてあげる、

一緒に手や足を動かして、

運動がてらコミュニケーションを

とってあげるなどお子さんの笑顔を

一緒に増やしていきましょう♪

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする