ショック!エアコン内部は、カビだらけ?カビ防止の強い味方をご紹介

スポンサードリンク

みなさんはエアコンの掃除

こまめにしていますか?

つい先日もしたよ!

という方はきっと空気に

気を付けている方だと思います。

そうやってこまめに

掃除をしているにも関わらず、

なぜかエアコンが臭い…

ということはありませんか?

そんなとき、

エアコンの内部では

世にも恐ろしい光景が

広がっているかもしれません…。

エアコンが臭いときの

対策法をチェックしましょう!

エアコン内部 カビがはえる原因と対策

スポンサードリンク

そもそもエアコンから

なぜ臭いにおいが出るのでしょうか。

エアコンの臭いの原因はカビの臭い、

部屋の臭い、

そしてエアコン内に残った

湿気の臭いと言われています。

エアコンをしばらく運転させると

臭いが消える場合は、

エアコン内部の湿気の臭いが原因です。

ひとまずそのまま

運転を続けて様子を見てみましょう。

そのうち臭いが消えるようなら、

特に対策は必要ありません。

部屋の臭いについても、

こまめにエアコンを

掃除するような方であれば

気にしなくて大丈夫でしょう。

問題は、カビの臭いの場合です。

実はエアコンを使って

1ヶ月もすれば、

カビが大発生するって知っていましたか?

エアコンを運転させると、

温度や湿度によっては

内部に結露が発生します。

この水分と、

フィルターに詰まったホコリなどの

汚れを栄養にして

カビが繁殖するのです。

エアコン内部は

カビにとって非常に

住み心地がよい空間なので、

どれだけ気を付けても

カビが発生してしまうことがあります。

根本的に解決するには

やはりエアコン内部の掃除が必要です。

通常行っているような

フィルターや洗浄スプレーを

使った掃除ではなく、

エアコンのパーツを分解して

奥の方まで洗う必要があります。

普段から掃除をしていても

臭いが消えないのは、

掃除が届かない奥の方まで、カビに

侵食されてしまっているからなのです。

エアコン自体を

壊してしまう可能性があるので、

こうなってしまったら一度

専門の業者にエアコンクリーニングを

依頼したほうが良いでしょう。

できれば徹底的に

パーツの内部まで

掃除してくれる業者を探してください。

オプションで防カビ・防菌の

対応をしてくれるところもあるので、

そういったサービスも

合わせて検討すると良いでしょう。

こうしてプロに

キレイにしてもらったあとは、

自分でキレイを

長持ちさせる対策を行いましょう。

まずフィルターの掃除を

定期的に行ってください。

週一回、最低でも1か月に1回程度

実施します。

忙しい時は掃除機で

フィルター部分につまったホコリを

取り除くだけでもOKです。

エアコンを使い終わった後は、

送風運転を1時間ほど行って

内部の結露を乾かしてください。

内部乾燥や

内部クリーンという機能があれば、

それを使うとよいでしょう。

リモコンで毎回内部クリーンを

自動で行う設定にしておくと

忘れずに済みます。

最近のエアコンは送風機能がなく、

内部クリーン機能のみ

というタイプもあるそうです。

最後に、部屋の換気を定期的に行うこと。

換気をすることで

できるだけ部屋の湿度を下げ、

カビの胞子を部屋の外に

追い出すことが肝心です。

部屋を加湿しすぎると、

逆にカビが繁殖して良くありません。

湿度計をよくみて

適切な湿度に保ってください。

こうした対策は

エアコンが稼働してない期間でも

実施しておくのがミソです。

1年に1回は

エアコンクリーニングを

依頼するのがオススメされています。

エアコンがフル稼働する前に

クリーニングを依頼するような

サイクルをつくっても良いでしょう。

エアコン内部のカビがアレルギーの原因に

エアコン内部のカビを放置すると、

臭いだけでなく

いろいろな病気の原因になることは

ご存知ですか?

エアコンや加湿器の清掃を怠っていると、

その中のカビを吸い込んでしまい、

肺炎を起こすことがあるのです。

特に有名なのが

トリコスポロンというカビで、

エアコン内でも繁殖しやすく

全国どこにでも見られるカビです。

『夏型過敏性肺炎』

という病気を引き起こし、

年中咳が出てまるで治らない

夏風邪をずっと引いているような

症状が出ます。

エアコンの稼働シーズンだけ

咳が出やすくなった、

という症状があるときは要注意です!

最悪の場合、

呼吸困難に発展するので

命にかかわる問題になってきます。

さらに、アレルギー性鼻炎など、

アレルギーの原因となることもあります。

もちろん気管支喘息になることもあります。

子供や老人など、

免疫力が低いうちは

特に気をつけなければなりません。

特に恐ろしいのが

『アレルギー性気管支肺アスペルギルス症』

というもので、

気管支喘息にかかっている人が

なりやすい病気です。

喘息と似た症状が出ますが、

喘息の薬では治りません。

いつもの薬で症状が改善しないときは、

アスペルギルスのアレルギー検査を

受けてみてくださいね。

まとめ

エアコンをどれだけ気を付けて

掃除していても、

奥の届かないところに生えてしまったら

プロのチカラを借りるしかありません。

年に1回ぐらいの頻度で、

徹底的にキレイにしてもらいましょう。

キレイになったエアコンを

長持ちさせるには、

たとえオフシーズンでも

しっかりとお掃除を続けることが大切です。

そして使ったあとの内部乾燥を忘れずに!

カビを放置すると

様々な健康被害を及ぼします。

特に気管支が弱い子供には危険です!

お母さんがしっかり守ってあげてくださいね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする