夏風邪で高熱を出してしまったうちの子供!対処法と食事は?

スポンサードリンク

最近、急激に気温もあがり

夏日と思わせる日も増えてきましたね。

急激な気温の変化に

身体はついていってますか?

私の夫は気温の変化についていけず、

風邪をひきかけています。

周りでも頭痛鼻水

風邪をひいてる人が増えてきました。

急な温度変化は嫌になっちゃいますね。

これから特に夏に向けて

体調を崩す方も増えてくるかと思います。

そう、夏風邪です。

夏風邪の厄介なところは、

すぐ治らないことですよね。

私自身は

夏風邪は基本的にひかないのですが、

去年は夏バテで弱った身体に

夏風邪という最悪なコラボレーションを

してしまいました。

夏バテで免疫力低下しているので、

なかなか治らず結局3週間近く

体調がイマイチな状態が続きました。

夏風邪の主な症状として、

腹痛下痢があげられます。

夏風邪が特に

お腹の風邪」と言われるのはこのためで、

夏風邪をひくとそれだけ

顕著に表れやすい症状と言えるでしょう。

夏場は特にエアコンなどで

身体が冷えるので、

お腹を壊しやすい状況にもある

と言えますが、

何日も下痢が続く場合は

夏風邪を疑ってみるのがよいと思います。

また、もうひとつの特徴として

喉の痛みがあります。

空気が乾燥しているわけでもないのに、

喉の痛みや咳が出たら

夏風邪を疑ってみましょう。

そのほかにも

発熱頭痛など症状があります。

そんな厄介な夏風邪。

特にお子さんなどがかかってしまうと

大変ですよね。

今回は、その厄介な夏風邪について

まとめてみました。

是非、チェックしてみてください。

夏風邪は厄介!無理をせずに数日は安静にさせて氷枕などで冷やすことが大切!

スポンサードリンク

そもそも夏風邪と普通の風邪との違いは

ご存知ですか?

夏風邪と何が違うのかというと、

ウイルスの違いなんです。

夏風邪のウイルスは、

高温多湿が大好きなんです。

夏風邪の種類は2種類で、

ウイルスによって症状が変わってきます。

まず、にくるタイプは

アデノウイルスが原因です。

激しい咳や喉の痛みは

このウイルスが原因となります。

特に子供の夏風邪は

プール熱」とも言われ、

このタイプが多いです。

そして、おなかにくるタイプは

エンテロウイルスが原因です。

夏風邪はこのタイプがほとんどで、

腹痛や下痢を引き起こすウイルスです。

そんな夏風邪で高熱が出た場合

どうしたらいいのか。

熱が出たら基本的に無理はせず

安静にしてください。

しかし、夏風邪は長引くものでもあるので、

しばらく安静にしていても

すぐに治るとは限りません。

夏風邪は油断せずにじっくり向き合って

対処することが大切です。

具体的な対処法としては、

・消化のいいものを食べる

・ゆっくり睡眠をとる

・湿度を下げて室内を快適にする

・熱が高い場合は、氷や保冷剤で体温を下げる

 

以上のことが大切になります。

特に高熱が出たときは、無理せずに

休んで治すことに専念しましょう。

治療期間は2〜3日ほどで、

この数日を耐えれば熱は下がります。

消化のいいものを食べて、

ぐっすり眠って安静に過ごしましょう。

食事は消化にいいものを!ネギや卵などが効果的!

では、夏風邪を治す食べ物は何があるでしょうか。

①卵

 

消化がよく栄養価が豊富です。

食欲がなくて、

あまり食べられないときは

おかゆなどに混ぜて食べるといいでしょう。

栄養を取り入れて

体の免疫力を高めてくれます。

②しょうが湯

 

しょうがには、

・体を温めてくれる

・吐き気をとめてくれる

・消化を助けてくれる

などの効果があります。

ですので、胃腸の症状がでる風邪には

もってこいの食材なのです。

③くず湯

 

くず湯は日本古来から伝わる上薬です。

整腸作用が強く、とても消化がいいので

食欲不振のときにはいい食材です。

④梅干し

 

梅干しには、解熱効果や抗菌作用、

疲労回復などの効果があります。

⑤玉ねぎ

 

玉ねぎには、鼻水・鼻づまりを

緩和してくれる効果があります。

ただし消化には

あまりいい食べ物ではないので、

お腹の調子が

回復してからにした方がいいでしょう。

⑥アロエ 

 

アロエには、

咳をとめてくれる効果があります。

ヨーグルトと混ぜて

食べるのがいいでしょう。

⑦発酵食品

発酵食品には、夏風邪の原因となる

ウイルスが感染するのを、

腸から防いでくれます。

整腸作用が強いのでおすすめです。

夏風邪は、夏に繁殖するウイルスと

クーラーなどで体が冷やされて、

免疫力が落ちることでおこる病気です。

菌ではなく、

ほとんどがウイルスの仕業なので、

抗生物質が効きません。

ですので、

しっかりと食べ物で治していきましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか?

夏風邪になる前に

今から予防していきましょう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする