夏バテ気味ではありませんか?症状の危険度を簡単にチェックしよう!

スポンサードリンク

これからどんどん気温が

高くなってきますが、

夏に向けて気になることといえば

夏バテです。

テレビでも夏バテ予防についてや

夏バテ対策食材についてやっていたり、

これからのシーズンに向けて

特集がくまれたりしていますよね。

特に最近では、

真夏の気温が平均でも30度近く、

体感的にはもっと暑く感じるかと思います。

そんな季節が

もうしばらくするとやってくるなんて、

想像しただけでバテちゃいますよね。

日本の夏は高温多湿が基本です。

この高温多湿な気候というのは、

体力を消耗しやすい気候でもあるのです。

人間の身体はこの気候に

慣れようと対応しようとしますが、

うまく対応しきれず

だるさ疲れ食欲不振などが

出てくるのです。

このような状態になってしまうことを、

夏バテといいます。

特に夏場、水分ばかり摂取していませんか?

例えば水分補給にとジュースや

冷たい飲み物ばかり飲んでいると、

胃液が薄まってしまい消化機能が弱くなり、

食欲不振に繋がってしまいます。

私自身、昨年の夏、夏バテになってしまい

食欲不振に陥りました。

食べれないので

体重とともに体力も落ちていき、

結果疲れやすくなってしまいました。

今年の夏こそは、

バテない身体をつくらないといけないなぁと

今から真剣に考えています。

夏バテをしたくない方は多いはず!

夏バテがどういう症状なのか、

夏バテの危険度についてまとめたので

是非チェックをして、

今年の夏を気持ちよく乗り越えられるように

していきましょう。

健康セルフチェックで夏バテ危険度を調べましょう!実は放っておくと危険な夏バテ

スポンサードリンク

まずは、ご自身でできる

セルフチェックをしていきましょう。

  1. 暑い日はシャワーだけで済ます。
  2. 冷房をガンガンかけている。
  3. あまり運動をしない。
  4. 昼食を抜くことが多い。
  5. 食欲がないときは、軽いもので済ます。
  6. 食事が同じものばかり。
  7. 暑いと冷たいものをたくさん飲む。
  8. 汗をかきたくないから水分を控える。
  9. 夜更かしすることが多い。
  10. 睡眠時間が短い。

以上の10項目になります。

チェックする項目が多いと

夏バテになりやすくなってしまいます。

日頃の生活習慣、どうでしょうか。

特に夏場は暑いから

シャワーで済ます人も多いはず。

私も夏場はシャワー派です。

ですが、

夏場もしっかり入浴してあげることで、

夏バテ予防に繋がっていきますので、

今年の夏はシャワーをやめて

お風呂にしっかり浸かりましょう。

あとは、食事

偏った食事をしてしまうと、

必要な栄養が摂れず、免疫力が低下し、

自律神経に影響を及ぼしてしまいます。

水分補給に関しては、

飲みすぎも飲まなさすぎも

どちらも気をつける必要があります。

例えば

冷たいものをたくさん飲みすぎてしまうと、

食欲の低下や

身体がだるくなる原因になりますし、

逆に飲まなさすぎも

汗が出にくくなってしまい

結果自律神経の乱れに

繋がってきてしまいます。

なので、

適度な量を守って水分補給をすることが

大切になってきます。

そして夜更かしや睡眠時間が短いと、

疲れが溜まりやすい身体になってしまい

ちょっとした暑さでも

夏バテしやすくなってしまいます。

もし、チェック項目に

ひとつでも該当する方は、

生活習慣を見直すように心掛けましょう。

梅雨の時期から夏バテが出る人も…早めに症状を知って夏を乗り切ろう

夏の暑さは真夏に入る前からやってきます。

6月の梅雨の季節からも

夏バテが出てしまう方も

いらっしゃるのです。

特に梅雨の時期は、

暑さもありジメジメさもあるので

身体的にもだるくなりやすい季節ですよね。

これは夏バテなのか…

とそのままにしてしまうと、

夏本番で本格的な夏バテデビューを

してしまうかもしれません。

今から症状をチェックして、

もしなってしまった場合でも

すぐ対処できるようにしておきましょう。

夏バテの症状としては、

身体のだるさ・食欲不振・微熱・胃痛

下痢・便秘・頭痛・吐き気・めまい

などがあります。

下痢と頭痛は両極端ですが、

ふたつとも胃腸の不調からくるものです。

そして、注意が必要なのは

頭痛や吐き気です。

頭痛がすると

何もかもやる気がなくなってしまったり、

吐き気の場合は食欲不振になってしまい

体力の低下に繋がってしまいます。

この症状が出たとき、

夏バテの可能性が高いので

早めに対策ができるように

準備をしておきましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか?

これからの夏本番に向けて、

今から生活習慣の見直しを心掛けて

夏バテにならない身体を

一緒につくっていきましょう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする