もしかして夏バテの症状?その吐き気は要注意!!

スポンサードリンク

これからの季節、夏バテ嫌ですよね。

夏バテとは”夏の体の不調全般”のことです。

倦怠感とか吐き気とか・・・暑いし具合悪いって最悪ですよね。

その夏バテの中にも危険な症状があるんです!

ズバリ!「吐き気」です。

暑いのに気持ち悪い・・・っておかしいですもんね・・・。

それでは夏バテについて原因や対処法を書いて行きたいと思います。

「夏バテの原因とは?」

スポンサードリンク

できれば夏バテから避けて生活したいですよね。それでは原因について。

・体の水分不足、ミネラル不足

暑いと汗とミネラル分をたくさん出てしまうので水分補給が足りなくなりますよね。

自分が思ってるより排出してしまうので、たくさん水分補給が必要となります。

・暑さで食欲不振になり食べなくなる

暑いとどうしても食べるの嫌になっちゃいますよね。

吐き気もするし・・。

栄養のないアイスクリームなどを食べがちになり、栄養不足にもなっちゃいます。

栄養不足は不健康の元です。しっかり栄養のあるものを食べましょう。

・屋内と屋外の外気温の差で自律神経が乱れる

屋内は涼しいのに屋外は死ぬほど暑い・・・・。

人間は気温差が激しいと自律神経を乱してしまいます。

あまりクーラーに頼るのはよくないです。

せめて、25度くらいの設定にするのがいいでしょう。

あとは基本的な生活習慣を送れていない方がなりやすいです。

インスタント食品ばかり、3食きちんと食べない、野菜は食べない、クーラーばかり、アルコールを大量に摂取している、シャワーだけで済ましてしまう、睡眠時間が少ない、運動は全くしない等・・・

確かにちゃんとした生活習慣をおくることはめんどくさいかもしれないかもしれません。

でも夏バテになる方がもっとめんどくさいことが増えるだけなので、生活習慣は気をつけましょう。

では夏バテで1番危険な”吐き気”をかんじる方について書いて行きたいと思います。

「吐き気を感じた時の対処法」

まず、吐き気をかんじる原因は自律神経の乱れです。

先ほども書いた通り、外気温との差が自律神経を乱してしまいます。

そして暑いからと冷たいものばかり食べていると、胃腸の働きが悪くなるため、便秘や下痢を起こしたりします。

胃も弱ってしまうため、吐き気も起こしてしまいます。

簡単な対策としては、

・エアコンの温度は25〜28度くらいに高めに設定すること

・エアコンの温度が変えられない場合はブランケットなどを使用すること

冷たい飲み物・食べ物の摂取は控えること

この3つは簡単にできますよね。

そうすれば吐き気も治るはずです。

次に、もう夏バテになっていて吐き気が辛いという方に。

・温度39度〜40度で20分ほど入浴すること

入浴は自律神経の乱れを改善してくれます。

入浴後はしっかりと水分補給も欠かさずにしましょう。

・エアコンの温度を28度に設定すること

夏バテ対策にもなるし、なってしまった方にも効果があります。

・3食きちんと食べること。

きちんとしたご飯を3食食べることによって吐き気も治ります。

食べるのが辛くても、少量でもいいので食べましょう。

そして先ほども書きましたが、やはり水分補給は大事です。

「夏バテについて、最後に」

夏バテ、なりたくないですよね?なりたくない人しかきっといないでしょう。

生活習慣を改めることが1番の対策になります。

上記に書いたことをすれば、鬱陶しい夏バテなんかにならなくてすみます。

頭痛や吐き気や倦怠感だなんて嫌ですよね?生活習慣を改めれば、夏バテだけじゃなく、体も健康になり、自律神経が乱れることもありません。

自分の体は自分で守るものです。

そのためにはきちんとした生活習慣、体調管理をしましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする