熱中症の様々な症状、見落とされがちな下痢に気をつけて!

スポンサードリンク

夏休みに熱中症にならないか、

心配になりますよね。

今回紹介するのは、

「熱中症の原因」「下痢の対策」です。

少しでもわかりやすく説明するので、

最後まで御覧になってください。

熱中症の症状、どんなものがある?

スポンサードリンク

1、熱失神

めまいや冷や汗、一時的な失神がみられる

熱失神は、脳に血液が回りにくい状態です。

2、熱けいれん

手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合が

あります。

筋肉がSOSを出し、けいれん

硬くなる傾向があります。

3、熱射病

体温が高く、

不自然な言動

意識障害がみられる熱射病は、

命の危険がある重症の熱中症です。

汗が異常にでている場合も、

汗をかいていない場合もあります。

4、体温が高い、皮膚の異常

体温が高くて肌を触ると熱い、赤く乾いて

いるなどの症状も熱中症の可能性を

疑いましょう。

5、呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

声をかけても、反応がおかしい

まっすぐ歩けないなどの異常がある

ときは、重度の熱中症にかかっています。

救急車を呼びましょう。

6、下痢

夏は冷たいものをたくさん食べると

下痢をしやすくなります。

下痢をすると、脱水症がおこり、

危険性が高い

7、これは危険!

 

「頭がガンガンしている」と訴えたり、

吐き気(吐く)があったり、意識がない、

返事がおかしい、ちゃんと歩けていない、

体温が高い場合です。

かなり危ない傾向なので、

即救急車を呼びましょう

下痢をしてしまったら?間違いのない対処法

水分補給

下痢で失われた水分を補給します。

麦茶や湯冷ましなどなるべく常温の水分を

あげるようにしてください。

乳酸菌飲料は下痢がひどい時は

かえって下痢を促してしまうことも

あるので避けた方が無難です。

食事で良いもの

おかゆ

一見消化によさそうですが、

噛まずに食べると唾液が分泌されずに

逆に消化に悪くなってしまいます。

噛みにくくとも十分に噛んで

食べさせるようにしましょう。

豆腐

脂質は少なく、良質なたんぱく質が

含まれています。

うどん

うどんは、消化によくないと

誤解されることもありますが、

たんぱく質で脂肪も少ないため

消化が良い食べ物です。

心配であれば、よく煮込んで、しっかり

噛めばさらに消化がよくなります。

あたためる

おなかを湯たんぽなどで温めると

おなかの痛い場合和らぎ楽になります。

無理しないで休ませる

仰向け、横向けで寝かせると、楽になり、

2~3日で良くなるケースもあります。

もし2週間ぐらい続くようでしたら、

病院に行きましょう。

補液を使う。

補液とは水分を補給することです。

ただ、点滴による治療が多いです。

補液の方法として口からの水分補給で

良いか、あるいは点滴が必要かは

医師の判断によります。

家庭での口からの水分補給はかなり

有効で、吐いても少しずつ根気よく

与える必要があります。

あまりもおう吐が強いときには吐き気を

誘発しないことが大切なので、

何もしない時間がだいたい

3~4時間ぐらいは必要になります。

これは絶対にNG!

正露丸を飲ませる

正露丸は危険です。

食中毒(細菌)、嘔吐下痢症(ウイルス)

での下痢は、原因となる細菌やウイルスを

排泄するから、

下痢を止めてはいけないのです。

注意する便の色!

正常な便の色は、黄色・茶色・緑ですが、

注意したいのは

白い色の便少しすっぱいにおい

します。

鼻を突くようなにおいのある便は、

感染性胃腸炎による

便である可能性が高いです。

救急車を呼びましょう。

まとめ

やはり、どうしても外せないのが、

水分補給、塩分、涼しいところで

休むことです。

子供は休むことを知らないです。

遊ぶので、ゆっくり休んで、

熱中症対策を親が教えなければ

なりません。

これからも、元気で明るい子で

いられるように、私は願っています。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする