うっかり日焼け…日焼け後のケアはどうすれば?メンズ編

スポンサードリンク

これからどんどん気温も上がり、

紫外線対策日焼け対策

大切な季節になってきましたね。

特に、少し近所のスーパーまで

買い物に行ったり、

少し庭いじりをしただけでも

うっかり日焼けをしてしまう

場合があります。

そもそも紫外線が多いのは

どの季節だと思いますか?

ずばり紫外線量が多いのは、

5月から9月にかけてなんです。

強いのは真夏だけではないので、

しっかり注意が必要です。

ただ、紫外線というと、

とにかく日焼けをするとか

シミやシワそばかすなど

肌の老化現象を引き起こすなど

悪いイメージが持たれがちですよね。

しかし、紫外線は人間の健康にとって、

非常に大切な役割も担っているんです。

紫外線を浴びることによって、

ストレスを発散出来たり、

体内のビタミンDの合成

促進する働きがあります。

なので、肌や健康に影響が出ない程度に

効果的な日焼け対策をすることが

大事なのです。

そして紫外線の量は、

1日のうちでも変化します。

最も多く紫外線が降り注ぐのが、

10時から14時の間。

この時間帯に1日のうちで

約60%もの紫外線が降り注ぎます。

この時間は

外出しないようにするなどの工夫で

紫外線を防ぐことができるでしょう。

そして、注意しなくてはいけないのが

曇りの日です。

なんと曇りの日でも

晴れの日の70%近くもの紫外線が

降り注いでいるのです。

ちなみに、雨の日だと

20%の紫外線は届いています。

日焼けのダメージはリセットされず、

どんどん蓄積されてしまうので

しっかりと日焼け対策をすることが

大切になりますが、

うっかり日焼けをしてしまうことも

ありますよね。

今回はそんな、

うっかり日焼けについて

まとめてみました。

是非、参考にしていただければと思います。

日焼けはやけどと同じ!真っ先に日焼け箇所をしっかり冷やしましょう

スポンサードリンク

日頃から入念な紫外線対策をしていても、

思いのほか紫外線が強烈で

強い日焼けをしてしまうことって

ありますよね。

日焼けもれっきとした外傷のひとつです。

日焼けとは、

太陽光線に含まれる紫外線を

皮膚に浴びすぎたときに起こる

皮膚の炎症になります。

日焼けの性質は2種類あって、

皮膚の色が黒くなるもの、

皮膚が赤くなって

炎症を起こすものがあります。

黒くなる日焼けは

シワやたるみの原因につながり、

赤くなって炎症を起こす日焼けは

場合により水ぶくれができたり

発熱倦怠感吐き気頭痛などを

起こす場合があります。

万が一日焼けをしてしまった場合は、

しっかりと

応急処置をするようにしましょう。

①肌を冷やす。

火傷と同じなのでまずは

日焼けした箇所を冷やしましょう。

冷たいおしぼりや氷水を

ビニール袋または冷却剤を

タオルに包んだもの、

水道水の霧吹きなどでしっかり冷やします。

冷やす時間の目安としては、

肌のほてりがおさまったと感じるまでです。

キンキンに冷えるまで

肌を冷やす必要はありません。

かえって冷やし過ぎると、

体温が下がりすぎてしまうこともあるので

冷やす時間には気をつけましょう。

②肌を保護する。

ほてりが気になる程度であれば、

酸化亜鉛を含む薬用化粧水をつけることで

炎症をやわらげることができます。

もし日焼けの面積が大きくて、

痛みが出る場合は

怪我の保護にも使える

ワセリンを使用するといいでしょう。

ただの日焼けで終えず、

やけどだと思って

しっかり処置をしましょう。

保湿ケアと水分補給を忘れずに!もし水ぶくれができたらすぐ皮膚科へ!

通常、皮膚科で日焼け治療を受けたいと

思う場合というのは、

主に重症のサンバーン

起こっている状態だと思います。

紅斑・痛み・ヒリヒリ感・水ぶくれ・

かゆみ・かわむけ・腫れといった

やけどに似た症状を引き起こします。

こういった場合は、

すぐに皮膚科に行きましょう。

皮膚科では主に、

ステロイドの塗り薬を中心に、

抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤、

消炎鎮痛剤などを処方し、

皮膚の炎症を抑える治療をします。

なので、日焼けがひどい場合には

早めに皮膚科へ行って、

治療をしましょう。

そして、

保湿ケアと水分補給を忘れずに行い、

お肌に潤いを与えましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

ひどくなってからでは、

肌の炎症は抑えられません。

日焼けしたあとのケアも

忘れずに行いましょう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする