夫がインフルエンザに!会社にはいつから出勤させればいい?

スポンサードリンク

風邪とは違い、自宅待機

必須の病気であるインフルエンザ

症状としては風邪と

あまり変わりないけれど、

いつから出勤してもいいの?

そんな疑問を持った方も多いはず。

そんな時どうしたらいいのかを解説します。

インフルエンザ、休まなきゃダメ?

スポンサードリンク

一般的にインフルエンザは風邪と違い、

自己判断で休みというわけではなく、

発症が確認されたら休むということを

義務とする会社が多いです。

また、病院側から診断書が出て

休むことを指示されることも多いです。

インフルエンザは

ウイルス性の病気なので感染力が高く、

なおかつ死のリスクがある病気です。

学校でインフルエンザが流行すると、

学級閉鎖になるという理由の一つが

これです。

「自分がいなきゃ仕事が回らない…」

「これくらいの症状で

休むなんて責任がない」

そんなことを考えてはいけません。

むしろ、周りにうつさないために、

きちんと治すことが

社会人としての責任です。

しっかり治してからの出社をしましょう。

平均的に発症後5日間、解熱後2日間経過してから

よく、

「熱が下がったからすぐに出社しなきゃ!」

という人がいますが、それは大間違いです。

インフルエンザの多くは

ウイルスを体の外に

追い出すまでにかかる期間が

5日ほどかかるとのことです。

これは多くの場合が

これくらいだということで、

人によって左右することがあります。

解熱後2日間は安静にと

医師に言われることが多く、実際に私自身も

「外に出たり、人に会ったりするのは

熱が下がってから2日してから

じゃなきゃだめだよ」

といわれた経験があります。

じゃあ2日経ったら

行っていいのかと言われたら、

そういうわけではありません。

人によって症状は異なるのです。

発症してすぐに熱が出て、

次の日に熱が下がったからそこから2日…

となると、発症から3日しかたっていない

ことになります。先ほどあったとおり、

多くの場合でウイルスの排出まで

5日かかるのです。

ということは、まだ体の中に

ウイルスが残っている可能性があり、

周りにうつしてしまう心配があるのです。

また、学校保健安全法施行規則という

規則のなかに、インフルエンザにかかった

子供の出席停止の期間の基準がありますが、

そこには

「解熱後2日間、発症後5日間は出席停止」

という旨が書かれています。

子供のインフルエンザも

このようになっているのであれば、

大人も同様と考えてよいかと思われます。

これらのことをすべて考慮し、

大きい目安としては

発症してから5日間、解熱から2日間

ということで、1週間ほどを目安にするのが

良いかと思われます。

心配な場合は病院に行って

聞いてみましょう。

インフルエンザの型の違いに注意しよう!

インフルエンザになったら

1週間ほどを見ておくべき…

というのがここまでで

わかったかと思います。

ここからはさらに

インフルエンザの種類について

掘り下げていこうと思います。

よく「A型」「B型」など、

はやっているものに

これらの型がついている…

などを耳にするかと思います。

このようにインフルエンザには

種類があります。その種類によって、

潜伏期間や免疫効果、症状にも

差が出てくるのです。

・インフルエンザA

インフルエンザといえば一般的に

これを指すというくらいの種類です。

大体の場合、インフルエンザといって

指すものがこちら。

感染力が強く、流行しやすいのが

特徴です。人だけではなく、

鳥や馬などの動物にも感染をします。

12月~1月に流行し、症状としては

38度以上の高熱が出たり、

節々の痛みなどが出ます。

解熱までには1日ほどかかるそうです。

・インフルエンザB

感染力は高いけれど、

高熱が出にくいため

気づかないということもあるようです。

免疫を持つ人が多く、

A型ほどの感染力はありませんが、

解熱に時間がかかるというのが

特徴です。こちらは人にのみ感染する

インフルエンザです。

2月~3月に流行が多く、

「こんな時期にインフルエンザが

流行るなんて」となる場合は

このB型を疑いましょう。

症状はおなかを下すなど、

消化器系の不調の症状が出ることが多く、

熱は高熱とまでいかない場合が多いです。

しかし解熱には時間がかかり、長いと

2日以上かかることもあるようです。

実際に私もこのB型インフルエンザに

感染したことがあり、その時は

はじめ胃腸風邪だと思って

病院にかかったところ、

インフルエンザだとわかりました。

・インフルエンザC

A型、B型は比較的寒い時期である

冬に流行するものですが、このC型は

季節を問わずに感染するウイルスです。

免疫力の低い幼児に感染することが多く、

大人に感染しても

鼻づまりなどの症状のため「風邪かな」

くらいの症状で気づかないことが

多いです。小さなお子さんがいる家庭は

注意が必要かもしれません。

ほかの種類よりも感染力が低いため、

流行することはあまりありません。

そして、一度かかってしまうと

免疫がほぼ一生続くウイルスでも

あります。おたふくなどと同様、

一度かかってしまったらその後

感染することはありません。

まとめ

インフルエンザの種類によって、

感染する季節や症状に差がありましたね。

目安ではあるものの、種類によっては

「インフルエンザだから5日間」

「熱が下がったから2日」

とは言えないことがあります。

「インフルエンザかも?」

と思ったら、自己判断をせず

きちんと病院へ行き、

自分がどんな種類の物なのかを

把握しておきましょう。

インフルエンザは危険な病気です。

かからないのが一番ですが、

なってしまったのであれば、

きちんと治して

周りに広めないようにするのが

大人としてのつとめです。

元気に仕事ができるように、

しっかりと治しましょう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする