ノロウイルスをもらってしまった…検査時間はどれくらい?

スポンサードリンク

なんだかどうも調子が悪いなぁ…。

もしかしたら今会社で流行っている

ノロウイルス

もらってしまったかもしれない。

気になる検査時間はどれくらいなんだろう?

ノロウイルスに掛かったか

判別できるキットの他、

検査方法によって判別までに

期間を要する物もあるのか?

今回は疑問だらけの

ノロウイルスの検査方法について

分かりやすく、まとめてみました^ ^

検査キットなら15~30分程度で判明?それ以外は?

スポンサードリンク

まず、ノロウイルスの検査には主に

2種類の検査方法があります。

そのうちのひとつは

検査キットを使った検査方法です。

①検査キット

→費用は3,000〜5,000円程。

メリット:

検査時間が早く、陽性か否かわかる。

デメリット:

正しい判断結果が出ないことがある。

検査キットでの検査方法では、

費用はさほど掛からないまでも

正確さを必要としている方には、

不向きかもしれませんね(><)

とはいえ、病院に行くと大抵問診のみ

ノロウイルスと診断されることも

珍しくはないそうです。

と言うのも、お医者様は

数多くの患者さんを毎日診察しています。

ノロウイルスは季節的に

グンと発症率が上がりますし、

症状である嘔吐下痢症は主に

秋冬に流行するノロウイルスと、

そうではないウイルス、

乳幼児で考えられるのは冬や春に

主に流行するロタウイルスなど、

大抵のお医者様は問診にて判断を

することが出来るようです。

そもそも検査キットではなぜ

正確さに欠けるかといいますと、

ノロウイルスの原因菌は

小腸で活発化するのですが、

病院での検査キットでは

便を採取しての検査となります。

採取した便の量や、

使用する検査キットの種類

ノロウイルスの潜伏期間中などの

条件によっては

正確な検査結果が出ないことが

あるようです。

また、一度ノロウイルスに感染し、

症状も治ったので検査キットで検査したら

陰性と出た→出社や登校する。

という流れの方も多いと思いますが、

検査キットでの精密さは

100パーセントではありませんので、

まだウイルスが残っているのに

出社や登校をして、感染を

拡大してしまうことはよくあるそうです。

中には時間だけではなく日数もかかる検査も!それは困る…

では次にもうひとつの検査方法ですが、

もう1種類は

電子顕微鏡や精密機器を用いた

検査方法です。

②電子顕微鏡、

   リアルタイムPCR法、RC−PTR法

→費用は1〜3万円程。

メリット:

正確な検査結果が出る。

デメリット:

検査結果が出るまでに日数を要する

例えば電子顕微鏡での検査方法では、

対象となる方の嘔吐物や

便を顕微鏡で確認する方法なのですが、

費用も掛かりますし

あまり主流の検査方法ではありません。

ただやはり、精密さは確実ですので

食品を扱う会社に勤められている方には

症状があった場合には検査キットではなく、

こちらの正確さに特化した方法にて

検査を受けることが条件となっています。

また、検査に要する時間も

検査キットよりかかる為、

急ぎで検査結果を必要とする方には

不向きです。

例えば電子顕微鏡の場合は7〜10日程

日数が掛かりますが、

検査キットでは20〜30分程度

検査結果が出ます。

インフルエンザの予防接種のように

病院によっては検査費用にも

ばらつきがありますので、

病院に掛かる前に

事前に問い合わせをすることを

おすすめ致します^ ^

まとめ

嘔吐や下痢の症状が数日続くと

本当にツライですよね…。

ましてや検査キットを使っても

精度に欠けるなんて(><)と

泣きっ面に蜂のような

気持ちだと思いますが、

まだ幼い乳幼児やご高齢の方以外は

点滴や投薬を必要としない、

自宅での治療が可能な症状でもあります。

現在の医学界にはまだ感染を防ぐ為の

ワクチンや特効薬が無いのです。

検査キットであれ、

問診での診断結果であれ、

症状が治まるまでの数日間は

自宅でしっかりと安静にし、

水分補給も欠かすことを

お忘れのないようにして下さい。

水分補給も水や麦茶などでなく、

薬局や病院の自動販売機などでも

取り扱いのある経口補水液

スポーツドリンクなど、体に浸透しやすい

飲料を選ぶことも大切です。

病院にかかった際は、

お医者様から聞いたことをよく守り、

1日も早く、全快されることを

切に願います。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする