その水泡はヘルパンギーナ?手足口病?違いを押さえて正しい対処を!

スポンサードリンク

小さな子どもがかかりやすく、

夏に流行する病気は

いろいろありますよね。

ヘルパンギーナと手足口病は

その代表的な夏に

流行する病気です。

困ったことに、この2つには

似ている部分があるので間違えやすいんです。

今回は、それぞれの症状の違いを知って、

正しい対処の仕方を学んで行きましょう。

ヘルパンギーナと手足口病の似ている症状は?

似ている症状は、

のどが腫れることと水ぶくれが

できることが特徴的です。

原因も似ている

どちらも原因はウイルスの感染です。

そして原因になるウイルスも同じく、

エンテロウイルスです。

その他の共通点

夏に流行する子どもの病であることと、

飛沫感染と接触感染が

感染経路であることなどがあげられます。

本当に症状が似ていて

まぎらわしい病気ですね。

次に、それぞれの症状について、

分かりやすく説明していきます。

ヘルパンギーナの症状とは?

スポンサードリンク

初期症状は突然の発熱から

始まることが多いです。

38.5を超えるような

かなりの高熱になることも

珍しくありません。

そのあと、口内から喉の奥に

かけて痛みを伴う水疱ができます。

4歳以下の子どもに感染が多く、

特に1歳に多く見られるのが

特徴です。

続いて2歳、3歳、4歳の順に多く見られ、

0歳児はそれほど多くはありません。

こちらの原因となるものは

エンテロウイルスというものです。

くしゃみ、せきに含まれるウイルスを

吸い込んでしまう飛沫感染や、

ウイルスのついた手で粘膜に触れてしまう

接触感染が主な感染経路になります。

潜伏期間は2~4日程度です。

治療後はほとんど良好なので

それほど心配はないのですが、

ごくまれに髄膜炎(ずいまくえん)、

心筋炎(しんきんえん)などの合併症が

起こることもあります。

症状が急激に悪化した場合は、

病院を受診することを

おすすめします。

手足口病の症状

病名の通り、手足や口内に水疱性の発疹

現れるのが特徴です。

子どもの場合は熱が出ることもありますが、

多くは38度以下の

微熱にとどまることがほとんどです。

こちらの病原体となるものも

エンテロウイルスで、

感染経路はヘルパンギーナと同じく

飛沫感染、接触感染となります。

潜伏期間は3~7日程度です。

患者の約90%が5歳以下の子どもで、

重症化することはごくまれですが、

中には心筋炎(しんきんえん)や

急性脳炎(きゅうせいのうえん)などの

恐ろしい合併症を引き起こすケース

もあります。

症状が思わしくない場合は、

あわてず病院を受診してください。

ヘルパンギーナと手足口病、異なる症状は、これ!

次は、この2つの病気の決定的な違い

について学んでいきましょう。

・両者の違いは水疱のできる範囲で、

手足口病は、手足や口内に発疹が現れますが、

ヘルパンギーナの場合は、

手や足に発疹は出ません。

・手足口病は37℃~38℃の熱で、

発熱しない場合もありますが、

ヘルパンギーナは39℃~40℃の高熱

突然出ます。

こうして症状を比較して見ると、

全体的に発疹が見られる

子どもで元気な場合が多いのが

手足口病

発疹は見られないのに、

子どもにとってつらいのが

ヘルパンギーナと言えそうですね。

手足口病とヘルパンギーナの対処法は?

どちらも

予防薬や治療薬が存在しない病気です。

そのため、

安静にすることが治療の基本になります。

高熱には解熱剤、

皮膚症状には抗ヒスタミン薬

(炎症を抑える薬)というように、

辛い症状を抑えながら病気が治るのを

待ちましょう。

まとめ

少しは安心できたでしょうか?

どちらも安静にしていれば

自然に治る病気なので、

診断を間違うと困るわけではありません。

時間と共に回復するものなので

過度の心配はいりませんが、

万が一の合併症が怖いため、

症状が急に悪化した場合には

迷わず病院を受診してくださいね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする