夏風邪?咳と鼻水が止まらない!正しい対処法を教えて!

スポンサードリンク

これからの季節特に

気をつけたいのが夏風邪です。

毎年夏風邪に悩まされている方も

多いのではないでしょうか。

夏風邪とはどういったものなのか、

そこからまず知っていきましょう。

実は、風邪のウイルスというのは

200種類以上あると言われています。

その中でも

夏の暑さと湿気を好んで

活発に活動するウイルスがあります。

夏に活発に活動するウイルスに

感染してしまうことを、

夏風邪と呼んでいるのです。

夏風邪の流行る時期は、

気温と湿度が高い5月から8月

となっています。

まさにこれからの季節ですよね。

夏風邪の主な原因ウイルスは、

エンテロウイルス属のエコーウイルス・

コクサッキーウイルス・アデノウイルスで、

これらのウイルスが

夏風邪の代表的な症候である

ヘルパンギーナ

手足口病咽頭結膜熱などを発症します。

ただし、これらの症候に

はっきりと当てはまらなくても、

高熱・喉の痛み・咳・嘔吐・下痢・発疹など

夏風邪ウイルスによるものとみられる症状や

経過があれば、

これらも含めて

夏風邪としていることが多いようです。

できれば、

夏風邪にならないことがベストですが、

なってしまった場合、

早く治したいですよね。

特に夏風邪は長引く風邪でもあるので、

しっかり対処して

良くしたいと思っている方は多いはずです。

今回はその厄介な夏風邪について

まとめさせていただきました。

毎年、喉や咳・鼻水に悩まされている方!

必見ですよ!

是非、参考にしてみてください。

医師の監修による正しい対処法!ウイルスには生姜と大根が効果的?

スポンサードリンク

一度ひくとなかなか治りにくい

と言われる夏風邪ですが、

できるだけ早めに治すためには

どうしたらいいのでしょうか。

夏風邪を長引かせないためには、

早い段階から

正しいケアをすることが大切です。

そもそもなぜ夏風邪が長引いてしまうのか。

夏風邪の原因となるウイルスは、

そのほとんどがお腹の中で増殖するため、

体外に排出するまで時間がかかり

治りにくいという特徴があります。

また、夏風邪のウイルスに対する

有効な治療薬がなく

細菌でしか抗生物質が効かないことも、

長引く理由のひとつと考えられています。

夏は暑さや食欲不振などから

体力免疫力が落ちやすい

という理由もあるでしょう。

改善させるには、

症状を緩和させる対処療法を

行うしかないので、

少しずつ免疫力をつけて

自然に治るのを待つしかないのが現状です。

ではこの夏風邪、

一刻も早く回復するためには、

とにかく体力・免疫力を

つけることが大切です。

なので、あんまり体力を

消耗しすぎないように、

睡眠を十分にとって身体を休ませましょう。

食事もできるだけ消化のいいものを

食べた方がいいですね。

おかゆやうどん・豆腐など

喉への刺激が少ないものにしましょう。

その中でも、生姜は風邪に効いてきます。

生姜には、咳・痰の緩和・新陳代謝を高め、

疲労回復などさまざまな効きめがある

食べ物になっています。

おかゆやうどんに入れてもいいですし、

生姜湯として飲むのもいいかと思います。

あとは大根です。

大根には消炎作用があり、

喉の腫れを和らげてくれるそうです。

特にその汁に効果があり、

大根はおろすと

硫黄成分が多くなり咳に効きます。

なので、上澄みにある

大根の汁気を含んだはちみつを飲んだり、

紅茶に入れてみるといいと思います。

是非、夏風邪をひいたときは

生姜と大根を積極的に摂っていきましょう。

喉が痛くなったらネギ湿布を!食事がままならない時はヨーグルトやアイスクリームを食べよう!

喉が痛くなったらネギがいいと

よく聞きますよね?

ネギには硫化アリルという成分が

含まれています。

この硫化アリルは

血液がサラサラになる

という効能があるんです。

血管をサラサラにすると

どうなるかというと、

・血管が詰まらなくなる

・動脈硬化の予防ができる

・血栓ができにくくなる

ということで、

血液の流れが良くなり

基礎代謝が良くなるというわけです。

ではこのネギをどうしたらいいのか、

喉が痛い場合はネギ湿布が良いでしょう。

実は血管を温めることが目的ではなく、

このネギの匂い成分に

消炎殺菌作用があるのです。

風邪や喉の痛みに効く成分を

外から吸入するというイメージですね。

またこの匂いに包まれると

睡眠誘導効果もあり、

喉に巻くと良いと言われるのは

効果的にこの匂いを嗅ぐことができ、

固定できる場所として

おすすめされているんです。

なので、喉が痛い場合は

ネギ湿布をやってみましょう。

もし、喉が痛くて

食事がままならない場合には、

消化のいいヨーグルトやアイスクリームなど

喉に対して刺激が少ないものを、

摂ってあげるといいでしょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

もし夏風邪をひいてしまったときは、

これらを参考にして

早く治るようにしていきましょう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする