痛風の原因は魚卵やラーメン等の食材から見直す!飲み物も要チェック

スポンサードリンク

痛風は、尿酸が体に溜まって、結晶になり、

それが、関節などに入り込んで

神経に障ることで痛みがでる

疾病をいいます。

比較的お酒が好きで、

美食家に多いことから、

別名『贅沢病』とも言われています。

女性より、男性の方が

発病する人が多いですよね。

我が家の、旦那も舅と2代揃って

『痛風』親子です。

(笑えませんね・・・汗)

2人に共通して言える事は『酒飲み』

舅は『焼酎派』旦那は『ビール派』

2人とも、無類の酒好き親子。

舅が痛風になった時、息子である旦那に

『おまえもなるぞ』と道連れ宣告

していましたが、

見事なまでに期待に応えた旦那。

妻として、病院に連れて行きながら

(ビール飲みすぎるからだよ。お馬鹿。

と呆れたものです。)

 

痛風の原因となる食材を控えるように生活改善しよう

スポンサードリンク

好きなお酒はやめられない!

じゃぁ、辞めずに、節酒しましょう。

おつまみも、プリン体の少ない物を

摂る様にしましょう。

ビールにやきとり・・・。

たまらないですねぇ~!ハイ!

でも、『痛風』持ちの方控えましょう。

特に魚卵ラーメン

締めのラーメンと、魚卵のおつまみは

お酒と一緒だと、食べ過ぎてしまいます。

(他にも、豚肉、牛レバー、マイワシ、

カツオ、秋刀魚、マグロ、海老など)

酒飲みが好きそうな、お酒のお供は

このプリン体含有量が多いものが沢山!

おつまみNG一覧表をつくるといいですね。

おつまみNG集をみながら、

ため息がでてしまいそうですが、

程々にすることで、

あの痛くて辛い『通風』予防に

なるなら多少は我慢しましょう。

代わりに尿酸値をさげ、

尿をアルカリにする食品を

おつまみに取り入れる工夫を

しましょう。

海藻類、野菜類、イモ類、果物。

こちらを積極的に食事に取り入れて、

プラス・マイナス0作戦。

そして、とにかく『水』(純粋な水)を

1日1ℓ~2ℓのみましょう!!

(誰ですか?俺はモデルじゃない。

とかいってる人・・・笑)

モデルになった気分で飲んでください!

水を飲む事で、排尿を促して

結晶化する前に体外へ出しましょう!!

 

一度かかると完治しない?

痛風が完治しにくいのは、

日常当たり前になっている、

『習慣』の内容が悪いからといえます。

確かに舅が『痛風』には

遺伝的な要素もあるので、

息子である旦那に『おまえもなるぞ!』と

いったのかもしれませんが、

それだけじゃなさそうです。

痛風の原因は食生活の乱れ、

お酒の飲みすぎ

大きな原因の1つと言われています。

まさしくこの2人は「どつぼ」

舅もアル中ですか!?

と言いたくなるくらい、

暇さえあれば飲んでいたし、

旦那も、休みと言えば、朝からビール。

会社から帰ればビール。

しかも、1本2本どころじゃない。

そんな生活をしていました。

痛風にならない方が

おかしいでしょ・・・。

といった生活でした。

ですので、この生活を本人達が理解して

改善しようとおもわなければ、

『痛風』も当然完治など

ありえないのです。

生活習慣改善は大変?

酒飲みに酒を飲むな!断酒しろ!

なんていってみたところで

馬の耳に念仏、馬耳東風。

旦那に至っては、『痛風』で

痛い目にあいながらも、

プリン体カットのビールに

切り替えて飲んでいます。

飲んでいる量は、ほぼ一緒。

(そこまでして、ビール減らす気もない旦那。

自覚なさ過ぎてもう無理!)

匙投げ状態です。

『痛風』の激しい痛みは、

だいたい1週間~2週間程で

治まるようですが、

治ったわけじゃないのですね。

喉元過ぎると暑さ忘れる。

で痛みが去ってしまうと、

また元の食生活、飲酒生活に

普通にもどってしまう人が多いのですね。

すると、また、血中の尿酸濃度が

高まってきて、

ある日予告なく『痛風』の痛みに

悶絶する日がくるのです。

繰り返していくうちに、

肝臓の機能がどんどん悪くなっていきます。

このように、長年かけて習慣化した食生活を

変えていくことは確かに大変です。

しかし、『痛風』は肝臓からのSOS信号

できるところから食生活を改善し、

『痛風』から開放される生活を

していただきたい物です。

 

 

 

 

まとめ

長年、培われてきた生活習慣を

変えることは容易なことでは

ありません。

でも、おいしい物、大好きなお酒も

健康な体あってのものです。

体の発するSOSには耳を傾けましょう

難しく考えることはないです。

できる事から取り組みましょう。

美味しい食事も、大好きなお酒も

無理して辞めることはないのです。

辞めなくちゃならなくなるまで、

無茶をせず、程ほどに改善末永く

健康生活を維持して

楽しい毎日をすごしましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする