冷房病かも・・そんなあなたにオススメ冷房対策グッズ5選!

スポンサードリンク

社内って・・・

女性には寒く感じますよね・・・。

どうしてこんなに冷房強くするの!

って思っちゃいます笑

特に女性は冷え性の方が多いので、

どうにか対策したいですよね?

ということで対策グッズ5選、を

オススメしていこうと思います!

経験者は語る!冷房病は対策次第で予防できる!?

スポンサードリンク

まず、

冷房病とは頭痛、腹痛、など

様々なことが起きる病気です。

基本的なところ、からですが、

やっぱり体調管理は大事だと思います。

夏だからだからと、

冷たいものを食べたら

悪化してしまいますよね?

体を温める食べ物、温性食物を食べると

いいと思います。

例えば

ショウガ、ニンニク、タマネギ、ネギ、

かぼちゃ等、様々あります。

少しでも食べると対策にもなるので

うってつけだと思いますよ!

そして

お風呂はシャワーですますのではなく、

きちんと入浴しましょう。

血行がよくなり、冷えを解消してくれます。

温度はぬるま湯くらいで、

ゆっくりと入ると効果的でしょう。

そしてさらに血行を良くするには、

運動です。

激しい運動でなくても、

ウォーキングするだけでも大違いです。

これらの対策次第で

冷房病が良くなるでしょう。

おススメの対策グッズ5選!!!

 1:カーディガンやパーカ

社内でも使えるものですし、

カバンにも入れれるものがあり便利です。

最近は、安く、そしてシンプルなものを

売っているお店もあるので、

社内や通勤でも使えて

とても便利だと思います。

 2:靴下

みなさまがよく使う対策なのですが、

最近は便利な世の中ですね〜〜!笑

冷えとり専用の靴下があったり、

インナーストッキングがあるそうです。

足元は一番冷えてしまうので、

冷えとり専用やインナーストッキングは、

かかせないものでしょう。

 3:アームカバー冷えを守ろう!

アームカバーは

日焼け対策として有名ですが、

寒い社内でも有効に使えるんです!

夏用の薄いアームカバーもあるので

気軽に身につけられます。

急を要する方にオススメのアイテムですね!

 4:腹巻

腹巻はちょっと・・・

って思う方もいるかもしれません!

ですが最近の冷房病対策では腹巻は、

「こんなことも!」ってなるはず。

アウターに響きにくいものや、

ポケットが付いており、

そこにホッカイロを入れることもできます。

そして

かわいいデザインの腹巻も増えましたよね!

かわいくないからつけたくない、よりも

つけて辛さを覗きましょう!

大丈夫です、かわいいのもありますからね笑

 5:ゴルフボール

私も、

「え?ゴルフボール??なんで??」

となりました。

ですが、使い方は簡単!

足元にボールを置き、

裸足になり足の裏で転がすだけ!!

そうすると、血行がよくなり、温まります。

ゴルフボールなら小さいので

会社にも持っていけますよね。

プチ便利なゴルフボール。

ここまではグッズの紹介をしてきました。

次はグッズは買うのはな〜という方に!

そして、グッズなしでできる対策はコレ!

1:体の内側から!

先ほども言いましたが、

やっぱり食事に気をつけることは大事です。

冷たいものではなく

温かいものを食べる、飲む、が

重要なことだと思います。

食べ物は面倒だなぁ、と思う方は

ホットジンジャーの飲み物などを

オススメします!

わたしも最近、

温かい飲み物にはまり飲んでいるのですが、

冷え性対策だけでなく、

内臓にも優しいので、健康になりますよ!

2:シャワーでなく、入浴を!

夏場はシャワーだけになりがち・・・ですが、

入浴”することを忘れないでください!

入浴により、

体を芯から温めることができます。

温度は熱すぎない

40度くらいまでにしましょう。

そして20〜30分浸かるのが理想です。

最近は

防水携帯や防水のものがたくさんあるので

あっという間に時間がたち、

リラックスできるでしょう。

そして冷房病対策にもなります。

3:運動で代謝をあげよう!

運動・・・いやだなあって

思う方はたくさんいるはずですが、

簡単なことをするだけでいいんです!

運動やエクササイズ、という感じではなく、

エレベーターやエスカレータを使わないで

階段を利用したり、

一駅分歩いてみたりなどでどれも簡単です!

私も運動が苦手なので、

これならできそう!と思います。

4:ツボ押し!

冷え性に対策するツボがあるそうです!

手と足にあるそうなので軽く説明しますね。

指と指の間を押しながら

マッサージするのがいいそうです。

手の指、足の指の間からぐいっと押しながら、

簡単なので自分でもできますね!

最後に、「冷房病」について〜

やはり、最終的に大事なことは

血行を良くする

ことなのかなと思いました。

社内では

自分でクーラーの温度を上げることは

ほぼ不可能ですし、

自分で対策を練っていけばいけません。

その場しのぎのものもありますし、

継続することによって治ることもあり、

私もこれならできそう!

というものばかりなので

冷房病で悩んでいる方は

ぜひ実践してみてください!

冷房病、発熱から気づく?もしかしてあなたの症状も?

冷房病

女性なら気になってしまいますよね?

私も冷え性なので、すごく気になります。

社内もそうですし、スーパーなど、

エアコンが効きすぎて

外気温との差がすごくて、

どうしても体調を崩してしまいすよね。

発熱、吐き気、腰痛、下痢には

特に注意しなければなりません。

では、これから説明したいと思います。

気付きにくいその不調は冷房病の症状かも!

スポンサードリンク

先ほども書きましたが・・・。

発熱、吐き気、腰痛、下痢、

といったわかりやすいものなんですが、

まさか冷房病まで、とは思いませんよね。

せっかくクーラーが効いてるのに

具合が悪い・・・・。

なんてことよくありますが、

それも冷房病です。

正式な病名ではないので、

日本でしか通じないのですが、

「自立神経が弱い老人や、

乳幼児、社内での女性労働者」に

多いです。

寒さや冷えに鈍感な男性も知らずのうちに

かかっているので注意しなければなりません。

やはり原因は、

「自律神経の乱れ」によっておこる病なので、

普段からの生活に気をつけることが大事です。

人の体は、

夏には熱を逃がしやすくする体になります。

そして冬は、

熱を逃がしにくくする体になります。

そこで人の体は、

クーラーをつけると、

「冬だ!」と勘違いし、

自律神経が混乱を起こし、不調がおこります。

風邪じゃないのに、

夏で、いきなり高熱、が出た時は、

クーラーをつけすぎていないか、

確認しましょう!

つけすぎの方は、

冷房病の可能性が高いです。

逆にクーラーのない、

田舎なところでは冷房病にはなりません。

自然の威力はすごいですね。

冷房が原因で発熱した時の発熱した時の対処法

発熱してしまって、すぐ直したい!

という方は頭痛薬や、解熱剤を

飲むといいでしょう。

ですが、胃にはよくないので、

やっぱり、日々の体調管理が大事です。

規則正しい生活をしたり、

食事も、栄養のあるものをとるように

心がけること。

そして自律神経の乱れなので、

精神的なものからだと、

心療内科に行くのもアリだと思います。

本当だったら、全部の冷房をきって、

自然にありふれてるところで

生活するのが望ましいのですが、

正直、無理ですよね。笑

ということこで、

冷え性対策グッズを

常に持ち歩くのが良いと思います。

たとえば膝掛けだとか、アームウォーマー、

そして暖かいソックス。

これなら簡単に対策できますよね?

今は

どこでもクーラーが効いてる時代なので、

ついついクーラーに頼りがちで

涼しいところに行こう、

と思ってしまうかもしれませんが、

やっぱり体にはよくないです。

普段からの体づくりがちゃんとしていないと、

不調を起こしてしまいします。

冷房病、まとめ

便利なものがあると、

やっぱり頼りたくなりますが、

やっぱりある程度の

自然の力が必要になります。

体調管理は正直面倒くさいし、

グッズだって面倒くさいな・・・

と思う方もいるかもしれません。

ですが、急に冷房病になると、

自分も困るし、周りも困ってしまいます。

心配もします。

そうならないためにも、

これからの季節を考えて、

冷房病対策を

きっちりしていきましょう!!

改めて、冷房病対策を書きますね。

・ソックスやカーディガンで調節する。

・普段からストレッチや軽い運動をする。

・外気温との差を5度以内にするように

心がける。

 

・生活リズムを整える。

・暑くても

シャワーだけですまさず、入浴する。

 

・体を温める作用のある

食べ物をとるようにする。

・寝る時に体を冷やさないように

靴下やレッグウォーマーなどを履く。

 

どれも簡単にできることなので、

心がけましょう!

最近は冷房病対策グッズの靴下や、

アームウォーマーやレッグウォーマーも、

かわいいデザインのものも多いです。

そう思うと、対策しがいがありますよね!

そして、最後になりますが、

なってからでは遅いので、

体調管理はしっかりしましょう!!

熱が出るのは嫌ですからね・・・。

それではこれからの季節、

気持ちよく過ごしましょう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする