ミオナールの肩こりへの効果は?副作用は大丈夫?

スポンサードリンク

肩こりが辛くて辛くてネットで調べたり、

知り合いなどに肩こりの対処方法などを

聞いたり調べたりしていませんか!?

【病院で処方されるロキソニン】は

肩こりなどの症状のときに出されますが、

実はロキソニンよりも

即効性があると言われているお薬が!!

それが、今回掘り下げていこうとしている

ミオナールです。

聞いたことがある人もいれば

全く聞いたことがない人もいると思うので、

【ミオナール】とはどんなものなのかなどを

ご紹介していくので是非参考に

してみてくださいね♪

血行障害で引き起こされる肩こり!肩周辺の血流を良くしてくれます

スポンサードリンク

肩こりの大半血行障害

引き起こされているのですが、

その血行障害を【ミオナール】は

改善してくれて肩周辺の血流を

スムーズに戻す働きをしてくれます。

同じ姿勢を繰り返していたり、

パソコンやスマホを頻繁に使っていることで

肩周辺の筋肉が緊張状態になり、

血流が思ったようにスムーズに流れずに

血行が悪くなり肩周辺の神経などが

刺激を受けることで肩こり

引き起こされるのですが、

ミオナールはこの主な2つの原因に

とても効果的に働いてくれます!

副作用は眠気だけ!肩こりに安心して服用できるミオナール

 

 

 

どんな薬にも副作用は付き物ですが・・・

ミオナールは【眠気】しか副作用が

ないんです!

他の薬には少なくても3~4つの

副作用があるのですが、

ミオナールに限っては

1つととても少ない副作用なので安心して

肩こりに使うことが出来るんです。

少し前だと【ミオナール】ではなく

【ロキソニン】が処方されている

こともありましたが、

ほとんどの方がご存じだと思いますが・・・

ロキソニンは【副作用がとても多い】と

言われているお薬なんです。

ロキソニンの副作用でよく聞くのが、

胃腸障害」があります。

ロキソニンが処方されるときは、

胃や腸を保護してくれる薬も

同時に処方されますが、

胃や腸、肝臓などの働きが

鈍くなったりすることがあるようなんです。

そんなロキソニンは、

長期の服用はおすすめされていません!

なぜなら・・・「胃潰瘍」になってしまう

場合が報告されているからです!

また、ごく稀に

「小腸や大腸の狭窄(きょうさく)や

閉塞(へいそく)」

などが起こる場合もあると

言われているんです!

ロキソニンは副作用が結構ひどいのですが、

【ミオナール】は眠気だけなので

「その後の体の異常」などの

副作用の心配がないため、

現在は病院の多くが

【肩こりにはミオナール】

考えられています!

ミオナールの種類って?1日に決まっている数量はどれくらい?

ミオナールには50mgの錠剤があり、

更に顆粒10%があります。

錠50mgは成人であれば

1日に使用できる量として

「エペリゾン塩酸塩」が主成分なので

1日辺り150mgになるように

3回に分けて毎食後に服用します。

年齢や、症状などにより

増減する場合もあるそうです!

顆粒10%は成人であれば

1日に使用することができる量として

1.5gです。

「エペリゾン塩酸塩」として考えると

150mgになるので

3回に分けて毎食後に服用します。

こちらも年齢や症状により増減します。

もしも、毎食後と

決まっているのにも関わらず

飲み忘れたからといって

1回に2粒飲むなどはしないでください!

飲み忘れた場合は

1回分は飛ばして飲むようにしましょう。

*現在では、ミオナールの

ジェネリック医薬品(後発医薬品)が

様々な会社から出てきています。

 

 

まとめ

肩こりというと少し前は【ロキソニン】

でしたが、現在は【ミオナール】が

主流になってきています。

決められた用量をきちんと守り使うことで、

肩こりに効果的に効いてくれ

痛みなどが軽減することが可能なんです!

ロキソニンよりも副作用が少なく

とても安全性の高いミオナールは、

「眠気」という副作用だけなので

ロキソニンで報告されている

胃や腸などの負担などは

ミオナールにはないとのことなので、

体内の臓器には負担なく

肩こりに使用することができる

お薬となっているようですね♪

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする