怖い食中毒を予防するために!家庭でできる手洗い指導

スポンサードリンク

テレビで時々見かける食中毒の報道。

学校給食であったり、個人であったり、

いずれにせよ食中毒は恐いものですよね。

大人であっても

かかりたくない食中毒ですが、

「もしも、うちの子食中毒になったら

どうしよう…」と

お子さんを持つママはとても心配なのでは

ないでしょうか?

筆者も、小さい子ども持つ母親なので

「もしも、子どもが食中毒になって、

症状が重篤になってしまったら…T^T」

と不安になる気持ちは、

痛い程良く分かります。

そんな大切なお子さんを守りたいママ!

今から一緒に

憎っくき食中毒からお子さんを守れる様、

まずはママさんが

食中毒予防の基本「手洗い」について

今回は学んでいきましょう♪

食中毒、誰でもできる簡単予防法!

スポンサードリンク

「手洗い」について学ぶ前に、

他にも簡単に予防出来る方法が

あるのでそちらも合わせて

ご紹介していきますね〜^ ^

まずは食中毒の予防三大用語ともいえる、

細菌を

①付けない

②増やさない

③菌を殺す

のもと、実際にどんなことに気をつけたら

良いかをご説明します♪

《①細菌を付けない》

こちらは主に、ママのお仕事でしょうか^ ^

まずは、

食品選びからがすでに重要なのです。

・消費期限などの表記があるものは

必ずチェック。

 

・生鮮食品は買ったら寄り道せず、

真っ直ぐ帰宅し、

すぐに冷凍庫や冷蔵庫に入れましょう。

 

・冷蔵庫での保存は、効率良く冷やす為にも

あまり詰め込み過ぎない。

 

→ちなみに冷蔵庫では、

詰め込みすぎると冷気の流れが

妨げられるので、

省エネ効果は薄れてしまいますが、

冷凍庫では食品をきっちり詰めた方が

空気に触れる面積が少なくなり、

省エネ効果が上がるそうです^_−☆

《②細菌を増やさない》

・キッチンは常に清潔に。

(ゴミはしっかりと片づいているか、

ふきんやタオルも交換を怠っていると、

細菌が繁殖してしまいます)

・調理前には手洗いの徹底。

(後ほど〜)

・生肉や生魚をまな板で切ったら、

そのまま生で食す野菜や

果物を切ることはやめる。

→生肉などを切った際は一度洗剤で洗い

熱湯を掛けたあと使用した方が

良いでしょう。

最近ではまな板の両面で

【肉・魚用】、【野菜用】で

分けられている物も

主流になってきましたね^ ^

そういった物も上手く活用して★

・一度解凍したら、使い切る

→解凍や再冷凍の繰り返しは、

菌を増やしてしまいます

《③細菌を殺す》

・加熱は十分に。

→目安としては、

中心部の温度が75度1分以上の加熱。

が推奨されています。

・電子レンジ調理では熱の伝導が

十分でないことがあるので、

時々混ぜて熱を均等に与える。

子どもへの手洗い指導、完全マニュアル

では、買い物〜調理までの注意点を

踏まえた上で最終段階の

「手洗い」について、大人はもちろん

お子さんにも分かり易く、

この後の食事開始前からしっかりと

実践できるように

ご説明していきます^ ^

①まずは手を濡らして、

洗浄料を付ける

 

②指・手の平・手の甲・

手首のしわを洗う

(爪の間や指の間もしっかりと。

目安は30秒ほど)

③洗浄料の流し残しがない様に

よく洗い流す(20秒が目安)

 

④タオルの共用はせず、

ペーパータオルなどの

常に清潔なもので手を拭く

 

⑤アルコールなど、

手洗い後に付ける消毒液を手に付ける

筆者も実際に弁当作りや調乳前など、

特に細菌の繁殖に気をつけなければ

いけない時など、

ペーパータオルを使っています^ ^

消耗品なので少々もったいなくも

感じますが、ドラッグストアなどで

安くなっている時に

まとめて買っておくと良いかと思います♪

衛生面を怠って、食中毒にかかり、

通院費や薬代が掛かるよりは

無駄にはならない買い物だと思います^^;

アルコールも一家に一つ置いておけば、

手軽にササっと消毒

出来るので、あると便利ですよ★

まとめ

食中毒にはあらかじめ注意をしながら

食品を扱っていれば

細菌の繁殖も抑えられますが、

ママさんがいくら気をつけていても

最後に食事を口に運ぶ

手が清潔でなければ、意味はないですよね。

良い面も悪い面も、

子どもは親の真似をしますから(笑)、

是非この機会に手洗い方法を

見直していただき、お子さんの模範と

なれる様、まずは大人がしっかりと

お手本を見せてあげて下さい♪

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする