インフルエンザの検査は自分でできる?検査キットはおいくら?

スポンサードリンク

インフルエンザが流行している時期に、

発熱したりすると、インフルエンザを疑って

病院を受診しますね。

インフルエンザは感染から

48時間以内薬を投与する事で、

薬の効果が期待できる半面、

それを過ぎてしまうと、発熱や、

全身の筋肉痛など、辛い症状を

やり過ごさないといけない事になります。

場合によっては、肺炎など、

重症化してしまうこと、

家族や抵抗力の弱いお年寄りや子供に

感染を広げてしまいかねないことなど、

厄介な感染症です。

職場によっては、家族に

インフルエンザの感染者が出る事で、

出社を見合わせるよう

指導がでるところもあります。

風邪?インフルエンザ自己検査は可能?

 

スポンサードリンク

 

 

なんだか、ぞくぞくして、風邪っぽい。

職場でインフルエンザが

流行り出しているようだけど、

まさか自分も感染してしまったかなぁ~。

でも、病院に行くほど調子は悪くないし、

自分で、インフルエンザかそうでないか

判断できる方法って無いかなぁ~と

思った事がある人は、

少なくないと思います。

が、残念ながら、

インフルエンザを自己で判断できる、

検査薬検査キットは現在のところ、

市販で入手することはできません。

酷くならないうちに受診して、

病院で検査を受けるのがベストなようです。

インフルエンザの診断にかかる時間と費用は?

医療機関では、インフルエンザの

簡易キットを使って

インフルエンザの有無の判定をします。

綿棒に鼻や喉の粘液を付けて、

採取した粘液からウィルスが、

検出されるかされないかで

インフルエンザの判定をします。

手軽で一般の医療機関で検査が出来る上に、

30分程度で検査が終わり、

検査結果もウィルスの型までわかる事から、

簡易キットとはいえ、

大変優れた検査方法のため、

インフルエンザの流行時期は

この検査方法が主に採用されています。

検査費用も、保健が適用されるため、

5000円程の検査料金が約3割負担で、

2000円程で受けられます。

インフルエンザの予防接種の値段は

病院によりまちまちなようですが、

検査の費用は全国で統一

されているようです。

検査にはタイミングがあります!

しかし、このように優れた検査の

簡易キットにも難点があります。

15分程で、検査結果が判明する事は

いいのですが、インフルエンザの感染が

初期だと陽性反応を示さない事があります。

周囲で、インフルエンザが流行っていて、

自分の症状も急激な発熱に、

全身の倦怠感、それに体の節々が

尋常ではないくらい痛いから、これは…

と思い検査をしたものの、ドクターに

「インフルエンザではないですね。

風邪です」といわれ、

自宅に戻って何日も、うなって臥せっていた

なんて経験ありませんか?

私にも、何度かそんな経験があります。

寝込みながら、絶対あの、医者はヤブだろ…

とインフルエンザの診断をくださなかった

ドクターを恨みつつ…(苦)

実は、簡易キットによる検査は、

インフルエンザ発症から

12時間~24時間

絶好の頃合になるようです。が…

検査のタイミングを逃してしまったら、

そこは致し方ないので、脱水症状に気をつけ

水分補給をしっかしながら、

充分な睡眠をとり、

症状をひどくしないよう、

安静を保ちましょう。

まとめ

 

 

 

インフルエンザの検査は、

病院でしかできません

鼻や喉に綿棒を入れるのが

嫌だったり、苦痛だったりする人も

中にはいるようですが、周囲で

インフルエンザにかかっている人がおり、

何の前触れも無くいきなり、発熱や激しい

倦怠感や筋肉痛が襲ってきた時は、

半日から1日以内に医療機関にて、

インフルエンザの検査をうけましょう。

もし、インフルエンザ反応が出なくても、

明らかに体調が悪くなるようでしたら、

無理をせず、安静に療養しましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする