もしかしてりんご病?!子供を病院に連れて行く必要は?

スポンサードリンク

結論を先に言います。

りんご病警報が周囲で発令されていない「りんご病」受診したほうがよいです!

りんご病の名前の由来は、頬が赤くなることからきています。

正式名称は「伝染性紅班」といいます。

春先から夏にむけて、幼稚園や保育園、小学校でたまに流行がみられますね。

ウィルス自体は、さほど、感染力の強いものではないのですが、免疫力に乏しい幼児や小学校低学年の児童が友達と遊ぶ中で素肌に接触し、飛沫など受ける事で感染が広がります。

りんご病の潜伏期間は約2週間ほどですが、この期間は、ほぼ、自覚症状がでません。

潜伏期間を経て、鼻水セキ発熱といった風邪の初期症状が現れ、最終的に頬が赤くなるといった、りんご病特有の症状を見せます。

「あれ?ほっぺたが異常に赤くない?あら、発疹も…もしかしてりんご病?」となった時には、もう既に、感染能力は無くなっています。

自覚症状のない潜伏期間の2週間、我が子は元気な病原菌保有者!

本人の知らないところで、感染を拡大させてしまっています。 (まさしく、陽気なバイキンまん状態?いや…カビルンルン?)

「要受診?それとも受診は不要?」

スポンサードリンク

こんな風に、集団生活で、もともとは、誰かに感染させられたんでしょうけど、気がつけば、感染拡大?!に手を染めていたんだわ…と、ほっぺを真っ赤にしている我が子をみて思わず苦笑してしまうお母さん。

インフルエンザやはしかなど、他の感染症とは違い、比較的経度な症状で済むことが多いりんご病ゆえ、お母さんにの気持ちにも余裕。

子供自身もあまり辛そうでないため、「幼稚園でも流行ってるから仕方ないねぇ~」程度で済んでしまうわけです。

しかも、既に感染済みの兄弟がいたりすれば、りんご病の症状が出た時には、もう、周囲に感染しまくった後。

元気もいいし、病院へいっても、特別な治療があるわけじゃないし、処方箋もないからと、受診もしないベテラン?ママさんも少なくはありません。

受診するかしないか…迷っている新米ママさん!!

最終的な判断は、親御さんにありますが、少なくとも、りんご病警報が周囲で発令されていない時の「りんご病?」は受診したほうがよいのでは…

なぜなら、頬が赤くなる疾患には、心臓病が…(それこそ、命にかかわります)

発疹は、時として、風疹蕁麻疹など、他の病気の症状であることもあるからです。

これらの疾患は、りんご病とは違い重篤な症状になり、お子さんが辛い思いをするだけではなく、新しい感染源となってしまうので、受診することをお勧めします。

「熱が出てだるそう…発疹が痒そう…お風呂は?」

一般的には、子供のりんご病は重篤な症状になりにくいとは言われています。

とはいっても、人それぞれ、個人差もあれば、その時の体調の加減で、熱が出てぐったりしてしまう子もいます。

りんご病そのものの治療法はないので、対処療法として、あまりにも、高熱で子供が辛らそうであれば、医師と相談の上、解熱剤を処方してもらうのもいいでしょう。

但し、解熱剤の乱用は、かえって病気の回復を遅らせる可能性もあるので、避けましょう。(ぐずりもせず、よく遊び、よく眠るようでしたら、水分補給をしっかりして、様子を見ましょう。)

また、発疹を痒がるようでしたら、こちらも受診して、痒み止めを処方してもらいましょう。痒みで、肌を掻き壊してしまうと、小さなお子さんは、傷口を化膿させてとびひなどの2次感染を起こしかねません。

とびひは、免疫機能が落ちているとかかりやすいです。そもそも、りんご病は免疫力が低かったためにかかってるわけですから…特に日頃から皮膚の弱いお子さんには充分な注意が必要です。

お風呂なのですが、発疹が体に出ている時に入っても大丈夫ですが、体が温まることで、痒みが強くなる事があるので、あまり、長湯はしないほうがよいかもしれません。

体の清潔を保つために、ぬるめのお風呂もしくはシャワーを利用するのもいいでしょう。

まとめ

りんご病は、大人になってからかかると、症状が酷くなります。

特に妊娠20週未満の妊婦さんは、上のお子さんがりんご病に感染したら、最悪胎児が流産、となるようなことがないよう、マスク、手洗いを徹底し、できればお子さんを隔離するなど、りんご病に感染しないよう予防に努めましょう。

できれば、子供のうちにりんご病は済ませておきたいものですね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする